2012年02月18日

大阪市の改革と保育園、身障者施設

児童福祉施設最低基準というのがある。保育士の定数を定めている。5対1とか、6対1とか。要は認可の基準であり、助成金の計算に関わる。次男の通う保育園から署名を求められた。大阪市が5対1から6対1にしようとしているらしい。どういう算定になるか詳細は分からない。情報を隠すのが好きだよな

例えば園児12人で、現行なら3人の保育士の助成金がある。6対1だと2人分の助成額になる。1人解雇しなければいけなくなります。という風に説明してもらえないか。保育園も、ただ保育のレベルが下がるとしか訴えない。新しく保育園を認可する点では条件が楽になるはずだ。

橋下市長は現役世代に重点的に投資すると言ってるが、この件はどう考えてるか。保育園のレベルを下げてでも待機児童を減らせられればよいのか?助成は従来レベルでしては、どうなのか?保育園は人手が足りないのを言い訳にする。結局は働く世代のサポートにならないと思うのだ。

言うは易く行うは難し。現役世代に重点的に投資、というのは簡単。いかに効果的に行うかをチェックさせないと意味はない。保育園が増えてもレベルが最低であれば、働くものの足かせになる。次の世代を育む障害になる。

友人の教え子が稲スポーツセンター存続のための活動をしていると聞いた。とても難しい運動になると思う。大阪府は財政再建のため支出を削減する。基礎自治体が担うものべきものは、府レベルでは不要な施設を廃止していくわけだ。廃止はやめる報道がされた。が、縮小は実施されそうだ。

大阪市についても区割りがなされれば、区レベルでの再編が待っている。大阪市立の施設は解体され大阪府に持っていくか、廃止されるだろう。病院も、大学も、保育園などの福祉施設も、そして身障者施設も。役所のやり方は非情なものだ。

大阪は改革されていく。ただ反対だけする人はいずれ沈黙していく。今後、改革に直接関わりあいや利害関係のある人間は直接役所と戦っていく。改革が悪いわけではないし、黙っていながら、今のままがいいと駄々をこねても仕方が無い。止めてくれと言うのは言う。それだけのこと。
posted by いしのひげ at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

再審査の申請も間近

まずい。長男のことにかまけて失念していた。14日に次男の身障手帳の再審査だったが、福祉課と話したときにそれは保留にしてもらっていることになってるが、確認するつもりだったのに。やばい。妻に連絡確認してもらおう。

まだよく見ていないが、役所から届いたのは、認定基準が再度送られてきたのと、情報公開請求の資料だった。認定基準の説明はいただいていないようだ。審査会の議事録や判定内容についての情報公開請求は勝手にやってくれということなんだろう。

再審査は保留になってた。よかった。うっかりしてたらあかんなあ。こうやって、バタバタしてるせいもあるのかなあ。息子のこと見て無かったかなあ
posted by いしのひげ at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月16日

わが子の保育園と園長面談と

私が見ると、愛する息子はうつ病の一歩手前にいる。保育園の話をしていると表情が暗くなる。行きたいのに、体が動かない。核心に近い話をしていたら脈拍が高くなる。保育園に行った際には震えて涙をこぼす。帰りたいと言わないで涙だけが流れる。

自分のことなら、我慢できるんだけどなあ。どれだけ理不尽なことでも、大嫌いなやつと笑いながら仕事することでもできる。馬鹿にされたら喧嘩はするが、客相手でも喧嘩はする。でも、その後謝罪して仕事を続ける。...子供のことは許せないんだ。

自分が小学校一年から4年間教室に入ろうとしない子だったことを覚えている。原因は覚えていない。幼かったので言葉にできないでいたのだろう。5年になって信頼できる教師に出会って少しづつ変わった。息子にまで、そんなことはさせたくない。私は教師に反抗していたが、息子はそれさえできないでいる

長男について、保育園の園長を交えて話をできるよう申し入れた。保育士が3人しかいないからと言い訳するから、園としてはどう考えているか聞くためだ。長い間気づいてあげられず我慢させてしまった。親も保育士も気づくべきだった。

演奏がうまくできないだけなら、不安には思わないと思う。何かが不安で、何か分からないけど、涙が出る。何かが不安で、よくわからない涙が出ることに戸惑ってる。どうしたらいいかわからない。そんな時に馬鹿がガンバレと言ったら、何をどうがんばっていいのかわからない。何かを見つけ出さないと

こんな状態はかなり心が傷ついている。父が原因かもしれない。母かもしれない。しかし、保育園の可能性が一番高いと思う。そこでしか、不安な涙を流さない。保育園に出かけるときに不安になる。帰る時間に不安になる。

今日保育園に園長との面談のアポを取ったが、明日いつになるか返事をするそうだ。いい気なものだ。園長と主任が会議中だそうで、どう対応するか、口裏でも合わせているのかもしれない。

長男は次男のリハビリにお付き添い。当分はこんな感じになりそう。痛いものは痛い。嫌なものは嫌。はっきり言える元気がでるまで。

息子は、父と先生は怖いといった。ママは怖くない。それだからか、ママの側がいいとはっきり言う。保育園は泣いちゃいそうで不安らしい。

保育園で園長と面談した。一応キャリアの長い狸なので、こちらに不安を与えないよう配慮して受け答えしてくれた。保育園の方針を確認し、無理の無い範囲で演奏練習するようにしていくということだった。わが子の現状と家庭状況を説明した。次男は2,3ヶ月の乳児と変わらないこと。
そのため、夜中でもミルクをあげたり、泣いたりするので、上の子たちも寝不足になりがちだということ。そんな中でも長男は7時に目覚ましをセットして起きるようにしている。妹がゆっくりしているため、保育園に遅刻したりしているが、7時に起きている。そういうことを厭わない子だということを伝えた。

保育園で泣いてしまう状況をもっと教えていただけるようにお願いし、演奏の練習を家でできるように譜面をいただいてきた。演奏だけの問題であれば、おうちで練習して自信を持てば保育園に行くことができるかもしれない。

今の長男は、こけて立ち上がろうとしているところ。泣いて立つのを嫌がっているなら、違うやり方もある。今は立つことに不安を感じているように見える。立った後にまたこけることを恐れているように見える。ゆっくり地道に努力する子なので、立ち上がるのにも時間がかかるかもしれない。

元々、飲み込みの悪い子なのは確か。サッカー教室に付き添いに行って、それははっきりわかる。コーチの言葉に、他の子はすぐに反応して練習できるが、長男は他の子たちがしていることを見て初めてやり始める。さらに、寝不足気味で、ボーっとしているというのもある。親としてはゆっくり眠れるよう子供部屋を用意して、別の部屋でゆっくり眠れるようにしてあげたのだが、それが却って淋しいということもあるかもしれない。だから、今はまた一緒に寝ている。子供部屋であれば、次男のそばではない(彼は動けないので危ないし、怒りたくても怒れない)ので、好きなように遊んでも叱ることもない。ただ、それが却って隔離されて淋しくなったのかもしれない。本当に難しい。
posted by いしのひげ at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

保育園と心理的虐待と大阪市政と

http://www.e-hoiku.jp/shakai/index.html
一方保育園での虐待という問題もあります。一般的に考えられる問題は、保育者の技術のなさや知識のなさ、保育者の不適正。そして、そういう保育者にさえ資格を与えてしまう制度のあり方です。そしてまた、隠れた原因として労働条件の悪さが考えられます。

心理的虐待
児童に著しい心理的外傷を与える言動を行うこと。心理的外傷は、児童の健全な発育を阻害し、場合によっては心的外傷後ストレス障害
(PTSD)やアダルトチルドレン など、重大な精神疾患
の症状を生ぜしめるため禁じられている。例えば、言葉による暴力、一方的な恫喝、無視や拒否、否定、自尊心を踏みにじるなど。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%90%E7%AB%A5%E8%99%90%E5%BE%85

大阪市は保育園を民間委託に切り替えている。しかし、だからと言って大阪市に責任が無くなる訳ではない。待機児童の人数ばかり気にして、保育状況を査察していないんじゃないか?大阪市長はどうやら国政に目が向いていて、市政はおざなりなんじゃないかと思う。中途半端に市政をするくらいなら早く辞めて国政選挙一本にしぼったらどうだ?

我が家の子育てに問題あるんじゃないかと冷笑する人間がいることは承知の上。できる限りのことはしている。妻と長男のことを話し、次男が泣き、長女のおしっこに付き添い、眠る時間がなかったりもする。それでも、子供たちにはしんどい思いをさせて済まないと思う。

長男には4月からずっと我慢させて気づいてやれなかった。本当に済まない。どういうことが起こっていたのか、長男にいやだったことを書いてもらっている。忘れたいと思っていることを書いてもらっている。

民間委託したから、待機児童が減ったから、保育園問題はお終いではない。

馬鹿な保育士も、労働条件が悪い中がんばっていたのは確か。彼らがしたことはまだはっきりはしないが、心理的虐待だったと私は見ている。体罰しなければいい位に思って高圧的に接していたのは確かなようだ。

少なくとも保育園に子供を預けている保護者は暇がない。暇があるならわが子を育てられるのだ。だから、保育園に要求したり、改善を求める余裕が少ない。大阪市はわかっているか?野放しにしていると理解しているか?他の親からもいろんなことを聞いた。彼らを責められない。みな忙しい中がんばっている。

私たちも本当は子供を家で育てたい。無理ではない。しかしかなり無茶で、妻一人に大きな負担を強いることになる。彼女が笑えなくなれば、子供たちも笑えなくなる。だから、ヘルパーも訪問介護もできるだけのサポートを求めて贅沢にやらせてもらっている。しかし、それでもギリギリなのだ。

保育士が笑っていないと息子に聞いた。労働条件が悪いんだろう。でも、保育士仲間で談笑しているという。ひどいものだ。子供に笑えない保育士。子供をほめない保育士。その上、子供を恫喝しているらしい。それを、大したことではないという人はかなりの馬鹿だ。大人でも恫喝されて欝病になる人間もいる。

なんで、こんなにたまらないことばかり起きるのだろう。大事な人たちが死ぬのもまとまって起こるが。しかも、赤の他人にわが子が傷つけられてばかりだ。
posted by いしのひげ at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何かがおかしい

保育園にいくかと聞くと、明日にならないと分からないと答える。
一人ぼっちで遊んでいることが多いと保育士が言う。
楽器を持つと震えて泣き出すと保育士が言う。月曜が多いとも言う。インフルエンザになってから2度しか行ってない。それで多いのか。以前からでは無いのか。
男の子と遊ぶと喧嘩するから、怒られるから遊ばないと息子が言う。喧嘩したら叱るのは当たり前だが、それで遊ばないというのは、なんだ?
私がいろいろ言うので、息子は我慢しなければと思うのだろうか。
妻が自分のせいではないかと言う。
楽しいはずの演奏の練習で、保育士の顔が険しいのはなぜだ。
4年も通った保育園が苦痛になったのはなぜだ。
3人の担当保育士のみなが嫌いだとようやく息子が言う。
保育園から息子を連れて帰ったが、その場に保育士が居合わせたのに、後になってああいう事はよくないと言う。その時、貴方は子供がどんな表情だったか見たのか。嫌だと言わなかったのを聞いていないのか。
嫌だ、家がいい、帰りたいと言わずに、ただ泣いていた。苦しそうに泣いていた。
posted by いしのひげ at 03:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何かがおかしい

保育園にいくかと聞くと、明日にならないと分からないと答える。
一人ぼっちで遊んでいることが多いと保育士が言う。
楽器を持つと震えて泣き出すと保育士が言う。月曜が多いとも言う。インフルエンザになってから2度しか行ってない。それで多いのか。以前からでは無いのか。
男の子と遊ぶと喧嘩するから、怒られるから遊ばないと息子が言う。喧嘩したら叱るのは当たり前だが、それで遊ばないというのは、なんだ?
私がいろいろ言うので、息子は我慢しなければと思うのだろうか。
妻が自分のせいではないかと言う。
楽しいはずの演奏の練習で、保育士の顔が険しいのはなぜだ。
4年も通った保育園が苦痛になったのはなぜだ。
3人の担当保育士のみなが嫌いだとようやく息子が言う。
保育園から息子を連れて帰ったが、その場に保育士が居合わせたのに、後になってああいう事はよくないと言う。その時、貴方は子供がどんな表情だったか見たのか。嫌だと言わなかったのを聞いていないのか。
嫌だ、家がいい、帰りたいと言わずに、ただ泣いていた。苦しそうに泣いていた。
posted by いしのひげ at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月10日

大阪市の回答-健康福祉局からの回答

区長からの回答とは別に届いた。よくわからない組織だ。

「 まず、認定基準の件についてですが、本市における障害認定は、国のガイドラインに基づき行っています。この中で、「乳幼児に係る障害認定は、障害の種類に応じて、障害の程度を判定することが可能となる年齢(概ね満3歳)以降に行うこと。また、個別事項の解説(基準の具体的な解説)は主として18歳以上の者について作成されたものであるから、児童の障害程度の判定については、その年齢を考慮して妥当と思われる等級を認定すること。この場合、治療や訓練を行うことによって将来障害が軽減すると予想されるときは、残存すると予想される障害の限度でその障害を認定して身体障害者手帳を交付し、必要とあれば適当な時期に診査等によって再認定を行うこと。」とされています。したがって、本市における3歳未満の方の障害認定についても前述のガイドラインに基づき実施しているところです。

 しかし、これらのガイドラインは、現在、大阪市ホームページに掲載されていません。市民の皆さまへの充分な情報提供が実施されていない点につきまして、心からお詫び申し上げます。また、大阪市ホームページ掲載実施の準備をしていきたいと考えます。

 次に、審査理由の件ですが、手帳が交付されない場合(交付申請却下)などについては、区役所への審査決定通知に理由を記しているところですが、等級変動のあった場合についても、理由を記した審査決定通知を行うようにしてまいりたいと考えます。

 なお、不服申立て審査の件ですが、障害認定の決定に関するものは、大阪市が決定することとなっており、その決定に不服がある場合は行政不服審査法による「異議申し立て」を大阪市に行っていただくことになります。よって、再度、本市の社会福祉審議会障害者福祉専門分科会にて審査させていただくことになります。

 最後に、認定基準の文書送付については、1月26日の夜に投函いたしました。再度、同じものをご自宅あてにご送付させていただきますのでよろしくお願いいたします。」

『本市における障害認定は、国のガイドラインに基づき行っています。』ということなんですね。

そして、『したがって、本市における3歳未満の方の障害認定についても前述のガイドラインに基づき実施しているところです。』ということ。この長々とした文章(ガイドライン)をどう読むのかが、一般市民にはわかりにくい。一番大事なところが結局わからないんです。
posted by いしのひげ at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月09日

保育園もあとわずかなのに

次男のことだけでなく、また問題が。長男が保育園がつらいと涙をこぼしている。話を聞き、保育園にも様子を聞くと、どうやら毎日1時間の音楽の授業(演奏)があるらしい。うまくできない子は居残り練習させるのだとか。それもあわせると2時間だという。

保育園には過去にも申し入れをしたことがある。どうも教育熱心な所で、保育園の限界をすぐに超えたことをしたがるようだ。幼児であること、保育を目的に親が預けていること、この制限の範囲内でやってくれたらいい。小学生でも毎日2時間の演奏練習をさせるのは如何と思う。音楽学校ならいざ知らず。

朝から保育園と長男から事情を聞き取り。これから次男の件で福祉課に行く。今日は、そんなわけで仕事を休んだ。まだ、他にも確定申告のための経理データ作成も待ってる。お父ちゃんはいっぱいいっぱいになりそうだ。

長男の保育園にも申し入れしないと、明日からも長男は不登園になりそうだ。無理やり行かせるにしても事情というものがある。いつまでこんな授業を続けるのか聴いた上でないと、彼に行かせる事はできない。元気でおっちょこちょいなJ吉だが、いいかげんな子供ではない。不器用なだけにしんどいだろう
posted by いしのひげ at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月08日

大阪市からの回答 -市民の声に対する回答

下記が回答。役所らしい言い回しだ。大量に説明を省略した文面。
こういう事情があるから事情を汲取れと言いたいのだろう。

「早速ですが、平成24年1月28日付けで市民の声として挙げていただいたご質問のうち、
東住吉区保健福祉センターは窓口応対時における認定基準のご説明及び、今回お送りしました
文書についてご回答させていただきます。

 まず窓口対応時における認定基準のご説明についてですが、障害認定については、診断書の
記載内容に疑義等がある場合、大阪市社会福祉審議会身体障害者福祉専門分科会審査部会
(以下「審査部会」)へ諮問することとなっており、審査部会の判断によるものであるため
等級に関わる認定基準の説明に関しては慎重に取り扱う必要があると考えています。

 そのため、窓口では等級に関わる具体的な言及は避け、身体障害者障害程度等級表等を用いて
できる範囲での説明にとどめております。

 ただし、医師診断書の内容と認定等級に差異があった点について、基準のご提示をもって
ご説明できなかったことにつきましては、今後は関係先と連携し、認定の基準となるガイド
ラインを窓口に設置するなど、的確な情報提供が行えるよう努めてまいります。また、決定
内容に不服がある場合の「異議申し立て」の手続き方法についても、わかりやすい説明を
心がけてまいります。

 次に、審査結果の通知のご指摘についてですが、身体障害者手帳交付申請においては手帳
交付をもって決定通知に代えさせていただいております。今回お送りさせていただいた文書
(お知らせ)については、診断書等級と身体障害者手帳の認定等級に差異があった為、事前
にお知らせさせていただいたものです。ご指摘いただいた作成日時、作成部署の記載が
なかった点、審査結果の通知であると誤解を招くような内容であった点について、心より
お詫び申し上げます。」


『審査部会の判断によるものであるため』とあるが、どういう意味なのかわからない。

だから『そのため、窓口では等級に関わる具体的な言及は避け、』と言われても、承服できない。
保護者が当人に成り代わり、審査理由を問い質すことはできないということになるのか?

『できる範囲での説明にとどめております』というのは、どういうことか?
何を基準にできる範囲といっているのか、全く不明だ。

審査基準があると書いていないが、どうなってるのか?
基準が公開されないで、どうやって不服申し立てするんだろう。

審議会の会議の公開基準は下記の通りなんだろう。しかし、直接当人が当人の審査内容を確認したいというものを妨げるものなのだと書いてはいない。

大阪市社会福祉審議会
http://www.city.osaka.lg.jp/kenkofukushi/page/0000007122.html
 社会福祉法第7条に規定する事項を調査審議するほか、
  同法第12条の規定に基づき、児童福祉に関する事項を調査審議する
 委員:50名以内(現在30名) 任期:3年
 部分非公開(審議会等の設置及び運営に関する指針第7−1(1)ア)
  http://www.city.osaka.lg.jp/somu/page/0000004444.html
   第7 会議の公開
    1 会議の公開基準
     審議会等の会議は、次のいずれかに該当する場合を除き、公開するものとする。
     1) 会議において次のいずれかに該当する情報を取り扱う場合
       ア 個人に関する情報

社会福祉法第7条
http://www.houko.com/00/01/S26/045.HTM#s2
(地方社会福祉審議会)
 第7条 社会福祉に関する事項(児童福祉及び精神障害者福祉に関する事項を除く。)を調査審議するため、都道府県並びに地方自治法(昭和22年法律第67号)第252条の19第1項の指定都市(以下「指定都市」という。)及び同法第252条の22第1項の中核市(以下「中核市」という。)に社会福祉に関する審議会その他の合議制の機関(以下「地方社会福祉審議会」という。)を置くものとする。

 2 地方社会福址審該会は、都道府県知事又は指定都市若しくは中核市の長の監督に属し、その諮問に答え、又は関係行政庁に意見を具申するものとする。

社会福祉法第12条
(地方社会福祉審議会に関する特例)
第12条 第7条第1項の規定にかかわらず、都道府県又は指定都市若しくは中核市は、条例で定めるところにより、地方社会福祉審議会に児童福祉に関する事項を調査審議させることができる。

  2 前項の規定により地方社会福祉審議会に児童福祉に関する事項を調査審議させる場合においては、第8条第1項中「35人以内」とあるのは「50人以内」と、前条第1項中「置く」とあるのは「、児童福祉に関する事項を調査審議するため、児童福祉専門分科会を置く」と読み替えるものとする。

一般市民にこれを読んで理解しろと言うのか?
posted by いしのひげ at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月06日

大阪市からの回答

大阪市からの回答が来た。

それも大阪市議に動いていただいてのこと。

「前略 平素は何かと大阪市政・東住吉区政の発展にご協力いただき、誠にありがとうございます。



1月28日いただきました市民の声につきましては、現在当区役所保健福祉課におきまして、

回答文書を健康福祉局と協議しながら作成しております。



大阪市で行っている「市民の声」の取り扱いは、市民の方よりお受けした日の翌日より起算して

14日以内に回答することとなっております。





今後とも大阪市政・東住吉区政に対しまして、一層のご理解とご協力を賜りますよう、

よろしくお願い申し上げます。

草々 」

大阪市の回答では、2週間の回答期限があるのだそうだ。それまで、何の返事も出さないのが当たり前なんだそうだ。すぐに回答できるなら、回答すればいいし、時間がかかるならその旨知らせるのが当たり前だと思っていたよ。

思い出すのは、区役所のやり方。福祉課のペーペーの担当者が区民から苦情を申し立てられても、他の役人は心配して後ろに来て見守ってるだけ。普通なら別室に通して上司ともども説明するのが、私には普通なのだが。窓口業務も滞るし。サポートという言葉をしらないんだろうな。

こちらに若い女性の担当を可哀相に思わせて、黙らせるのが目的なのかもしれない。そうだとしたら姑息だな。担当に普通に説明できるようにしてあげればいいだけなのに。企業のクレーム対応現場に研修しに行かせたらどうなの?と思う。ソフト屋は毎日区クレーム対応してるんで、よくわかってるつもり。

"大阪市で行っている「市民の声」の取り扱いは、市民の方よりお受けした日の翌日より起算して14日以内に回答することとなっております。"という文言。すまないが、クレームが来たら、その日のうちになんらかの回答するのが私には普通。その際にはいつまでに回答すると書くのも普通。

本当にたくさんの人が我慢してきたのだと思う。

事を荒立てて、他の人に迷惑をかけてはいけないと思い憚ってのことかもしれない。

あまりにもレベルの低い対応に閉口するのかもしれない。
posted by いしのひげ at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。