2010年06月01日

帰ってきた侍戦隊シンケンジャー 特別幕

帰ってきた侍戦隊シンケンジャー 特別幕
こちらは6月21日、DVD発売。

ゴセイジャーに慣れて、もう興味なくなってるかなあ。
posted by いしのひげ at 12:48| Comment(1) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仮面ライダー W FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ


8月7日だそうだ。

近所の映画館で上映してくれるだろうか?
posted by いしのひげ at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

シンケンジャーふたたび



「シンケンジャー」が再び見参!Vシネマ『帰ってきた侍戦隊シンケンジャー』が6月にリリース

 昨日2月7日に最終幕の放送を終えたスーパー戦隊シリーズの『侍戦隊シンケンジャー』が再び見参! 熱いファンの声に応え、テレビ放送終了後では初となる単独「Vシネマ」作品として帰ってきます。

 本作『帰ってきた侍戦隊シンケンジャー 特別幕』では、松坂桃李(シンケンレッド)、相葉弘樹(シンケンブルー)、高梨臨(シンケンピンク)、鈴木勝吾(シンケングリーン)、森田涼花(シンケンイエロー)、相馬圭祐(シンケンゴールド)、伊吹吾郎(日下部彦馬)というお馴染みのキャストが再集結! シンケンジャー史上最大級のピンチに直面する、テレビや映画では絶対観られないオリジナル・ストーリーが展開されます。脚本は小林靖子、監督は柴崎貴行が担当。

  DVDは通常版(DSTD-03241 税込4,725円)と限定版(DSTD-03265  税込6,300円)の2タイプ。いずれにも映像特典としてメイキング、予告編などを収録。また限定版には「侍戦隊シンケンジャー超全集」(小学館監修・約90ページ)が封入特典として付属されます。

 発売は東映ビデオより6月21日。天下御免の痛快チャンバラ・アクションを再び楽しみましょう!

http://www.cdjournal.com/main/news/matsuzaka-tori/29060


だそうです。

また、子供たちに見せてあげられます。
posted by いしのひげ at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月05日

シンケンジャー 殿は影武者

三日の放送。これからラストまでどんでん返しがあることは出演者のブログで知っていた。また、はじめの頃に放映された殿が傷つく悪口というのが「うそつき」だったのも気に留めていた。が。

シンケンレッド(殿様)は影武者だった。

うちのちび達がまだストーリーがわからなくてよかった。

小学生のシンケンジャーファンがいる家庭では、説明を求められて困る親がいただろうな。殿様シンケンレッドに四人の家臣。この構成が長かっただけに、その殿様は影武者となると構成に馴染んでいる子供は混乱したんじゃないか?
なんで?レッドは偽物だったの?

殿様の古い友達が寿司屋だったのは、偽物だったからなんだよね。などと誤魔化しきれない言葉で濁す親が続出しているかも。実は丈瑠は魚屋なんだよ。一心タスケの話に逃げるか?

ただ、30日から映画公開もあり、そちらではレッドは丈瑠のままのようだから24日あたりには、今までのレッドのままで納得できる進行になるはず。
でないと劇場版に足を運ぶ客が減るからね。

さて、どんな収束を見せるか。姫レッドが敵に倒されてしまうのか?なんらかの形で元のレッドに戻ると私は見ているが。

ああ、ほんとにJ吉が幼くて助かったよ。

ネットでは随分前から、影武者説が流布されていたのだが、関係者のリークだったのか真実だったようだ。レッド役の松坂桃李も12月くらいまでは、この展開を知らされてはいなかったようだ。
役者も大変だねえ。
かなりのストレスだろう。

しかし、子供向けドラマで凝りすぎだよな。
posted by いしのひげ at 00:52| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

ワイルドなシンケンゴールド


http://ameblo.jp/aibabahiro/image-10400866090-10325418758.html

さすがに、一貫献上やな。ワイルドや。
彼は、シンケンジャー仲間から相馬の兄貴と呼ばれているらしい。

シンケンブルーはJUNNON BOYらしい。
http://ameblo.jp/aibabahiro/entry-10401282455.html

J吉、シンケンジャーの朝は早く起きてみている。
後2ヶ月くらいで終わりだ。

おっと、その前に12月12日から映画があった。連れて行きたいな。喜ぶもんなあ。
posted by いしのひげ at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

シンケンジャーのお仕事


アイドリング11号、すうちゃん、花織ことは、シンケンイエロー、しかしてその実体は森田涼花。

アイドルが本業なんだねえ。
森田涼花写真集「はんなり涼花」
http://books.livedoor.com/item/3545360?iid=topreserve


森田涼花 2010年 カレンダー
http://www.jbook.co.jp/p/p.aspx/3833088/s/


これだけ見たら、グラドルやね。

シンケンジャーのみなさんのブログを拝見していると結構面白い。
レッド:松坂桃李 http://ameblo.jp/torimatsuzaka/
ブルー:相葉弘樹 http://aibahiroki.net/blog/
イエロー:森田涼花 http://ameblo.jp/morita-suzuka/
ピンク;高梨臨 http://ameblo.jp/rin-takanashi/

明日も朝から見るんだろうなあ、シンケンジャー。
posted by いしのひげ at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

ジゼル・ブンチェン、道端ジェシカ、青山倫子

グラフィック0414017.jpg
何の脈絡もなく並べた人名だ。

ジゼル・ブンチェンはデカプリオの恋人として知られる世界でも最高に稼いでいるモデルだ。ドイツ系ブラジル人。Uウムラウトのついたつづりを見ると、ドイツ系だねえと思う。ギゼーレビュンヒェンと読みたくなる。

彼女はNFLのトムブレィディと結婚したらしい。ニューイングランドペイトリオッツのスターQBだ。ハンサムで頭が切れそうなスポーツマンだ。アイルランド系なんだね。まじめそうだ。

道端ジェシカはF1ドライバー あのホンダF1のエースドライバー ジェンソンバトンと付き合っている。やはりモデル。福井
県出身。日本人なんだね。イタリアとスペイン系のハーフ。
ジェンソンはホンダがブラウンGPに変わって、今季の成績は2戦2勝。しかも2戦ともポールトゥウィン。完璧だ。
美しい彼女ができたので張り切っているのか?

美しい女性二人に続いて、おりんさん。

青山倫子。以前は井上訓子。やはりモデルさんだ。千葉出身。こちらは日本人。

私はよく知らなかったのだが、パチンコ屋の前に「逃亡者 おりん」、その破天荒な時代活劇パチンコの宣伝POPを見かけた。
時代劇なのになぜかレオタード。子供番組のシンケンジャーか?と思うのだが。なぜか目に付く。

またTV東京ということを知って、大江戸捜査網を思い浮かべた。あれもシンケンジャーよろしくチャンバラシーンでは火花が飛び散った。あの時代にしては破天荒な時代活劇だった。

「おりん」自体はまだ見ていない。多分にお色気ものアクション時代劇という感じがしている。設定も独身女性ではなく人妻なので、上戸彩主演の「あずみ」の人妻バージョンと考えてもいいかなあなどと考えている。

見ていないから、余計に想像が膨らむ。

さて、青山さんは木村多江さんに似た和風な顔立ち。CMにも多く登場しているらしい。演技も彼女くらいできるといいのだが。

でも、まあ楽しみなのだ。

ああ、またスケベだと知られてしまう。
posted by いしのひげ at 13:57| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

のだめカンタービレ アクション女優上野樹里



ドラマは好調。



snapshot20061024035815.jpg



snapshot20061024040820.jpg


そして、ドンジョバ〜ンニ。


snapshot20061024041208.jpg


posted by いしのひげ at 04:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

のだめカンタービレ



月曜から始まったドラマ。


妻のSちゃんの姉からメールがあった。8チャンネルで面白いドラマやってるで、と。


主人公は上野樹里演じるピアノ科学生のだめ。Sちゃんもピアノを弾く。なにやら似ている気がしないでもない。論理的でないところとか、話がみえないところとか。


タイトル音楽がラプソディーインブルー。いい。スィングガールズの上野を思い出す。


脇役が豪華だ。アフロにした小出恵介は誰だかわからなかった。竹中直人が暴走気味だが。


面白くなりそうだ。


posted by いしのひげ at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月31日

キムサムスン



今の我が家の楽しみは韓国ドラマ‘キムサムスン’を見ること。


30歳の女性パティシェ、キムサムスンが主役のラブコメディ。彼女の話し方はまるでちびマルコ。ぶつぶつ文句を言ってるところなんてそっくりだと私は思ってる。


素直なサムスンはなぜか性格の悪い悪党ばかりと付き合ってる。クリスマスには他の女とホテルで楽しんでるような男、と言えばわかりやすい。そして失意の彼女はレストランの青年社長と疑似恋愛契約を結ぶ羽目に。


主演のキムソナは170cmと背が高い。本来ならかなり見栄えするのだろうが、デブのサムソンを演じるために太ったらしい。私にはサムソンはちょうどよい体重の持ち主に見えるのだが。


タイプだ。


ちなみに彼女は日本に滞在していたらしい。東京の韓国学校に通っていたという。特技の一つが日本語だとか。


いつか日本のテレビに出てるところを見たいものだ。


さて、ドラマは忙しい平日にはみることができない。残念だが、余計に週末の楽しみが増す。


posted by いしのひげ at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。