2009年11月05日

もーちゃんの、もう一つの誕生日

今日、ようやく帰宅する。

医師からは生まれた日から何ヶ月ではなく、退院した日が生まれた日だと思い育てるようアドバイスをいただいた。

そういう意味では、今日がもーちゃんの誕生日だ。


早期胎盤剥離、重度仮死、未熟児網膜症とアクシデントに見舞われながら、無事に退院することができる。ありがたい。

先日沢木耕太郎の「凍」を読んでいた。登山家夫婦の話だ。遭難したと伝えられた登山家山野井の両親の気持ちが少しわかる。
とにかく、無事に帰れ。親といっても、待つことしかできぬ。

もーちゃん、よく頑張ったね。

これからが父母の本番だ。私はすでに体調が優れないが、なんとかなるだろう。君の声が聞こえるのだから。

よく泣け。よくおっぱいを飲み、うんちしろ。そして、よく眠れ。
posted by いしのひげ at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

もーちゃん、今年もまた冬が近づいてきたよ

季節は巡り、また寒い季節がやってくる。

もーちゃんも無事帰宅できそうな気配だ。医師や看護士のみなさんに感謝したい。

赤ちゃんを迎えるにあたり準備が必要なんだろう。ミルクや乳首、肌着、紙おむつ。100日の宮参り。

寒くなると、クリスマス。

今年はクリスマスなども準備したい。そろそろツリーを買って飾りつけをさせてあげたい。クリスマスケーキも買って喜ばせたい。これまで手付かずでおいていた。

全然話は違うのだが、チビたちの服のしみを取りたい。
保育園の制服は古着をもらっている。少しは綺麗にしてあげたい。

マジックなどの染み抜きはどうやらクレンジングクリームなどで落ちるらしい。除光液もいけるようだが、色落ちするみたい。重曹クリームも使えるそうだ。
今日はいきなりラッカーでマジック汚れを落とそうとして妻に叱られた。

やれやれ。
posted by いしのひげ at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

燃え尽きたか?安心して疲れをどっと体感

もーちゃんの手術で眠れなかった。

看病してたわけじゃなく、ただ何とは無しに眠れなかった。

八月末から気を張り続け、仕事も忙しく、疲れがたまっていた。実際には土日も祝日もなかった。酒を飲んで気分転換なんか、九月中過ぎてもできなかった。

そんな状態で、出来ないことばかりが山積みだった。

無事に手術が終わり、少しほっとしたら、疲れからか体がえらくしんどい。熱があるような、頭痛が続くような状態だ。体に力が入らないし、目眩がしてふらつく。
無理はしないようにしてきたが、少しずつ蓄積した結果、無理を通してしまったようだ。

ところで、今朝我が家の洗濯機が壊れた。彼も無理をしてきたか?とうとう排水しなくなった。修理を頼んだが、明日になるというサンヨーの返事だった。
仕方なし。まだ使えるが、洗濯は待ってくれない。子供たちの保育園は制服や体操着があり、洗わなくてはどうにもならない。

八キロの容量の洗濯機を購入した。
かなり静かなんだそうだ。

七万円が飛んでいった。さらば、諭吉。

ウェルカム、パナソニック。

私の体も買い換えが出来ないかしら?などと不埒なことを思ったり。七万円くらいなら買えるかも。いやいや、大事に使わなきゃ。

何事も定期的なメンテナンスが、長く使うコツだよな。
posted by いしのひげ at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

もーちゃん、初めての手術

もーちゃんは、13時から生まれて初めての手術を受けた。

普通ならばまだ生まれてもいないのだ。30週で生まれ、今はまだ36週だ。正規産より4週間早く手術を受けた。まったく、せっかちな奴だよ。

医師の話では一時間半ほどの手術と聞いたが、一時間かからずに終わったようだ。
予想したよりは目は腫れていなかった。

だが、やはり15ラウンドを戦いきったボクサーのような顔だと思った。まぶたにはワセリンではなく薬が塗られていたが。

麻酔のせいか少し微笑んで見えた君の顔。ほんとうに最終ラウンドまで立って戦っていた挑戦者のようだったよ。

家で待ってるよ、チャンピオン。

帰宅したら、パーティーをしよう。
posted by いしのひげ at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

もーちゃんはおっぱいを吸えるところまで成長した、だけど

父が手術を受けたとき、かなり躊躇っていたのを覚えている。肝臓が悪く、放置すれば何年ももたない。ただ、年齢のこともあり、手術を受けてまで延命する意味があるか、逡巡していたようだった。

医師からの説明を聞くと、命を懸ける手術だと思った。

もーちゃんが手術を受ける。未熟児網膜症が悪化しているため、レーザーで血管の進出を食い止めるのだそうだ。全身麻酔をかけ、網膜をレーザーで焼く。

手術自体は危険だ。小さな目だけに、わずかに狙いがくるえば大変なことになるだろう。
そして、全身麻酔は結構危険だ。父はせん妄になりかけた。血栓症もある。小さな肺は働かなくなるかもしれない。

道理が理解できる大人でも、危険な手術はためらう。恐怖もあるし、痛みを恐れるし、そんなことをしなくても奇跡が起こるんじゃないかと夢もみる。そこまでしてもと躊躇する。

はっきり、私はつらい。

もーちゃんは突然強い痛みを感じるはずだ。手術など知りもしないのだから。

かわいそうで、たまらない。

手術が必要なことだと私はわかりはするが、注射ですら痛がるJ吉やにゃあちゃんを見ていると、まだ目も見えず、話もしないもーちゃんにはたまらなく恐ろしいめにあわせることになると、思える。

多分私は、もーちゃんを厳しく躾ることはできなくなるだろう。つらい思いをさせる。帰宅したらずっと、甘えさせてやりたい。

無事で帰ってこい。

待ってるからね。
posted by いしのひげ at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月30日

もーちゃん転院、中途半端なことをした


今日はもーちゃんの転院。

かなり時間がかかると思った。大抵、病院は時間を費やすところだからだ。患者の時間は浪費させられる。医師から話があるからといって、2時間待たされたなんてことはよくある。

妻が付き添うにはきついと思った。前日の仕事を残業して、今日に備えたのだが、妻はなぜか二人で付き添うと考えていたらしい。

時間があれば、それも可能。仕事が暇であれば、休みをとっても構わない。忙しければ、私の担当分を誰かが埋めないといけない。誰かが肩代わりする。それは心苦しい。

仕事人間だと批判されるかもしれない。が、他人にどう言われようと構わない。ただし、お金を頂く相手に無理を押し付けていれば、いずれはお返しを頂くことになる。こちらの仕事への気持ちに疑念を抱かせることにもなる。
人間的にはダメダメだが、仕事内容だけは自信を持って提供したい。

そういうこともあって、誰も行けないのでなければ、私が行く。妻が行けるのなら、妻が行く。そう考えた。そして、それを妻にも伝えた。

朝になって、妻の様子を見ると転院の付き添いに行けないのがさびしそうに思えた。二人で行こうかと声をかけてしまった。

それはそれでいいのかもしれない。

病院に到着し、NCICUに向い、妻にだけ向って話をする看護士の対応を見て、やはり中途半端なことをしたと思った。二人で付き添いに来るなどと言うのは、他人から見れば暇な人間にみえる。その人が仕事を休んでまで、きているはずがないと判断する。

無理もない。

転院のための救急車に同乗する余地があるかどうかもわからず、ただ暇な夫に見える状態と仕事を休むことを、同時には我慢できそうもない。そういうわけで、私は仕事に途中から向った。

それでも、2時間は遅刻したわけだ。

中途半端なこと、この上ないな。
posted by いしのひげ at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

未熟児網膜症

早期出産で目の血管が完成していない未熟児におこる病気。

自然治癒する場合もあるが、網膜剥離を引き起こすこともあるらしい。血管が延びていく際にひきつれを起こすのだとか。レーザーによる凝固法などという治療があるのだという。
早期治療すれば失明は免れるらしい。ただし、視力低下は覚悟が必要だな。

もーちゃんは治療のために転院する。都島方面に移動だ。
posted by いしのひげ at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もーちゃんを初めて抱く

君はよく眠っていた。

初めてのだっこだった。薄暗いNICUで他の赤ちゃんの泣き声を聞きながら、スヤスヤ眠る君を抱き上げた。

温もりがおくるみや肌着を通して感じられた。小さい体はぽっぽっ燃えているんだね。成長を続ける体から、エネルギーが迸っているんだ。

君の兄や姉は待ち遠しいのだ。君の帰宅が待ち遠しいのだ。

抱きしめるにはあまりに小さいその体を愛おしく抱いた。柔らかく膨らんだ頬に触れた。頭を撫でた。
まだ泣かないのだけが心配なのだが、それよりずっと抱いていられないのが寂しい。
posted by いしのひげ at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

もーちゃん、のびをする

ひさしぶりにもーちゃんに会う。我が子だというのに一週間以上顔を見ていない。毎日、君の顔が見れたらいいのに。

今日はただ事ではないメールが客から届き、急遽対応のため仕事に出た。原因は他社にあったのだが、その原因の切り分けもせず怒りのメールを送ってきていた。
間違えて喧嘩を売ってきて、その後はしらんぷりだ。

早々に仕事先を後にした。

にゃあちゃんの発熱から体調が悪かった私だが、もーちゃんの顔を見て元気が湧いた。

頬がふっくらして、唇も肉付きがよくなった。呼吸も以前と違って胸の動きがゆっくり安定している。
私は君の頭に手をやり、頬をなでる。うっすら微笑んで見えるのは、思い過ごしだろうか。腕をさする。ミルクの時間だというので、だっこはできない。背中をさするのは諦めた。

しばらくすると、もーちゃんは両手を差し上げた。J吉のウルトラマンのポーズに似ていた。うんと背伸びしているようだ。足をぐんと伸ばす。父の手を押し返す。

強くなったな。また会いに来るよ。
posted by いしのひげ at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

休日診療所 ダブルヘッダー

日曜朝いつものようにチビたちはシンケンジャーと仮面ライダーダブルを見た。

見た後はお外で遊びたがる。公園に連れていき遊ぶ。にゃあちゃんは砂場の玩具で水遊びしてしまった。たぶん保育園の水遊びと同じように。幾分濡れてしまったので、帰宅した。

にゃあちゃんが熱発。

休日診療所に連れていく。すでにたくさんのマスクキッズでうめつくされていた。待つこと三時間。
たくさんいた子供達のいくらかはインフルエンザだった。にゃあちゃんは熱発から間もないということから、インフルの検査は受けなかった。

帰宅して眠る。私も疲れて眠る。

その間、妻はもーちゃんのお見舞いに行っていた。

にゃあちゃんは熱も下がり、よく寝ていた。

J吉は祖父母に連れられ、京都に向かった。初めての一人旅ということになるか。母や妹と離れて寂しい思いをするのではないかと思う。

夕食まで眠る。私も眠る。

夕食を終えて、また眠る。にゃあちゃんも落ち着いたか、よく眠る。

22時。妻の声に目覚める。にゃあちゃんが高熱を出していた。
泣いているわけではない。意識がもうろうとしていた。水も口にできない。熱でガクガクしていた。

頭を冷やす。水で冷やす。妻は救急に連絡した。

二度目の休日診療所だ。

帰宅すると1時半を回っていた。

熱は下がっていた。が、今度はぶるぶる震えが来る。冷えすぎて寒気が来たらしい。布団で包み、背中や体をさすってあげる。しばらくすると震えがおさまった。
妻はタクシーの手配をしていたが、三度目はやめて様子を見ることにしたのだった。

眠れない。三時くらいまで様子を見ていた。
posted by いしのひげ at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

義母参る、五人生活のはじまり

書き出そうとしたが、どうも熱があるようでしんどい。肩が凝る。時間にうるさい客先の関係で帰宅もできない。

昨日、義父母が来阪して、ようやくもーちゃんの見舞いに行くことができた。

妻が帰宅したとはいえ、37度を越える熱が続き、ちび二人を家においてはいけない。休みが多く、代わりに土曜は仕事に行く必要がある。という諸事情で、もーちゃんのところに寄ることができない私だった。

妻と私は保育器にいるもーちゃんと対面。妻は初めて見る息子に涙した。よくがんばったよ、二人とも。
涙の対面をしている裏では、J吉とにゃあちゃんが騒いで面会室から追い出されていたのだった。いつもの調子で騒いでいたのだろう。病院では静かにするよう教えていかないとね。

帰宅して、義父だけが帰京。義母は私たちの生活をサポートするために残ってくれた。助かる。

しばらくは、五人生活になる。

今日は実際の初日だ。
子供たちは祖母がいるのが嬉しく、七時には起きた。わいわい言いながらの朝食をしたようだ。

保育園に送り、仕事に向かう。私はどうやら熱がある。

J吉の事故に関する手続きをしていなかったり、救急搬送費用の支払い手続きもしていなかったり、今日は仕事以外にもすることがある。
自動車保険には青色申告のコピーが必要だそうだ。救急搬送にはもーちゃんの健保と乳幼児医療のコピー。我が家のコピー機はインク切れ。帰宅途中に買いに行かなきゃ。

というわけで、そうそうゆっくりはしてたいられないようだ。
posted by いしのひげ at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

にゃあちゃんはドラえもん

保育園で習うからか、しまじろーのビデオで学んだからか、ジャンケンをするようになったJ吉とにゃあちゃん。

たいていは自転車の座席の争いをジャンケンで決めることが多い。日によって変わるのが不思議だ。前の座席は見晴らしがいい。後ろの座席は自分でよじ登ることができる。

グーは石で、チョキははさみで、パーは紙、ジャンケンポン。

はじめは勝っていたにゃあちゃんが勝てなくなった。不思議だな。と思ったら、いつもグーだ。それに気づいたJはパーしか出さないから勝つわけだ。

にゃあちゃん。そんなに握りしめたらグーしか出せないよ。
posted by いしのひげ at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

妻の帰還、子供たちとの日々

今朝も叱った。

起きてからすぐ着替えるように何度も言ったが、お出かけの時間になっても着替えようとしない。この二週間で少しはましになったが、ママに甘えて忘れたようだ。

夜は早く寝るようになってきた。

眠くないのを無理に寝かせてるのではない。朝眠たそうにしてたり、夜もあくびしてるのに玩具やお話を続けたり。それはあかん。
寝室ではテレビは見せてない。寝る時間になったら、玩具は頭の上に手放す。お話やお歌でしばらく過ごしたら、落ち着いてくる。

朝もそうだ。起きたら着替えすりように、まず言う。返事がなければ「お返事は?」何度か繰り返す。

ところが、ママが帰ってきて甘えがでる。ママもぴしりと言えばいいが、そんな訓練は受けていない。

叱っているときの緊張感がない。

気持ちが弛んでいるときに叱っても意味はない。

J吉を叱っているのに、にゃあちゃんが寝そべって携帯を弄んでいる。Jはそれを横目で見ている。あかん。

妻はほっとけばいいのに、Jのところに行く。ママに甘えたいのはわかりきってる。叱っているときには困る。だからさらに、きつくせざるをえない。

疲れる。

大声で叱りたいのではないのだ。お出かけの準備さえ慣れていない子供たちにやり方を教えている途中なのだ。

とにかくズルズルテレビを見たい放題みさせるのは止めたい。着替えたり、食事をしたり、寝たりできるようにしないとね。

今だけの話じゃないよ。
posted by いしのひげ at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

もーちゃん、目覚める

病院からの連絡で、もーちゃんが目を開けたらしい。

ママが明日退院で、待ちきれないんだろうか。また一山越えてくれた。うれしいよ。
後は、母乳を直接飲むようになれば。

うれしいよ。

ほんとに、ありがとう。
posted by いしのひげ at 15:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

父子三人生活 十と四日目 あすは最終日

よく覚えていない一日。するべきことがあれやこれや、いっぱいだったこともある。久しぶりの仕事に対応するのに全力が必要だったかもしれない。

痛み止めは二錠服用と記されているが一錠で十分だった。

朝、パンや牛乳を買い足すのにコンビニを往復。ちび達はドーナッツの取り合い。

保育園には自転車で。ただし自転車はパンクしているのか、毎朝タイやの空気が抜けている。これまで一度の雨も降らない。かなり助かっている。

仕事を終えて帰宅。妻のところに寄る時間はあまりにも無い。風呂の湯を張り、子供達の帰還を待つ。J吉も元気がないのか、風呂遊びもそこそこ。みなですぐ眠る。

夜中トイレに立ち、洗濯物を干そうかと思うと、J吉がおと〜ちゃ〜んと叫ぶ。急いで行くと、抱きついて眠る。私も寝た。

明日、最終日だ。
posted by いしのひげ at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

父子三人生活 十と三日目 頭痛

正確には歯痛だろう。頭痛から肩こり。食欲もわかない。

朝、八時。みな起きる。トーストとソーセージ、ミロの朝食。まだ頭痛が原因とは気づいていなかった。ただしんどいと思っていた。洗濯物は畳めていない。保育園の用意をなんとか済ませる。

ゆっくり保育園に向かう。妻からメールで退院時期を知らせてきた。喜ぶべきところだが、しんどくて返事できなかった。遅い食事を取りに行く。なにもする気がしない。

少し体を休めれば仕事に行けるだろう。横になってみるが、気分の悪さは拭えない。軽い貧血状態に近い気がした。
一応、仕事に向かう。が、気分が悪くなり、帰宅した。

肩が凝るのは頭痛だからか?と考えたのは、昼を遙かにまわってから。イブプロフェンの痛み止めがあるのを思い出して飲む。しばらくして、しんどさが減じた。
頭痛がひどいと貧血みたいにふらふらするもんなんだね。

部屋の掃除をする。にゃあちゃんの咳が治らないから、部屋を清潔にすればいいかと思ったのだ。私も咳が治まらないし。ついでに空気清浄機も掃除。

子供たちは姉の家で食事。にゃあちゃんはたこ酢だけ食べたらしい。やや熱があるようだ。帰宅してすぐにドーナッツが食べたいと。一緒に買いに行きたいと言い張るJ吉にダメだしする。熱のある子を連れていけないし、一人おいていけないからね。
マミーとドーナッツ、ぶどうを食べた。

頭だけが熱いにゃあちゃん。扁桃腺が腫れてるんだろう。だから食べられない。氷枕で頭を冷やしてあげることにした。

J吉はたまたまつけていたテレビの水戸黄門にはまる。じっと見て離れない。シンケンジャーに似てるかな?そういえば爺役の伊吹さんは格さんだったな。

ママに電話して、にゃあちゃんは歌を歌った。きらきら星を歌う。

おやすみ。

私はまた、頭痛薬を飲むことにする。
posted by いしのひげ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

父子三人生活 十と二日

昨夜、みなが寝た後12時くらいに近所のお好み焼き屋に行く。ビール二杯をのむ。久しぶりだ。
酒を飲んで話すのは楽しい。

八時に起き、シンケンジャーを見逃したJ吉。猫に食べかけられたゴールドが復活。提灯も新登場した。見られなかったのは残念だね。父は君に声はかけたよ。Jは目覚めて、仮面ライダーはWに変わったことが理解できない。ディケイドは?!

サッポロポテトの袋を手放さないにゃあちゃん。おにぎりを作るが、誰も食べない。少し悲しい。

おんまのお土産にいく。J吉はずっと言い続けていた。ママのおみやげ?
三人乗り自転車で妻の所にお見舞いに行く。おみやげじゃないよ、おみまいだよ。
メイちゃんもおみやげに行ってた。まだ言うか?

妻とお食事タイムを過ごす。母の側にいて、にゃあちゃんは余程嬉しいようだった。フライドポテトにチキンナゲットをほおばりニコニコしていた。
みな、妻の帰宅を待っている。

風邪をひいているため、もーちゃんの所へ行くのは控えている。子供達と妻と楽しい時を過ごしながら、もーちゃんのことが気にかかる。

帰宅して、お昼寝。

夕方からはお散歩。17時半を過ぎてから公園に行きたいと言う。そんなん、逆やで。早い時間にビデオ見て、暗くなる頃に公園はあかん。執拗に砂場で遊びたいと主張するJ。いやいや。なんとか散歩に出る。にゃあちゃんはキックボード。
帰りにたこ焼きを買おうと勧めたが、和菓子屋に行き、ワラビ餅を買う。この子達はワラビ餅が好きだ。

夕飯はソーメンと焼きめし。朝のおにぎりもあるし、きびなごの唐揚げも、サツマイモとミートボールの甘酢あんかけもあるから、作ったのは二品だけ。
二人とも焼きめしは食べず。おにぎり少々、ソーメンですませた。

うんちタイムに続き、シャワー。

日曜は疲れる。

九時前に布団にはいる。父ちゃん遊園地は故障で休園のはずだが、ちびっ子達が侵入して勝手に遊ぶ。

日曜は疲れる。
posted by いしのひげ at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

父子三人生活 十と一日目

朝、七時半。いつものように繰り返す朝。J吉に起こされ、みなが共に起きる。レスキューファイアが始まるから、彼はみんなを起こしたのだった。

朝食はりんごジュース、梨。ラムネ菓子を食べる。菓子は一つだけ選ばせた結果だ。

J吉は保育園に行きたくなさげだった。今日ちぇんちぇ行くの?を繰り返す。
にゃあちゃんは静か。ラムネを包みから取り出すのに没頭したようだった。たくさんのセロファンとラムネが積まれて放置された皿。

出かけようとうながしてようやく。にゃあちゃんが見慣れない菓子を食べているのに気づく。こっそり菓子袋からくすねておいたようだ。

ヘルメットをかぶり、自転車三人乗りで出動。

自宅に帰りつく頃には疲れきっている。さすがに熱もあり今日は仕事を休むと決めた。
妻の所に向かう。母乳のフリーザーパックを買い、自転車を走らせる。

妻は子宮の縫合箇所に炎症が発生し、頭痛と熱があるという。やや、貧血気味。だが、歩行には支障はない。顔色以外は悪くは見えない。
しばらくして、昼食になり退散す。

中華屋でたらふく食べて帰宅。薬を飲み、四時にタイマーをセットし就寝した。

あまり眠れなかったが、熱は下がったようだ。

子供達を迎えに行く。換えのシーツを忘れた。お昼寝の布団シーツを週末に交換するのだ。完全に忘れた。
コーダイとお迎えが一緒になり興奮するJ吉をなだめながら帰宅。

公園で久しぶりに遊ぶ。滑り台、ブランコ、ベンチであんぱんまんジュース。夕食の買い物をして帰還。

今夜はきびなごの唐揚げに甘酢団子、レバーのチリソース、和風ポトフだ。料理中、にゃあちゃんが激しく泣く。だっこして外に連れ出す。理由はささいなことだと思う。お菓子の取り合いだ。サッポロポテトだ。
秋の空に、にゃあちゃんの激しい鳴き声。もう何が理由で泣いているのか覚えてないだろ?おまえは。

料理は続く。J吉のうんこに、炊飯器のスイッチ押し忘れ、にゃあちゃんのうんち。

皿が全てできあがった時には食欲はない。

はあ。

シャワーですませ、にゃあちゃんの髪をくしけずり、耳垢を取り、階上に向かい灯りを消す。
にゃあちゃんパジャマがおかしい。背中が膨らんでいる。パジャマの下、素肌にリュックを背負ってるよ。
J吉、虫に刺されてかゆいかゆいという。保育園のお友達の話が延々と続く。ろーがはいた、いないと子供達が言い争う。

やがて22時。静かな夜が来た。

はあ。
posted by いしのひげ at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

父子三人生活 十日目

子供達は八時に起きる。遅い。
疲れてるのだろうか?義父母のお土産のお菓子をあげる。少しは元気出してくれ。

今朝は昨日のパンシチューを焼いてグラタンにした。桃を切る。叔母が買ったリンゴジュースを飲みたがる。

あっという間に九時。追い立て追い立て保育園に向かう。今週は前部席がにゃあちゃん、後部席がJ吉だ。うんしょうんしょと座席によじ登るのを待つ。

保育園では朝のおやつが始まろうとしていた。間一髪のタイミングで、にゃあちゃんは笑顔。J吉は朝の体操に間に合わなかった。

微熱中年は腰痛中年に変わり、今朝は膝ダルビッシュになっていた。午後には足裏を抜けて快晴になる見込みです。

客先では、昨日今後のスケジュールを話し合った。仕事が少ない場合は途中から休みにする、と。だけど、仕事はたくさんあるんだよねえ。
簿記会計のプログラム作成とネット販売のプログラム修正。別件のネット販売は仕様追加だ。

頭が痛くなるくらいだ。体調は咳に移った。咳止めドロップをなめる。仕事の効率は悪いが、70%くらいだ。

七時に家に向かう。

姉が子供達を送ってきてくれた。食事はさせてくれたらしい。で、みなで風呂に入る。J吉は40分くらい風呂で遊んでいた。父ちゃんはつきあいきれないよ。
にゃあちゃんはあんぱんまんの英語ビデオを見るため、さっさっと兄を置き去りに風呂から上がった。クールな子だよ。

22時前に就寝。

私はカレースパを晩ご飯にした。妻が見たら、また驚く量だ。満腹、満腹。
posted by いしのひげ at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

一転、暗雲

どうやら、転院の話はぽしゃったらしい。

夫婦でも会話の勘違いはよくある。すぐに自分と同じ感覚だと思いこんでしまう。確定してないことを話していると気づいてなかった。ダメダメだな。

塩野七生が書いていたが、人は自分の見たい物しか見ない。もーちゃんの元に早く母が行くことを強く望んでいたから、妻の言葉が決定事項に聞こえてしまった。

だめだめだ。

ぬか喜びしてしまった。

転院は月曜か火曜かと聞かれたということで決定だと思った。それは転院できるということかと尋ねるべきだったな。

もーちゃんには母の声や温かさが一番必要だと思っていた。これを四十八手では、勇み足という。

次善の手を妻と考えたい。熱くなってるのは俺だけか。暴走しちゃいかんな。
posted by いしのひげ at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。