2010年03月04日

特別扶養児童手当

いろいろ勉強になる。

最近はmixiのウエスト症候群コミュニティを拝見している。以前はブログを中心に調べていたが、やはり量が少ない。
かなり、プライベートな情報になるからか、SNSでなら情報交換が盛んなようだ。
特別児童扶養手当という言葉は、そのコミュニティで知った。さらに調べると、身体障害者手帳や療育手帳取得者が対象になるらしい。もーちゃんは療育申請することになるようだから、一応この制度を心に留めておこう。

妻に伝えると、迅速というか拙速というか、早速申請用紙をもらい、主治医に渡したようだ。療育申請と同時でいいと思うのだが。
posted by いしのひげ at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

もーちゃん、再入院から三日目

ほんとにバランスを取るのが難しい。

もーちゃんにべったり付き添いたいが、仕事もあれば、上の子たちを寂しくさせたくもないし、妻にも笑顔を見せたい。仕事は複数が納期間近やオープンを控えて忙しい。私の確定申告の準備は手つかず。他人の貸借対照表は作っているがを

気がつくと眉間にしわが。

我がことならば眉間にしわ、で頑張るもよし。ただ、それを見まもる周りには重苦しさが漂う。己がしんどい思いをしてガンバル、それが周囲にしんどさを持ち込んでしまう。
ただ、がんばればいい、わけじゃないな。

誰かのために、他の誰かに犠牲を強いるのは避けたい。

結果、関わる人全員に中途半端さを感じさせて、不満にさせたとしても。仕事先、J吉、にゃあちゃん、もーちゃん、妻、家族たち。皆から文句を言われても仕方なし。

自分自身しんどくない程度にバランスを取って、やっていく。

ACTH治療が始まっている。当然、まだ効果は現れてきていない。三月に入っても効果がなければ、次の治療が検討されるだろう。それは、医者に委ねる。

昨夜もーちゃんを訪ねると、体を硬直させて寝ていた。右に体をねじり、目も右を見ていた。左が怖くて、できるだけ逃げているかのように思える。
彼の脳波には左後に問題がある。それと関わりがあるのか。

ずっと力が入っているから、体が硬直する。だっこして、体をさすりながらほぐしていく。右向きでだっこ、左向きでだっこ、前を向かせて高い高い。仰向けに寝かせて、両手で背中をなぞる。足をリラックスさせ、手をリラックスさせ、全身の力を抜かせていく。
30分ほどで硬直は緩和した。60分ですやすや眠る。

力が抜けないと、よくは眠れない。体をほぐして深く眠ればホルモンが分泌されて成長する。成長すれば、体のダメージが少しは軽減するかもしれない。
posted by いしのひげ at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

一時帰宅で不眠

もーちゃんが帰宅して、眠れぬ夜を久しぶりに過ごす。

まもなく生後六ヶ月なのだが、病で新生児と大差ない。忘れていたあの頃に戻る。

抱っこをせがむ泣き声に、三、四時間おきの授乳。兄姉たちも寝苦しい夜だったはずだ。それさえも私にはうれしい。

火曜には再入院。また一緒に眠れる日は桜と同じくらい遠い。

昨夜は、深夜にひーひー、ぜーぜーと泣くのが心配で妻が病院に連れていった。帰りを待つと三時になっていた。
posted by いしのひげ at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にゃんにゃんにゃんで三歳

にゃあちゃんは22日が誕生日。ママのお腹にいるときから、にゃあちゃんと呼び続けていたら、にゃあにゃあにゃあの日に生まれてしまった。

三歳。

一安心の年頃。乳児は卒業。おむつも寝るとき以外は取れた。何度か高熱を出したが、その度に強いからだになった。
映画を見ても料金が必要なんだよな。

最近は優しいおねえちゃんになっている。今ももーちゃんを抱っこ。

おめでとう。
posted by いしのひげ at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

もーちゃん、入院三週を終えて

ここまでいろんな薬を処方された。
デパケン、ビタミンB6、マイスタン、ジアゼパム(ダイアップ)、トリクロホス(トリクロリール)。いずれも効果は得られなかった。

そういうわけで、待望のACTH治療に入る。実は、ウエスト症候群に一番効果があるといわれている薬がACTHだ。ただし、ステロイドゆえに副作用が強く、かなり管理が必要になる。
その治療期間は1、2ヶ月にも及ぶ

病状が改善したわけではないが、この週末に一時帰宅となった。三ヶ月以上の連続入院がこの病院でもできないからだろう。ACTH治療が長引けば、ぎりぎりの期間になるかもしれない。だから、その前に一時退院ということか。

兄弟がそろい、子供たちはにぎやかだ。

月曜はにゃあちゃんのバースデー。よいプレゼントになった。

この帰宅では、もーちゃんが体のバランスを調整できるようサポートしたい。右に捻れるからだをほぐしてあげたい。入院前も、よく背中をなでてあげていた。

ACTH以後の準備も始める必要がある。療育がキーワードらしい。
posted by いしのひげ at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

抗癲癇剤って


今、もーちゃんはデパケン(バルブロ酸)を服用している。ビタミンB6も使った。次はエクセグラン(ゾニサミド)を予定している。

比較的新しい薬があるらしい。
トピラマート(トピナ錠)、ラモトリジン(ラミクタール)、ガバペンチン(ガバペン)など
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se11/se1139008.html
http://lamictal.jp/info_child/info02.html
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se11/se1139007.html

まだ先の話(2歳以上が適応)だが、ケトン食療法というのもある。
http://www.urban.ne.jp/home/nanabou/mct.htm

さて
色々調べていると、症候性全般てんかんという言葉を聞く。また、てんかん性脳症という言葉も。もーちゃんの病名はウエスト症候群ということになるのだが、点頭てんかんとも言う。かなりややこしい。ネットでBLOGを拝見していても症候性と略している方もいるし、かなりややこしい。
posted by いしのひげ at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

もーちゃん、入院二週目終わる

デパケンの効果はなかったらしい。それでも風邪が治り、ミルクは順調に飲めているようだ。

私は毎日顔を見に行けていない。夜、子供の泣き声を聞くと、もーちゃんが泣いているような錯覚をする。抱いてやれないのがさびしい。

ママはてんかんの本やニキティキの玩具を買ったりしている。もーちゃんは幸せ者だね。でも、あまり疲れさせない程度にしてください。ママも。

脳波検査やらMRI、CTなどの検査やら、様々な医療を受けている。抗てんかん剤のデパケンでは、発作はやわらがなかった。私も期待していない。ACTHしか有効ではないと聞いたからだ。ごくごく限られた人は、あるいはデパケンで改善するのかもしれない。次はビタミンB6を予定しているらしい。これまた、私は効果を期待はしていない。

副腎皮質刺激ホルモン AdrenoCorticoTropicHolmon 。副作用が強いこのステロイド投与で70%は効果が現れる。もーちゃんの体がこの薬に耐えられるかどうかが、一つのポイント。よく寝て、食べて、排泄して、体力を付けていないと、薬の効果より副作用でまいってしまう。

もう一つのポイントは、ACTHがもーちゃんのてんかん発作を鎮められるか。
効果があったとして、発作原因を完治したわけではない。ACTH治療後に再発している患者が、同室にいるのだ。

発作が治まっても、その爪痕を癒すのに時間がいる。かなりのダメージが残るはずだ。落ち着いて、ゆっくり眠れるようになれば、さらに体は成長する。

成長することだけが、完治への有効な治療になるのかもしれない。幼い体がバランスを欠いている、そのために発作が起こるなら、薬で発作を抑えている間に成長して治す。そういうことかもしれない。
ACTH治療後が、ようやく父母の出番だ。

しかし、よく闘ってるよ。
posted by いしのひげ at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

もーちゃん、入院一週間を過ぎる

今日は仕事帰りにもーちゃんの顔を見に病院に寄った。

仕事が早く終わったから寄ったのだが、寝ていた。寝顔をみてかわいいなあと思っていた。目覚めないなら、このまま帰ろうかと思った。が、お腹を空かして泣く。

だっこしてあやしていると、看護士がミルクを持ってきた。100cc。少ないんじゃないかと思った。はじめはイヤイヤして、飲まない。寝起きは発作が起こりやすいらしいし、どうも機嫌が悪い。それでも飲み始めると、あっという間に完食。足りなくてまた泣く。

自宅なら勝手にミルクを作りあげるところだが、病院ではそういうわけにもいかない。だっこして、あやす。

一時間が過ぎ、泣きやまないもーちゃんにミルクの補給がきたが、もう受け付けない。

さらに泣きやまず、帰るタイミングも失い、あやし続けた。看護士が薬をもってきた。抗てんかん剤。デパケン。苦い薬に泣く。それが引き金になったか。発作が始まった。

抱きしめてあげる位しかできなかった。

病院をでた時には、もうすぐ23時だった。
posted by いしのひげ at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

もーちゃんのいない夜

君がいない夜
こんなに寒くて、静かだったのか

夏のある昼に生まれ、秋に帰宅した君
二ヶ月あまり、三ヶ月足らず
生まれてから、五ヶ月が過ぎた

からくも命をとりとめたあの日

君の泣き声を聞けないさびしさ
君の温もりを抱けない悲しさ
この胸で寝息をたてていたのに
切ない夜を過ごしている君を想う

兄は君を抱きたいと泣いたという
姉はなぜ君がいないのかわからない

夜はこんなにも静かだ
一人足りない夜

いるべきものがいない空虚がある

父は君の異変を感じ取れなかった
ママが気づいた
また、君は命を助けられた

一人闘うために君は行った
ただ、焦らずに君の帰りを待つ
posted by いしのひげ at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

点頭てんかんとは


癲癇などといっても、よくは知らない。まして、点頭てんかんなどというと、ちんぷんかんぷん。

3歳未満の乳幼児しかかからない病気だそうだ。


点頭てんかん(ウエスト症候群)

【点頭てんかんとは】
手足に瞬間的に力が入り、頭をかくんと垂れてお辞儀をするような動作を何回も繰り返す発作が特徴で、発達の遅れを起こすことが多い病気。生後3〜10ヶ月の赤ちゃんが、何の前触れもなく突然発作を起こすこともあれば、胎児期や新生児期に脳にダメージを受けた子供が起こすこともある。
知的障害を起こすことが多いので、早く見つけて発作を止めることが大切。
また、点頭てんかんのあとに、レノックス症候群などの難治性てんかんが残ることもしばしばある。

【点頭てんかんの原因】
脳の奇形、結節性硬化症などの先天異常や、出産のときの低酸素性虚血性脳症などが原因になる。検査しても、これといった原因がわからないことも多い。

【点頭てんかんの症状】
首をかくんとさせる発作がある

首をかくんとさせ、突然手で何かにしがみつくような動作が数分間に何回も繰り返される(シリーズ形成)。このシリーズを一日に何回も繰り返すのが特徴。

発達の退行

おすわりができていたのにできなくなるなど、発作が起こる前にできていたことができなくなる。

【点頭てんかんの検査】

脳波検査
CT検査
MRI検査

脳波を調べると、ヒプスアリスミアという点頭てんかん特有の波形の脳波が見られる。
CT検査やMRI検査では、脳の中に原因となるような奇形や、過去に受けたダメージがあるかどうかがわかる。

【点頭てんかんの治療】
発作を早く止めることが大切。抗てんかん薬の投与やACTH療法など、ケースバイケースで行う。特殊な脳波が見られなくなるまで、抗てんかん薬を続ける。
原因によっては、発作をコントロールするのが難しいこともある。

抗てんかん薬
デパケン(バルブロ酸ナトリウム)、エクセグラン(ゾニサミド)、ビタミンB6などの飲み薬が出る

ACTH療法
入院して、副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)を注射する。発作を抑えることができたら、その後は抗てんかん薬を飲む。

http://www.ckrt.net/syougai.tentoutenkan.html




点頭てんかんはどんな病気か

 生後4カ月〜1歳ころの小児に発症する予後不良のてんかんです。1841年、ウエストという医師が彼自身の息子の病状と経過を報告したのが最初で、ウエスト症候群とも呼ばれます。
 大田原症候群(新生児期〜乳児早期)、レノックス・ガストー症候群(1歳〜6歳、)とともに年齢依存症てんかん性脳症と呼ばれ、乳幼児期にそれぞれのてんかんの好発年齢がみられること、大田原症候群から点頭てんかんへ、点頭てんかんからレノックス・ガストー症候群へ年齢とともに変容することが多いことから、脳の発達過程とこれらのてんかん発症が密接に関連しているものと考えられています。

http://health.goo.ne.jp/medical/search/10121200.html



ACTH療法

日本国内で行われているもので、最も効果的な治療薬として、ACTH(副腎皮質刺激ホルモン)が挙げられる。下記のビガバトリンのない日本国内では、ほぼ唯一効果的な治療といえる。 ACTHには、天然型と合成型があり、国内では合成型治療薬(ACTH-Z:コートロシンZ(商標))を使用される。治療のプロトコールとしては、体重(kg)あたり0.01-0.015mg のACTH-Zを筋肉内に1日1回注射する。連日で2から3週間使用し、そのままやめる場合、さらに間隔を広げて2から4週程度かけてゆっくりと中止する場合とがある。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%82%B9%E9%A0%AD%E3%81%A6%E3%82%93%E3%81%8B%E3%82%93


どうやら筋肉注射になるようだ。これで抑えられればよいが。
posted by いしのひげ at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

最近思う子育て お返事と「はい」

基本は、食う寝る出す。

食事と睡眠と排泄が、子育ての基本だと考えてます。
きちんと食事をする。食べ残しをしない。食事中にうろちょろしたり、遊ばない。夜は早く寝る。寝るための準備を身につける。おむつに頼らず、毎日うんちが出るよう習慣をつける。

年齢にもよるけれど、小学校に上がる頃までにはある程度は教えておきたい。

最近は、それにプラスする必要を感じています。

一つ。返事をする。

親や先生、友達からなんらかの問いかけがあれば、何をしているとしても、まず返事をする。我が子はどうも不得意なようだ。
当然、挨拶も含まれます。おはよう。こんにちは。さようなら。おやすみ。いただきます。ごちそうさま。ありがとう。

一つ。母の言葉には「はい」と答える。

いつからか気がつくと、ママが話しかけると「いや」とか無言だったりしている。まず、ママの言葉には「はい」と答える習慣をつけてもらいたい。
対人関係は否定からは何も生まれないよな。まずは肯定すること。意見はその後にする。幼いなら、尚のことだと感じている。

J吉を見て、にゃあちゃんは真似をするだけに、できれば工夫しながら、こういう習慣をつけてあげたい。
勉強は後でもいいから、と強く思ってます。
posted by いしのひげ at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

もーちゃんの心配、にゃちゃんをだっこして歩く


もーちゃんはおっぱいを嫌がるようになった。年末はミルクを哺乳瓶で飲んでいたのだが、それも飲むのを嫌がるようになった。昼夜逆転で夜中に泣きまくる。結果、妻は寝不足に陥っている。私がミルクをあげようにも嫌がるため、協力できることは少ない。

月曜の午後、J吉、にゃあちゃんを少し離れた公園に自転車で連れて行く。アスレチック遊戯具がある公園だ。ぐるぐる回る滑り台が楽しいらしい。ただ、にゃあちゃんは寝不足の上、お昼寝をしていなかったらしい。動きが緩慢で私にだっこをせがんだ。

公園からの帰り道、にゃあちゃんは眠ってしまった。帰路にある私の姉の店でのこと。仕方が無いのでJ吉を預かってもらい、家まで抱っこして帰ることにした。
重くなった。娘は15kgくらいになった。もーちゃんのように軽かった頃を思い出しながら歩く。多分、こんなことはこれからそうは無いだろう。眠ってしまった我が子を抱いて歩く。いつか、懐かしく思うのかもしれない。寝息をたてる娘と重量に腕が痛む父。

実は妻に電話して車で迎えに来てもらおうとしたのだが、眠っていたようだった。

今は、腰が痛む。でも、なぜかほのぼのしている。
posted by いしのひげ at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

こういう内容で、大阪市に問合せするよ。


現在保育園にて土曜保育で受入していただいています。

保育士より何度も何度もしつこく、どうしても必要か、土曜日は仕事かと聞かれます。私は土曜も仕事に出ていますし、妻は30週誕生の未熟児の子供(退院後2ヶ月)の面倒のため、土曜保育が必要なのです。こういう事例(虚弱な未熟児を兄弟に持つ子供)では土曜保育は受入していただけないのでしょうか?

明確な基準がわかりませんので、できましたらお示しください。

大阪市のホームページではこう書かれている。
「大阪市では、休日に保護者の方が就労や、傷病、出産等の理由により、ご家庭で保育できない場合に、保育所でお子さんをお預かりする休日保育を実施しています。」
posted by いしのひげ at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

シナジス 痛い注射



RSウイルス感染症は主に冬季に流行するウイルス性疾患です。
小児、特に乳幼児が罹患すると重篤な細気管支炎や肺炎を発症するため注意が必要な疾患です。

RSウイルスに対しては、シナジスという抵抗力を高める注射がありますが、シナジス投与が保険適応となるのは、早産児や心疾患・肺疾患をもつ小児に限られます。

http://www.rsvirusinfection.com/



『シナジス』 はRSVに特異的に結合するヒト化モノクローナル抗体である。

『シナジス』 は 『ワクチン』 ではなくて、ウイルスをやっつける 『抗体』 そのものを筋肉注射する事で感染を防ぐ、もしくは、感染しても重症化を防ぐ。

RSウイルスに対する 『ワクチン』 はまだ開発されていない。

http://cyberkidsclinic.blog51.fc2.com/blog-entry-121.html



もーちゃんはこのシナジスの注射を毎月受けている。筋肉注射でとても痛い。

毎月受けるのはワクチンじゃないからなんだね。3歳までには抗体ができるそうだが、いつまで受けるんだろうか。
posted by いしのひげ at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

正月、おせち、お年玉

CA3A0237-0001.JPG子供たちは12時まで起きていた。大晦日だから、寝たいと言うまで寝かしつけなかった。さすがに11時を過ぎて眠そうになり、新年を迎えた頃は寝ぼけまなこだった。

昼に起きる。もーちゃんは夜泣きしていて妻はかなりしんどいだろう。

昼食は我が家のおせち。そして、雑煮。J吉とにゃあちゃんはハムを喜ぶ。

神社に詣り、ドーナッツを買って食べる。

夕方、姉の家に挨拶に出向く。姉家のおせちをいただく。子供たちはお年玉をいただく。今年から働きだした次男坊からもお年玉をもらった。成長したものだ。大したことは何もしていない叔父の子供に年玉をくれるなんて。

ゆっくりとした正月は久しぶりだった。
posted by いしのひげ at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

もーちゃんの夜泣きとインフルエンザと親知らず

J吉とにゃあちゃんのインフルエンザは完治した。

土曜から金曜までで完治。途中、クリスマスの買い物と散歩にマスク着用で連れ出した。散歩はいつもの調子で歩かせ過ぎた。J吉が発熱と下痢になってしまった。

とは言え、完全に復活する見込みだ。

私はインフルエンザ罹患により、仕事先の出入り禁止を食らって、時間の余裕ができた。かねての肩こりからくる頭痛治療のため、整骨院に二度通う。

さて

妻は寝違えはおさまったが、顎の関節の痛みを訴えだした。整形外科に症状を告げると、歯医者に行けと言われたらしい。歯科の見立ては、親知らずが原因だとのこと。完全には出ていない親知らずのようだ。母乳期間中ゆえ抜歯はしない方針。
たぶん、歯茎を切除しないと埋まっている親知らずは抜けまい。とすると止血が必要になるから、様々な薬品が使用されるだろう。乳児への影響が懸念される。

状態がひどければ、ある期間母乳を諦め抜歯するだろうが、消毒により痛みは緩和するとみられているようだ。

この一週間家族には、色々な災厄がふりかかった。

変わらぬは、もーちゃんの夜泣き。

今夜は、私が妻に代わり夜通し面倒をみることになった。母乳ではなく、ミルクを与える。

はてさて
posted by いしのひげ at 04:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

二人インフル

J吉は新型、にゃあちゃんはインフルエンザAにかかった。

明日は仕事に行けないかもしれない。

雪が降ってきた。みなさん、お気をつけて。
posted by いしのひげ at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

もーちゃんの夜泣きと妻の寝違え

このところ深夜になると、もーちゃんが泣く。帰宅した頃のような、ひゃあひゃあではなく、わんわーんと泣く。おっぱいをしても、おむつを換えても泣きやまない。

だっこしてようやく泣きやむ。

娘のにゃあちゃんが同じ月齢でよく夜泣きした。彼女を連れてマンションのベランダに出て、泣きやむのを待ったものだ。にゃあちゃんは、はぁーっはぁ〜〜っと泣いた。

長く泣き続けるだけの体力がついたのだ。

また、ママを独占する知恵が付いたのかもしれない。兄や姉がいるときは、いくら泣いても構い続けてもらえないからだ。ママは二人の悪さや喧嘩に目を光らせてる。
だから、夜半兄姉が寝付いた頃から泣くのかもしれない。

妻は産後の腰痛からか、首を寝違えて痛めた。添い乳をして無理な体勢を続けたのが直接の原因だが、睡眠不足と、妊娠から腹筋を使わなくなって腰の負担が高まったのも遠因だろう。
腰の筋肉がこわばり、背中が堅く筋張っていて、肩や首にストレスがかかっている。

ほんとは早く帰宅してフォローしてあげればいい。だが、出産から三ヶ月。大抵は六時に逃げるように帰宅させてもらった。三ヶ月だ。
毎日早く帰るわけにはいかない。仕事もあるし、問い合わせや、トラブル相談の電話は終業間際によくかかってくるのだ。

五人で過ごして、もっと構ってあげて、もーちゃんの寂しさを癒してあげれればよいのだが。だっこを代わりにして、妻の首痛を軽減できればよいのだが。

師走の忙しさと、不景気からの圧力に翻弄されるのだった。
posted by いしのひげ at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

もーちゃんの三ヶ月、100日、一ヶ月

もーちゃんが生まれて三ヶ月が過ぎた。100日も。そして、退院してから一ヶ月になった。今では体重は4000gになり、唇にはおっぱいだこができている。

兄や姉にも馴れて、だっこされながら寝ていたりするが、無茶されてひっくり返されて泣いていたりもする。

ちくびをくわえるのはまだ慣れない。私がだっこした時間はまだ少ないが(10時間くらいかな?)、兄姉と同じように子守歌を聞かせている。昨夜は二時間ほど一緒に寝た。

しっかりしてきた。

ありがとう。

さて、週末は父の一周忌だ。こうも順調なのは不気味かもしれない。トラブルと平和な時は交互にやってくる。ま、気にしても仕方はない。

子供達の送りは私がまだしているが、お迎えは妻がするようになった。これまで迎えに行ってくれた姉に感謝。

ただし、誰もお迎えの都合がつかなければ、私が迎えに行くのは変わらない。
お迎えは結構しんどいもんだが、子供達の保育園での姿を見るのは楽しいもんだ。
posted by いしのひげ at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

もーちゃん帰宅から 1 週間


気づけば、日本シリーズは巨人が勝ち、セレッソ大阪はJ1復帰を決めていた。将棋の竜王戦は第3局が京都で行われてる。

もーちゃんは体調は心配したほどではなく、ママのおっぱいを飲み、うんちをし、夜は寝ずにママを困らせている。J吉やにゃあちゃんはもーちゃんの取り合いをしている。抱っこをするのが楽しいらしい。

7時に保育園にお迎えに行く。

姉にお迎えを頼めばいいのだが、妻が3人の面倒を見る余裕ができるまでは難しい。お迎えに行ってもらっても私が帰宅するまでは連れ帰れない。

夜の暗い保育園はさびしいだろう。

私とJ吉、にゃあちゃんは2階で就寝する。もーちゃんは夜中構わず泣くからだ。妻ともーちゃんは1階でお休み。本当は夜中に私がもーちゃんの面倒を見てあげられればいいのだが、疲れて子供たちと眠ってしまう。

夜中は冷凍保存したおっぱいを解凍して与えたりもしている。
もーちゃんが寝ている間に搾乳して保存しているのだった。ママは大変だ。ただ、出産から2ヶ月経て妻の体調はかなりよくなっているのが、まだましだと思う。

昨夜は、にゃあちゃんが泣いた。2階で眠るべく階上に上がるのだが、いつまでたっても上がってこない。迎えにいき2階にあがってもぐずっている。
やがて、涙を目にためて泣いた。

抱きしめてあやしてあげるのだが、涙をぼろぼろこぼして泣いていた。

子供たちは、夜7時に帰宅して、8時過ぎには2階にあがる。
ママに甘える時間が無い。朝も7時台に起きて8時過ぎには保育園だ。2歳のにゃあちゃんには、ママとの時間が短すぎるか。

今夜は、パパ、ママが交代して、あげようと思う。
posted by いしのひげ at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。