2012年08月01日

信号はなぜ、赤、黄、青?

娘に与えた本に”信号機の色はどうして赤・黄・青”という問題があったんだけど。「警視庁の回答
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kouhoushi/no13/koho13.htm
今から約160年程前に、イギリスの鉄道会社が「信号として見やすい色は何か」という実験をしたところ、白、赤、緑、青の順で識別しやすいことが分かり」

「鉄道の信号に赤(危険)と白(安全)の油灯を採用したのが信号の始まりと言われています。
しかし、最も識別しやすいと言われた白色の灯火も、電灯の発達により街路灯と紛らわしくなって白色から緑色に替えられるようになりました。」 ほー

「日本で初めての自動式交通信号機は、昭和5年に日比谷交差点に設置されました。 米国から輸入された信号機で、この信号も赤・黄・緑の三色でした。」 ほー、ほー

日本語の基本色彩は赤、青、白、黒だと言語学の先生。これらは形容詞になるという。でも黄色。これも黄色いとなる。「なんで緑色いとか紫色いと言わないの?」と訊かれたら困りそうだ。
posted by いしのひげ at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月25日

SIM の入替と認識エラーと

IS06を購入した。が、4月までezwebメールが使えないと言われた。面倒なので買うのをやめようと思ったが、SIMを入替えて旧機種でメールを読めば大丈夫ですよとショップ店員が言う。auにも問い合わせた結果らしい。あまり信用しなかったが、gmailでもいいやと思ったので購入した。

旧機種にSIMを入替え、メールを受信できた。

やはりまだ、ezwebのメールは届く。お知らせメールが届いていないのだろう。

docomoはgmailを受信拒否するようだ。docomoもスマートフォンがあるのに、何故?

ここまでは、よかった。

IS06にSIMを戻して電源を入れると、SIMの認識をしない。ささっていないと表示される。また、古い携帯のW61CAにSIMを入れて確認すると、使える!でも、IS06は認識しない。なぜ!?

やれやれ、また明日ショップに持ち込まないといけないか。

とりあえず今日はwin携帯を使うしかないようだ。
posted by いしのひげ at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

PANTECH IS06購入

昨日、携帯電話を機種変更した。

それが、au、パンテックのIS06。いわゆるスマートフォンだ。詳しくはAndroid 2.2端末かな。
オサイフケータイとか、ワンセグとか、赤外線とか、付いてません。iPhoneの機能にmicro-SDを付加したようなものだと言えば、わかっていただけるかも。シンプルでいいと思うんだよね。

ただし、ezwebのメールが4月まで使えません。Cメールも2月までだめだとか。その代わりにGmailがあります。googleのメールです。私はPCですでに利用してました。そうそう、古いケータイにSIMを挿してケータイメールのチェックはできると販売店の店員は言ってましたが、眉唾でしょう。今のところはメールを送信したことのある人にメアド変更のお知らせをした。たぶん、漏れは多いと思う。

この辺が面倒なんだよなあ。

しかも、古いケータイからmicro-SDにアドレス帳をバックアップして、IS06のインポートする必要がある。今後はgmail側のアドレス帳も更新されるようだから、機種変更してもアドレス帳は簡単に移行できるんじゃないかな?メールソフトが結構どんくさいのと、文字入力がフリッカ入力なので慣れるまで面倒かも。

だけど。

画面がでかいから、画像が綺麗だわ。撮りだめしていた写真をIS06で閲覧すると、こんなに綺麗な写真だったんだと感心する。
動画もHD並みなので美しい。you-tubeからダウンロードした動画も再生してみたが、美しい。今までみたいに3g2に変換する必要もないし、LISMOで放り込む必要も無い。

ただし、IS06のUSBドライバは標準で添付されていないので、パンテックのサイトからダウンロードしないといけない。ここらへんが、また面倒。

それ以外には、アンドロイドマーケットが他のauの機種ほどIS06には用意されないようだ。つまりはauからのアプリだけだけどね。LISMOプレーヤーとかEZナビとかだろうね。
アンドロイドマーケットからは、QRコードスキャナーとmod.Email、AndExplorerをインストールしてみた。

カスタマイズがかなりできるのがうれしいね。

ちなみに画面の上部に簡単設定のメニューがあって、3GやBluetooth,WIFIの使用不使用の設定が簡単にできる。家にいるときは3Gを切って、WiFIにしているのでパケットがまったく不要になる。職場にWiFiがあれば、完全にパケット料金は発生しないかもしれない。ここらへんは今後もチェックしていきたいなと思う。

ちなみに、日記掲載は携帯メールでしていたのだけれど、また設定しなおしのようだ。

面倒やなあ。
posted by いしのひげ at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

成長と年を経るということ

成長。その中にはただ年を経ているだけというのも、含まれる。

本人は成長している実感はない。ただ何年か、十数年かを過ごしただけのつもり。なんら、変わらない自分。やや年をとっただけの自分。

ところが、そんな認識でいれば、周りからとんでもなく冷酷な仕打ちを受ける羽目になる。ひどい扱いを受けなければ、それは極めて幸運か、全く相手にされていない不幸かのどちらかだ。

10歳の少年と20歳の青年、40歳のおじさん、おばさん、70歳の老人が同じようなことをしたら、どう感じる?
いやな感じだとは思わないか。

本人は変わらない。成長していないと思っているとしたら、他人はそういう風景をたくさん見る羽目になる。
馬鹿げているとは思わないか。

年をとること。実はそれだけで成長するのだ。本人の意思とは関わりなく。

毎日冷たく扱われていると感じる貴方。貴方は成長しているから、周りからそう見られているから厳しく接せられる。

私も、ある時期そんな苦しみを感じて生活をしていた。その時はよくわからない。冷たい仕打ちに、孤独を増していく。誰からも愛されないと考え違いをする。

だが、30歳のおっさんを20歳の若僧と同じ扱いはしない。それこそ失礼だ。30歳にはそれなりの礼儀を払うし、それなりの言動を求める。それだけのことだった。

もーちゃんはゆっくりと成長している。一歳を過ぎたが、実質四ヶ月くらいだろうか。周りからは一歳として扱われるだろう。また、彼の体も一歳の行動を期待しているはずだ。体を動かさないことに、体は不満を感じているのだ。全ては絶えず一つ所に留まらないからね。

もーちゃん、前に進もう。
posted by いしのひげ at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

第4期マイナビ女子オープン石橋四段 vs 室谷 1 級

mynavi101220.jpgどういうわけか、マイナビ女子オープン。

ちらりと見て、「校長先生vs女子高生」の戦いだと思った。

石橋四段はLPSA(日本女子プロ将棋協会)の理事長にも就いている。いわばプレーイングマネージャだ。将棋は女子の中でもトップクラスで、かつ書道も達者なのだ。惜しむらくは一般的な美形の範疇に入らないことだけだ。

一方の室谷一級。現在の女流プロへの道はわかりにくい。以前は女流育成会があり、そこで成績を上げれば女流プロになれた。現在は、研修会に参加し成績を上げると女流3級になり、さらに成績を上げると初めてプロである女流2級になる。素人からするとなんだかわかりにくい。
そのわかりにくい道筋で初めて女子プロになった棋士だ。大阪出身で、姉もアマチュアで強豪だ。現役の女子高生なのだ。

一番、目に付いたのはこの局面。

石橋四段が中飛車の55歩に対して、56歩で逆襲。中飛車側には、よく経験する形だと思う。下手をすると55の銀が負担になる。石橋はこの銀を苛めにかかるだろう。

後手は22の角も嫌な形、33角としたい。72の王も82に移動しておきたい。先手に比べると後手は整備したい場所が多すぎる。

12手目42に左銀があがったのだが、これが早すぎたかと思う。先手が25歩と突いていないだけに、私なら72玉としておきたかった。42銀に対して石橋の56歩。相変わらず厳しい。

結果として後手は美濃に囲えず、62銀のおっさん囲い。早囲いともいうのか?そして、58飛に対して33角。後手としては面白くないと思う。石橋四段が下手をしなければ、37桂馬からの攻めで勝つように思える。53歩と叩いて、45桂が両取りというわかりやすい攻めが見える。そして、これが結構強烈。

後手は左桂が使えるとは思えない。左金も遊んでしまいそう。

さてこの後どう挽回するか、中飛車党としては楽しみだね。
posted by いしのひげ at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仮面ライダーダブル、オーズMOVIE大戦CORE(タイトルはうろ覚え)

子供たちが映画に行きたいと言っていた。

そんなわけで、日曜は映画館に行った。映画は仮面ライダー。ほんとは近くにある阿倍野アポロシネマで上映してくれるとよいのだが、そうもいかないらしく、仕方なく八尾に向かった。MOVIX八尾。大型複合施設という奴だ。

映画は不満が残る。ダブルはどうしたんだろうか?ショータロー、フィリップが脇役で、セリフも少ない。吉川スカルの話がメインだった。
オーズはエージは出てくるが、相棒とも言うべきアンクが不在だった。口の悪いアンクは人気なのだ。それでも仮面ライダーバースが登場して、子供たちは満足したようだ。

映画の出来はよくなかった。

映画が終わり食事をして帰宅すると、夜の九時になっていた。ワンカルビに行こうかと思ったがカーナビが道を間違えて、くら寿司は客が溢れるほど待っていて、結果は炭火焼き肉のてになった。のては恐らく野手と書くというのが収穫だ。

帰宅しても、子供たちは興奮気味だ。もーちゃんまで興奮して寝付けなかった。
posted by いしのひげ at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

背教者ユリアヌス 辻邦生 中公文庫

この小説は分厚い。

ページ数が多いというだけでなく、描かれるプロットが豊富で、人々の姿が奥行きを持って顕される。歴史小説にもいろいろあるが、吉岡英治や司馬遼太郎の著作を読めば、やはり分厚いと感じるのではないだろうか。
やや、独白が多いのだが、それを補って余りある挿話に溢れている。ただ、その分ストーリー展開はゆったりとしている。

戦や政だけが描かれるのではなくて、若者の青臭さや偽善、迂闊さ、勘違い、様々な人間の諸相が描かれて初めて人の輪郭が見える。美しさや強さ、かっこうよさだけでできている人間などいない。

さて、お話を読み進めるならば。

舞台は紀元三世紀から四世紀、ローマ帝国である。アメリカ大統領以上の権力を持つローマ皇帝たちのお話が主軸になる。ただ合衆国と異なり、皇帝は終身制で世襲もなされる。

それゆえ、皇帝の親族を巡るお話には悲劇を伴う。

大帝が亡くなり、その子供たちが新たな皇帝に就く。その時、大帝の弟家族はどう扱われるか。兄が存命中ならば皇帝の信頼する弟だが、亡くなれば新皇帝には一番の脅威になる。

それゆえ大帝の死去とともに、皇帝の弟家族は粛清された。
この話の主人公ユリアヌスと兄ガルスを残して、みな殺害された。この話はそこから始まる。

いたいけな少年の運命を悲しみを持って見るか。幸せな日々がいきなり奪われ、家族も奪われ、その理由さえ知らず生き延びる二人の兄弟を応援しながら見るか。権力の恐ろしさとその力を畏怖して見るか。一人では皇帝とはいえ、抗うことさえできない時代の流れ、数多の人々の意志を見るか。

それは読む人、人それぞれだろう。

古代ローマのお話。興味ない。何なのそれ?という方もいるはずだ。

時代に変わりなく、人が生きるとはどういうことかを知るのは面白いと私は思う。

歴史小説なんて真実は書かれない。そうだ。この小説が書かれた時代と小説の中身は不可分なのだ。時代のムードでローマ帝国は脚色されている。それも確かだ。でも、それも小説を二重に楽しめるというもの。

悲劇はイヤだ、というかもしれない。だが、家族を皆殺しにされ哲学だけを人生と考えていた、あるいはそう見えるように真剣に演じていたユリアヌスが、大逆転で皇帝に就く様は快采を送るべきものだ。

いろんな感想はあるのだが、幼くして父や母を失ったユリアヌスにすれば、よくここまで成し遂げられたものだと思う。その一点に戦慄さえ覚えた。
posted by いしのひげ at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

成長、変わらなければ痛みも変わらない

成長する。すばらしいことだが、痛みも大きくなる。前に進まなければ、今までとあまり変わらないわけだが。前に出ていけば、状況は変わってしまう。

将棋でいえば、駒を動かさなければ負けはしない。駒を動かせば、勝ちもすれば負けもする。その前に、繰り出した駒を相手に奪われたり、相手の駒を奪ったりもする。駒を動かせば、状況は変わるのだ。

最近のもーちゃんは、まさしくそんな状態だ。よく言えば、成長した。悪く言えば、発作の形態が変わり、痛みが増した。
それは表裏一体だと思う。成長しなければ、もーちゃんの体は変わらない。痛みの質や発作も大きくは変わらない。成長し、手足の麻痺が軽減したことから、状況は変わったんじゃないかと思う。

以前の点頭てんかん発作は、いわば全身のしゃっくりだ。しゃっくりのように痙攣を定期的に繰り返す。発作が止まった後に発作で引き起こされたしゃっくりをしているのを見て、この発作はしゃっくりそっくりだと思っていた。
それを、一年近く見てきた。

最近は、脳性麻痺でよく見られる引きつれ、痙攣に変わってきているようだ。繰り返し繰り返し起こる発作というよりは、より強い発作に変わった。だから、痛みに叫ぶことも増えた。

マリオネットが操り糸に身を捩らされるごとく、目に見えない操り糸にもーちゃんは身を捩らせる。

ただ、それは全て脳のダメージで引き起こる発作だけが原因ではないと思う。体を動かせないから、血流が悪い。体が強ばる。発作が起こる以上に筋肉がひきつれやすくなっている。
発作が起こり、体を捩らせると、それで筋肉がつるようなこともあるようだ。私も、よくつる体質なので、わかる気がする。

時期的には、体がかなり成長してきた。それにより麻痺が強くみられる。

リハビリや服薬は当然だが、新たな手も考える必要はあるかもしれない。小児鍼も受けているが、一歩進んで電気鍼もそろそろ試してみるのがいいのかもしれない。

父は、せいぜいオイルマッサージで凝り固まった体をほぐしてやるか、抱きしめてやるくらいしかできない。鍼灸院も調べることはできるが、日曜営業でもしてない限り、連れていくことさえ儘ならない。
posted by いしのひげ at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

魔王、最強の悪役の座に



 将棋界の最高位を争う第23期竜王戦(読売新聞社主催)、渡辺明竜王(26)と挑戦者・羽生善治名人(40)の七番勝負第6局が14日から岐阜県高山市のホテルアソシア高山リゾートで行われていたが、15日午後7時13分、渡辺が146手で勝ち、4勝2敗で防衛、竜王連覇記録を7に伸ばした。

 渡辺に続く連覇記録は藤井猛九段の3連覇(第11〜13期)。獲得回数は羽生と渡辺がこれまで6期で並んでいたが、今回、渡辺が最多記録も更新した。優勝賞金は3900万円、対局料は750万円。

 七つのタイトルのうち、六つの永世称号を持つ羽生は、2期前に続き永世竜王の獲得で史上初の「永世七冠」を狙ったが、またも渡辺に阻まれた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101215-00000852-yom-soci



こういうイメージか!

羽生の永世七冠のためにマスコミが集まるのだが、それを渡辺明が阻む展開になっている。

後は羽生から名人を奪えば、完璧な悪役になることができる。ただ、それでもネームバリューは羽生善治に軍配が上がる。
posted by いしのひげ at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

料理、同じ技法、違う印象

先日、久しぶりに肉じゃがを作った。

テレビでケンタローだかいう人が作っていたのを見て、食べたくなった。

彼の肉じゃがレシピはわからない。ただ、作り方はわかる。肉とタマネギを砂糖、醤油、酒で炒め煮にするのだ。しっかり味を付ける。そこへ、水か出汁をいれて薄めてから、じゃがいもを投入するのだ。

一部の具材にしっかり味を付けると、料理にメリハリができる。全体を同じ味付けにすると、薄ぼんやりするのだ。

かやくご飯などは、まさしくそうで、具をミリン、醤油、ごま油でよく炒める。具を取り出してから、出汁でのばして、ご飯を炊く出汁にするのだ。細かく切った具材の場合は特に効果的だ。

後はマリネ。先日、つばすと水菜のマリネを作ったが、つばすはわさび醤油でしっかりもみこんだ。つばすでなくてもマグロでもハマチでもいい。刺身には味を濃くつける。そして野菜はポン酢とオリーブオイルで軽くもみ、刺身をその上に美しく散らす。
ちょうど山芋とろろがあったので、つばすはとろろで和えた。

カレーなんかも、チキンをカレー粉とヨーグルト、醤油にまぶしておいておく。ふつうのカレーに、このチキンが入るだけでインパクトができる。

みな、同じやり方だ。味は違うけどね。

全体には薄味。ポイントの食材は濃く味付ける。このやり方で、結果的には塩分はかなり少なくできるのだ。
posted by いしのひげ at 04:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

Andoroid スレート、タブレット

Android2以降のスレート、タブレット端末を調べた。もっとあるんだろうか?

メーカー、機種名、CPU/OS、画面サイズを記述してみた。

mouse computer
LuvPad AD100  39,800円
Tegra 250 1GHz/Android 2.2
10.1型LED

Camangi
CamangiFM600 価格不明
Qualcomm MSM7227 600MHz/Android 2.2
7”WVGA (800x480)

Samsung
Galaxy Tab 50,358円(DOCOMO割引価格)
S5PC110 1GHz/Android2.2
7”WVGA(600×1024)

WSL Japan
Xvision 37,000円
Tegra250TM(1GHz)/Android 2.2
10.1''(1024×600)

Createive
Creative ZiiO
ZiiLABS ZMS-08/Android 2.1
7”WVGA (800x480) 8GB 24,800円
10”WVGA(600×1024) 8GB 29,800円

SHARP
GALAPAGOS
10”(1366×800) EB-WX1GJ 54,800円
5.5''(1024×600)EB-W51GJ 39,800円
CPU不明/Android 不明

Dell
Streak SoftBank 001DL 93,120円
Qualcomm QSD8250 1GHz/Andoroid 2.2
5''WVGA(800x480)

Acer
 不明

ASUS
eeePad ?

最後に比較対象になるiPadもあげておく。

Apple
iPad 16GB 48,800円
1GHz Apple A4/iOS4
9.7''(1024×768)

この手の機器は画面サイズから、通常のインターネットサービスの利用と電子書籍の閲覧が狙い目になっているようだ。通販の電子カタログなんかもターゲットかもしれない。見ているカタログから直接ネットにつなぎ購入できるわけだ。
さらに進めば、動画カタログ、通販ビデオも閲覧できそうだね。
カーナビとして利用するにも、この画面サイズなら十分だが、どうなるだろう。

ビジネス利用も考えられる。在庫管理だとかに使えそうだね。

結果としては、Dellにはがっかりした。このクラスでDellならもっと安くなると期待する。少なくともMouseのLuvpadくらいの仕様、価格のものになると思っていた。

国産はシャープだけ。東芝、NECも出すようだが、なんとも寂しいラインアップ。各社、国際競争力を失ったからだろうね。
後は、SONYからPSPスレートが出るのを切望する。
posted by いしのひげ at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

電子出版の成否


将棋の世界では、すでに電子出版が大きな話題になっているようだ。


「第1図からの指し手▲3五歩△同歩▲同銀△同銀▲同角(第2図)」というのが電子書籍だと実際に動く図面で見ることが出来る、というのがポイントですかね。

渡辺明ブログ
http://blog.goo.ne.jp/kishi-akira/e/cecedadb8350ce945453cc299a6e6cf7?fm=rss


これって、不思議なんです。

出版物と同じ内容でiPadから提供することもしてほしい。
どうも日本の電子出版の目線は「いいものでしょう?違うでしょう?」と押し付けがましい。

従来の紙ベースのものを電子出版するだけ、それも安価に、というのを避けたいらしい。

といって、こういう将棋雑誌(棋譜再生できる)がいけないというのではない。あくまで、紙ベースの雑誌の電子化も行い、一方で新しい媒体形式も提供していただきたいと思う。

決めるのは消費者だという目線が、日本の産業には欠けている。

だから、国際競争力が落ちていく。


おかげさまで大きな反響をいただいているiPad版将棋世界。
Twitterなどの反応の大きさを見たタナゴ編集長が「これで本誌が売れなくなったら困るよ〜」と慌てておりました。

・・・そんな心配をするぐらい売れてほしいものです。

マイコミ将棋スタッフブログ
http://mynavi-open.jp/staff/2010/12/ipad.html


やはり本誌(紙ベースの雑誌)が売れなくなることを懸念しているのが、ありありとしているのだった。

12月号は230円だから売れるかもしれないが、1月号は600円。誰が買うんだ?と思う。
棋譜再生しないでいいから、200円くらいで販売してくれよと思う。

コンテンツはコピーガードするんだろうし、せめてムーブは許可してくれるんだろうか?
だめだと、iPadが壊れたり、容量が足りなくなったらどうすんだよと不安になる。携帯電話のダウンロードコンテンツと同じで、機種を変えるたびに買いなおすことになってしまう。

売る側は750円で売ってるものを、そんな安くできないと感じるんだろうけどね。そういう考え方や感じ方は、ほんとのユーザー目線ではないんだよ。
posted by いしのひげ at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

シャープは android 端末に社運を賭けたのかもね

シャープ、電子書籍端末「GALAPAGOS」本日発売……コンビニや量販店での取次もスタート
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1434980&media_id=17

シャープはandroid端末に社運を賭けたのかもね。これで雑誌や書籍が安くなるなら、いいが。

TSUTAYA GALAPAGOSでは。
日本経済新聞 電子版月額4000円。スポニチ月額525円。
サンデー毎日300円/冊。

スポニチは安くなるようだが、なんだかほとんど書店で買うのと変わらないじゃないか?

こういうのはハードウェアの機能や性能なんかよりも、コンテンツをどれだけ多種に安く提供できるかにかかってるはずだよ。雑誌なんて、60円くらいでいいんじゃないのか?新聞は30円とか。通常の5分の1でいい。とりあえず読んでみる気になる値段が問題だよ。コピーガードするんだろうし。

印刷や輸送コストや在庫コストがかからないいんだから、通常出版物よりもかなり安い設定をするべきだろうね


そいう魅力がないと、電子書籍にシフトしていくことはないんじゃないか。

アメリカでKindleが成功したのも、通常の書籍より割安だから。新聞は月1000円くらいだし。新刊本も800円(10ドル)程度。雑誌は月120円。
iTunesもよく似たものだと思う。

やすくて手軽だから、電子出版にシフトしたんだよ。
posted by いしのひげ at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

25年、30年のめでたい話

先日、大阪京橋のラウンジJJという店が25周年記念をしていた。25周年、四半世紀はかなり長い。

私が行き始めたのは20年前のことで、東京姫路転勤時代や結婚後の合計10年ほどは私は通ってなかった。ま、それでも10年くらいのマスターとのつきあいだ。
こちらが勝手に懇意にしているだけなのだが、同い年でいい奴なのだ。悪ふざけにもつきあってくれる。それだけで、遊びに行きたくなる。

だが、実際には、私が彼の立場なら、かなりうんざりするだろう。100人も200人もなれなれしくする客を覚えないといけないからね。仲のいいきゃくもいるだろうけど。
こちらは一人。相手からすれば大勢。
私の父が教師だったから、そういう仕事はきつく思えるのかもしれない。

夜の仕事は体に堪える。それを25年だ。

めでたいことだ。

さて、話は変わり。

友人Kが結婚する。彼とは知り合って30年になる。同じ高校に通っていた。

京橋のチーフより長い昔に知り合ったわけだ。人付き合いの嫌いな私に、今もつきあいがあるという人の中でもKはとりわけ古い。

彼の結婚は初めてではない。10年以上前に離婚している。私の勝手な記憶では、子供が産まれた後、Kが糖尿病を患い別れたということにしている。ええ加減な私。

同じ高校を出て、彼は現役でOPUに、私は一浪でOPUに入学した。大学祭実行委員になると、Kは委員長だった。腐れ縁と呼ばれそうだが。
卒業後は盆、正月などに同じ高校の同級生を集めては、集いを催している。

製薬会社で働き、本人も持病を持ち、医療関係者に知り合いが多いという私の勝手なK像から、医療関係についてはよくアドバイスをお願いしていた。
私の結婚披露宴にも出席を願った。スピーチも賜った。ありがたい友人である。

貸しはこれっぽっちもないが、借りはたくさんある友人である。

お相手も糖尿病を患っておられると聞いた。それゆえ結婚に賛同を得られず、苦労したようだ。

今週末、婚礼と聞いた。

めでたい話である。
posted by いしのひげ at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

11月の禁パケと禁煙

携帯電話。

11月使用分の請求金額が 4,386円になった。

今月からはauのプランEシンプルになる。基本料金1,095円だから、どこまで下がるか?
購入を予定しているスマートフォンは新規契約の方が安くなりそうだから、2台持ちになるかもしれない。そのためにも、こちらは安くしておく。

禁煙は継続中。ただし、夢の中でかなり喫煙している。パイプたばこやきせるタバコを吸う夢も見る。実際、パイプやきせるならそう値上がりしていないようだ。
posted by いしのひげ at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

いろいろとへこむ日々もある


いい話から。

どうやら、もーちゃんの保育園受入が決まりそうだ。妻が奔走した甲斐があった。

11月はリハビリや定期健診の上に、もーちゃんの保育園の申請と産後医療制度の申請、小児慢性特定疾患の延長申請とかなり煩雑な事柄にふりまわされた。その中でも、とにかく初めての保育園とのお話は難渋したのだった。

保育園側の受入までの検討はわからないわけではないが、申し入れは11月のはじめにしたのに結局は11月終わりまで回答がもらえなかった。特にもーちゃんの主治医の話を聞きたいと言われ、病院の療育相談室を利用して保育園と主治医が話をした後でも、受入するか否かの回答がなかった。

正直これにはきれたので、他の保育園に話をできるよう福祉担当に連絡を入れた。

主治医は緊急搬送には遠い総合医療センターではなく、身近な病院に話をつけてくれ、救急受入先は保育園から10分以内の病院に決まった。病状についての電話での問い合わせ相談も引き受けると答えた。その上での回答待ちだった。

医療機関は短期間にこれだけの対応をしたのに、保育園は回答を引き延ばすばかりで、正直困りますと福祉担当に告げた。断るのであればそれも構わないですよと伝えた。ダメなら次を当たるだけなんだから。

何がどうなったのか、その後保育園から受入の回答を得た。

来春、何事もなければもーちゃんも保育園に入所だ。

さて、悪い話。

まずは、大したことのない話。
infoseekがフリーのホームページサービスをしていた。私も利用している。

それが、どうやらサービス終了したらしい。

結婚前から引越までの数年間をブログ形式で記述していたのが、消失した。

ほかの情報を検索していて、リンク切れが多いなと思ったら、そういうことらしい。

無料なんだから文句言うなという乱暴なご意見は漏れ聞く。企業は信用はできないと改めて感じる。信用できないような行為をする企業には重税をかければよいのだ。楽天さん。

無料とは言っても、この手のサービスでは広告表示をして少しは回収する。また、アクセスを増やすことで会員を増やす。会員が増えれば、アクセスはさらに増え、広告料もあがる。

たぶん。みなさまもリンク切れしたホームページをたくさん見つけるかもしれません。作者が削除したか、管理者が削除したか、企業が好き勝手したかが原因かもしれません。

話は変わり。

にゃあちゃんがイヤイヤ病になっている。もーちゃんが夜泣き、昼夜逆転生活になっている。などと疲れる状態だった。
件の保育園申請も疲れの一因だった。

その朝もまた、にゃあちゃんがイヤイヤ。お返事はするように特に言うのだが、J吉と違って頑固娘は返事をしない。元々挨拶やお返事をしない子なのである。

叱っているうちに、いらっときて着替えを探していた手を強く振ってしまった。もーちゃんの額をGパンが直撃。

ほんとに、悲しい。

褒めてあげたいのになかなか褒めてあげられない。お返事をするだけでも、誉めてあげられるのに。ダンマリではどうしようもない。

そうして、娘の額に傷をつけてしまう。

悲しい。額から血が流れるのを見て、とても悲しくなった。

止血して押さえながら、へこむ。J吉やにゃあちゃんに服や布を振り回してはいけない。投げてもいけないといい続けていた私が、これだ。

朝市の仕事があり、病院の付き添いは妻にお願いした。ひどいもんだ。

仕事から帰宅し、娘のおでこに貼られた大きな絆創膏を見て、泣きたくなった。

ごめんね。ほんとに。

傷が残れば、一生恨まれるだろうね。
posted by いしのひげ at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

検索ワード


http://searchranking.yahoo.co.jp/ranking2010/area.html

検索ワードベスト10なのだが、地域別が面白いね。

「沖縄のベスト10」
1 沖縄 地震
2 台風情報
3 甲子園 速報
4 黄砂
5 台風7号
6 津波情報
7 気象庁
8 台風14号
9 沖縄気象台
10 泡盛百科

台風ばっかりかいっ!

大阪
1 地震速報
2 マダム小阪
3 醤じゃん
4 下村早苗
5 京橋 火事
6 榎田大樹
7 香里亭
8 大原ハム工房
9 あいやさい
10 南方英二

10位の「チャンバラトリオのかしら」がらしいっちゃ、らしい。
「榎田大樹」も阪神のドラフト1位。らしいっちゃ、らしい。

プロ野球球団名はランキングしていなかった。認知されているからネット検索はしないのか?

Jリーグ関連は以下のとおり。山梨はヴァンフォーレ甲府だね。J1昇格した。
長野は予想外だったが、松本山雅FCかな。

山梨 1 J2 速報
長野 7 JFL 速報
山形 10 モンテディオ山形
鳥取 4 JFL
5 ガイナーレ
熊本 8 ロアッソ熊本

ちなみに将棋棋士の名前は1つもなかった。島根は「里見 香奈」があるかと思ったのに。
posted by いしのひげ at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

寒さと体の柔らかさ

寒くなってきた今日この頃。11月も終わろうとしているのだから、当然至極なのかもしれない。

深夜、もーちゃんの体をさすりながら思う。

筋肉が強ばると、血流が悪くなる。血が流れにくいと、老廃物がたまり、またその部位の体温が下がり、冷える。冷えると、筋肉が痙攣を起こす。痙攣の痛みが起きると、痛みを恐れて体に無駄に力をいれてしまう。さらに、筋肉が強ばり、、、
連鎖反応だ。今時の言い方では負のスパイラルか。螺旋降下だな。

単なるテンカン発作だけが、もーちゃんの発作じゃないよ。

一番のポイントは体を自発的に動かせないということ。そこがすべての始まりなわけだ。動かない。すると体が冷える。さらに動けなくなる。冷えが高まれば痛みに変わる。またさらに動けなくなる。大人でも経験のあることだろう。

そんな時は、風呂で体を温める。

また、マッサージを受ける。

あるいは、鍼灸をしてもらう。

いろんな方法がある。

だけど、それは一時凌ぎでもある。風呂やマッサージ、鍼灸で温めて柔らかくした筋肉は、筋肉を強ばらせていた原因により再び痛めつけられる。根本のところを解決していないから、再発する。

体を動かして温めるのでなければ、動かないことから冷えていく連鎖は止まらない。だから解決には至らないということ。

右を見たり、左を見たり、上を向いたり、下を向いたり。立ったり、座ったり、寝ころんだり、はいはいしたり。笑ったり、泣いたり、大きな声を出したり、歌ったり。体を動かすことで、体を温め柔らかくすることを目指そう。

強ばった体を動かすのは難しいし、痛いから、そんな時は風呂やマッサージ、鍼灸でほぐしてから、運動するんだ。

何事も簡単な解決法はない。
posted by いしのひげ at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

障害児の保育園入園申請


障害児保育の申請のために、第一希望の保育園を訪ねた。園長と話し合う。もーちゃんの病気に対しての知識がないために保育を引き受けられるのかどうかわからないと言う。

元々はJ吉やにゃあちゃんが通う保育園でもーちゃんを引き受けてもらえないか伺ったのだが、断られた。保育園によってはそういう回答があることは予想していた。国や自治体は障害児保育を行っている。そういう建前になっている。が、現場で引き受けられないと断ると、無理矢理保育してくれとは言えないだろう。

保育園は幼児教育の場という建前なのだが、実際には保育に欠ける理由が必要で、通常は母親が働いているために保育の肩代わりを行うことが多い。また、障害児の保育も本来は健常者の保育と必ずしも異なるわけではない。保育に欠ける理由があるのであれば、障害児も差別されることなく保育園が引き受けるべきだとは思う。

なぜ保育が必要なのかといえば。

私の両親は他界しており、妻の両親は京都在住で、私たちの住む大阪とは離れている。また、妻の母は1級の障害者である。上の二人が病気になったり、いろんな用事をこなす上で、妻がもーちゃんを見ることができないという状況は生じる。そうなると家族構成から、誰かに子供の面倒を見てもらうことはできない。そうすると、私が仕事を休むことになる。
ここ最近の経済情勢がよいわけではない。仕事を休めば、少ない収入がさらに少なくなり、仕事自体も減ることになる。そういう事情であるから保育は必要と感じている。私が仕事ができなくなる。だから保育の支援を必要としている。ママが働くために支援してもらえるのであれば、パパが働くために支援してもらえるだろうということを期待する。

また、もーちゃんは生後3、4ヶ月の赤ちゃんと同じ状態で、そういう手のかかる幼児を1年間妻は見てきた。
来春まで保育園によるサポートがなくても辛いだろう。経験のない人にはわからないかもしれないが、寝る時間が規則正しくない時期の乳幼児の世話は大変だ。人間は自分のペースで行動できないと強いストレスを受ける。
ただ、来春には少しは負担が軽減できるなら、それまでの我慢ならば妻もしてくれるかもしれない。

現在は役所の福祉担当に紹介してもらった保育園の中で一番近いところを第一希望にしている。

近いということは大事なのだ。来年J吉は保育園の年長で、再来年は小学校だ。そうなると、J吉小学校、にゃあちゃん保育園、もーちゃんは今回希望している保育園と3箇所の送り迎えになるかもしれない。少なくともJ吉は8時半までに登校しなければいけない。あとの二人はその後に送り迎え。遠方の保育園となれば、登園が10時とかになってしまう。
J吉やにゃあちゃんは年少、年中組なので、友達も多くなっている。今更保育園を変わるとなるとさびしい思いをさせる。どんなものだろうか。

話は変わって。

ウェスト症候群という病名を聞いてどのように想像するのだろうか?

申請している保育園の反応が過剰なものに感じられる。確かに保育園としては預かっている間に子供が死んだりしたときの責任を恐れているのだろう。だから、私には保育園は断る材料を探しているように見える。どうにかして、病変により突然死しない子供以外は引き受けないようにしたいのだ、と見える。

保育園にとっては残念ながら、ウエスト症候群では死なない。もーちゃんの主治医に始めて会ったときに既に私はその質問をしたのだ。「この病気は命に関わりますか?死んだりしますか?」と問うた。
ただし、ウエスト症候群の患者の中には、他の症状や病気で亡くなる人はいる。自発呼吸できなかったり、嚥下できなかったりする場合には、チアノーゼを起こして呼吸停止することもあるだろう。だが、もーちゃんはそういう症状はない。

保育園にそう伝えるのだが、主治医に会って話を聞きたいと言う。

恐ろしく偏見の強い人たちだ。

彼らは偏見ではないと言うだろうが、まさしくこれが偏見なのだ。

私たち夫婦は、もーちゃんの体調が悪ければ保育園に連れて行かないし、体調が悪くなれば連絡をいただき迎えにいく。それは上の二人の子供でもしていることだ。保育園に子供を預ける親としては当たり前の行動である。
もーちゃんが保育園に預けられると考えるから預けるのであって、無理なものを押し付けるわけではない。もーちゃんの体調が変われば保育も変わる。保育園と相談しながら、進めることになる。

繰り返し、繰り返し、説明をした。

健常者であれば、ここまで煩雑な保育園の申請にはならない。J吉やにゃあちゃんの申請は簡単だった。
私たちはそれを知っているのだ。健常者と障害者の保育申請の違いがわかる立場にある。そのために、強い差別を知ることになった。

関係者は偏見ではないと言うだろうが、これは偏見なのだ。

もーちゃんは何故にここまで嫌がられねばならないのだろうか。

死ぬ可能性もない、ただ時折泣き声をあげるだけの乳児状態のわが子を引き受けられないというのであれば、保育園はどこの子供を引き受けられるというのだろう。叫び声をあげ走り回るということもなく、ただ横になっている。呼吸が止まることもない。発作で心臓がとまるわけでもない。誰よりも死ぬ危険はない。誰かに伝染する病気でもない。
生まれたときにトラブルにあい、呼吸停止し、発達障害の症状になった。それだけなのだ。

親としては子供たちの生活のためにも、保育を受けられるように努力する以外にない。

妻にはしんどい時がまだまだ続くのだが。
posted by いしのひげ at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

加湿空気清浄機の購入

pht_products_00.jpg
ダイキンの空気清浄機「うるおい 光クリエールACK75K」を購入するつもりだったが、ここにきて値段が上がったので、「うるおい 光クリエール MCK65K」を買った。前者は冬らしくなってきたためか、値段が3000円くらい一気に上がった。後者は19,700円だ。

以前に使っていたのはSHARPの清浄機でフィルター交換が必要だったり、加湿機能がなかったりで、しかもダイキンのよりも高価だった。最低でも3万円。それでいてパワーも不足だった。今回のダイキンマシンは25畳の集塵機能と、フィルター寿命10年間でまず十分だと思った。

SHARPは居間で使用、寝室ではダイキンのを使う予定。

子供たちは寝苦しいと寝不足になって、結果すぐに発熱するからね。

今年はいろいろ購入しているよなあ。除湿機を買って、加湿空気清浄機を買うのは、滑稽な感じもする。もう少し育てば、うがいやら他の対策もできるし、スチーマも買っているので、加湿空気清浄機は不要かなあなんて思ってたんだけどね。除湿機は部屋干しですごく重宝しているようだ。だけど、就寝時は使わないように妻にお願いしている。

さてさて、また何か買わないといけなくなるんだろうな。
posted by いしのひげ at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。