2009年04月28日

中井広恵女流六段の500勝


すごいねえ。将棋に興味ない人には大したことと思わないだろうけれど、すごいことだよね。

39歳になる彼女。1969年6月24日生まれだから、まもなく40歳。1981年にプロ入り。11歳10ヶ月だよ。それから28年。女流名人を9期。先日も天河戦でタイトルを奪取した。

母としても3人の子を育てている。妊娠、出産、子育てを3度繰り返しての500勝。すごいわ。

そして、2007年LPSA(日本女子プロ将棋協会)設立に関わり、代表理事になる。日本将棋連盟や女流棋士会との間にいろんな問題が生じて苦労しただろう。その上での500勝。すごいわ。

最近の写真を見ると、勝負師というよりも「おかあちゃん」というように見える。いい意味で懐が深い滋味深い印象を与える。

すごい女だわ。

posted by いしのひげ at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | SHOGI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

将棋倶楽部24の終わりの始まり


おいおい。

久しぶりに将棋倶楽部24に行ったら、とんでもないことになっていた。


★東京大阪近将道場障害
  しばらくお待ちくださいますか?
★満員3000人でも入場できる会員:
 満員で入場できない。お金払ってもいいので入場したい。今まで沢山のメールを頂きました。「満員3000人でも入場できる会員」を月額10円〜10万円くらいで募集する予定がありましたが、まだいつになるかわかりません。大変ご不自由をおかけして申し訳ないです。
 本日より実験的に入場者制限を3000人以上にしてあります。

24は日本将棋連盟サイトです

http://www.shogidojo.com/


東京道場にゲストでログインすると、確かに接続障害になる。

日本将棋連盟サイトになるまでは、こんなことは経験しなかった。

しかも、有料化する旨が記述されているような、ないような。曖昧な文章が掲載されている。

だとすると、接続障害ではなく、わざとサービスを停止しているのではないか?課金システムを組み込んでいるので、その作業中なのでサービスを停止していると感じる。

無料で、いろんな場所にいるマナーのよい人たちと指せる場だったのにね。24の終わりは始まったわけだ。

このサービスを立ち上げた方はどんな気持ちで見ているのだろうか。手放した時点でこうなっても仕方ないと観念されていたのか?元から有料としたいが、難しかったので嬉しいと思っているのか?
自主運営されていた日々を思うと、ただ感謝するだけだ。

感謝。
posted by いしのひげ at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | SHOGI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

将棋、ショーギ、 SHOGI

将棋関連をWEBサーフィン(死語)していたらいろんなページに出くわす。


一将棋ファンのヘボ将棋指しで、関東在住ではありませんが、見過ごしには出来ない事実が 将棋工房「御蔵」のブログ で公表されましたので、リンクを貼りました。 是非 御一読下さい。

http://blog.goo.ne.jp/dankai-sedai/e/e8beb7e7d5acf6af3045ab128911c04a



もっと連盟を好きになりたいわけですよ、将棋が好きなファンは。

http://blog.goo.ne.jp/nanapon_001/e/dcd2549685a05cc41f0cead3978c6571



ちょっとあんまりなので

http://d.hatena.ne.jp/harapekoao64/20090417/1239918100


このページにリンクされていたのが下のページ。


(前略)

昔の私、特に石川遼くんの頃の年の頃の私は、


 ■ 人間の成功は、仕事の能力で決まる


と思っていました。

(中略)

人間関係を良好にするという考え方ですが、
このことを


 ■ 角が立たず、当たり障りないようにしていくこと


と思い、自分を押し殺していかなければいけない、と思ってしまう人が少なくないようです。

(中略)

つまり、自分を殺すのではなく、


 ★ 自分も相手も活かすようにするにはどうしたらいいか


という事を、常に忘れずに人と付き合い続ける、という事が大切なのではないかな、と思うんですよね。

(以下省略)

http://www.mizunohiroshi.com/archives/798877.html


将棋連盟さま、敵をぶっつぶすことばかり考えていては、トン死するよ。利害が一致しないだけでしょ。

専門棋士の皆様、だんまりを決め込むのは如何なものでしょうか?

ファンはただ将棋が好きなんだよなあ。

ただそれだけ。

だから、日本将棋連盟のすることに心を痛めている。
posted by いしのひげ at 05:28| Comment(0) | TrackBack(0) | SHOGI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

ちゅう太 どうした? 上野五段 19 日ぶりのブログ更新


いきなり、プロ将棋棋士の上野裕和五段がブログで将棋解説を始めたようだ。ブログ更新も滞り勝ちだったのに。どうしたんだろう?


割と珍しい序盤。
後手としては、先手の狙いを察知して、作戦負けしないようにする必要がある。


1図での先手の狙いは、▲2五歩からの一歩交換。
それを防ぐには、

1 △4四歩と止めて、▲2五歩に△3三角を用意する
2 角交換して△4二銀と上がる
  (▲2五歩に△3三銀を用意する)

の2手段がある。

http://blog.goo.ne.jp/chuuta0413/e/f1ef486f1486a6a12f58bc528f6c9bca


7手目。本当に本当の序盤で、将棋の対局ではいろんなことを考えているのだということを解説している。

将棋の上級者からすれば、なんだこんなことというレベルかもしれない。しかし、プロが長考に耽る時にはこんな風に考えているんですよと例示してくれているように思った。
名人戦の長考にインスパイアされたのかな?

できれば、手以外のことを考えているときもあるのか? だとすれば、それは何? ということも教えていただきたい気がしているのだが。

見る側は、将棋だけを考えて見ているわけではないと、思うのですよ。
posted by いしのひげ at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | SHOGI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

名人戦第二局 またも、郷田九段の長考

4時前から6時過ぎまで、郷田九段が第一局に続いてまたしても長考。

この方、本当に考えるのが好きだなあ。

矢倉の33桂跳ねなので、素人には簡単な手に見える。33銀だと、35歩からの攻めで25桂馬で銀に当たるから、33桂馬とする。
その前の85歩は73に桂馬が跳ねられなくなるから、私は考えないなあ。どこかで93桂馬と跳ねるのがプロの手なんだろうね。

郷田九段は9筋から攻める準備ができてきた。

名人は65歩として、66銀か?

2009Meijin2.swf
posted by いしのひげ at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | SHOGI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名人戦第二局はじまる


名人戦と言うと、将棋の権威あるタイトル。

残念なことに最近は悪いイメージに染まっている。朝日と毎日を天秤に掛けて名人戦問題に発展した。また最近では2チャンネルで話題になっている「三浦三崎まぐろ名人戦」もあった。

こちらは、日本将棋連盟が三浦支部が主催していたマグロ名人戦で、LPSAが協賛するのであれば将棋連盟は後援を降りる、三浦支部を除名すると警告したというお話。


三浦支部について
更新: 2009年4月17日 18:32

 三浦支部についてご説明させていただきます。

 マグロ名人戦は三崎マグロ大会実行委員会(元連盟三浦支部)が主催し、神奈川県支部連合会と将棋連盟が協力している32回の歴史ある大会でした。
 しかし、女流棋士会が分裂後、この大会はLPSAが協賛となり永く協力してきた日本将棋連盟に対しては「後援」、LPSAは協賛という扱いでした。

(以下略)

http://www.shogi.or.jp/topics/news/200904/post_180.html


これは実は17日の時点では「三崎支部」と書かれていた。が、修正したにも関わらず17日のままになっている文書だ。

まともに情報公開する気がないのなら、日本将棋連盟はホームページは使わない方がいいよ。

また、この件についての補足説明はマグロ大会に関与した経験がある棋士のブログでさえなされていない。

いい話がマイナビ女子オープンで聞けたところだったのに(岩根女流の出産休暇でタイトル戦を延期するという話)、名人戦という単語は将棋界にとっての鬼門になりつつあるということかしら。

さて、郷田vs羽生の第2ラウンドは、またしても矢倉。

一昔前のタイトル戦を見ているようで、懐かしくもあり、楽し
くもある。

俺が強いんだ、いや俺が一番だと言い合いしているように見え
る。相手の裏をかく作戦を練るのではなく、力比べという感じ
が矢倉にはあると思う。

一瞬の間違いでグダグダになるのが矢倉だと思う。
それだから、見る側はハラハラドキドキする。

33手目まで、かなり指し手が速い。
posted by いしのひげ at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | SHOGI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

矢倉って、本当に面白いですね

名人戦第一局が終わった。

相矢倉で後手番の羽生名人の勝利。

矢倉は駒が連動しやすいから、深い読みがないとあっと言う間につぶされる。
上手い人が指すとぷよぷよなどのゲームみたく駒が連動していくのだ。

73飛車のあたりでは、郷田九段がいいように見えたが、 羽生72歩で一気に郷田玉が危なくなったのにはびっくり。先手の入玉が難しくなり、後手玉に対しては先手竜の動きを止めた手だ。

終局図を見ると、なんでこんな形になったんだ?と悩む。
posted by いしのひげ at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | SHOGI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

27 手目、3時間26分の指し手

2009 名人戦第1局.jpg
いくら持ち時間が9時間あるとは言え、27手目で郷田九段が206分考えた。

まだ序盤。相矢倉の序盤だ。

しかも素人から見れば、68角しか目に映らない局面で、ひたすら考えていた郷田。昼休憩を挟んでのことだから、4時間以上局面が止まっていた。11時過ぎから長考し、指したのが16時前のようだ。

長いねえ。

こんなに長い時間どうすればいいんだろうか?

しかも68角にひいたのだから、何を考えていたのか?さっぱりわからない。

素人にはきつい。

封じ手までに駒がぶつかることはないかもしれない。

しかし、郷田氏は予想外の一手が飛び出すタイプではないから、封じ手はわかりやすいかもしれない。となれば、羽生名人が封じるのを期待するところだね。
posted by いしのひげ at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | SHOGI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

マジックと本格派の名人戦

Jリーグは予想外なチームが健闘している。プロ野球も始まった。これまた、楽天が調子よい。

昨夜は阪神が負け試合をひっくり返した。メンチフライが初ヒット、初打点。期待できない選手だけどね。彼は不器用。中村紀洋より不器用な感じがする。
右に打てない右打者は日本では活躍できないだろうね。

さて、明日から将棋の名人戦七番勝負。
羽生名人四冠と郷田真隆九段の勝負だ。

郷田氏は、若くして一流に名を連ねたが、名人には手が届かない棋士。A級に定着したのも最近のこと。指し手は本格派といわれる居飛車党。
だが、意固地な印象があり、丸山との勝負は角換わりばかり指している。不器用なんだろうね。別な表現をすれば、無骨だ。

さて、
魔法使いと無骨な本格派の名人戦はどんな絵を将棋盤上に描くだろうか?
posted by いしのひげ at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | SHOGI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

女流棋士の誕生と引退と


伊藤 明日香女流1級が3月31日に引退した。27歳。降級点規定が理由ということで、成績不振だと引退となるんだね。若いのに。
http://www.shogi.or.jp/topics/news/200904/post_174.html

一方LPSAではツアープロが誕生した。3月20日。渡部愛。15歳。またまた若い。女子アマ王位の成田弥穂がツアープロになるのかと思っていたが、そうではなかったようだ。
http://joshi-shogi.com/lpsa/news/news_090330.html

全く新しいタイプのプロ棋士が誕生した。

これは将棋の世界では、革命的なことだと思う。

日本将棋連盟所属でもなく、またLPSA所属の女流棋士でもなく、プロ棋戦に参加するプロ棋士。LPSA公認だが、LPSAを構成するわけではない。

まったく新しい形が本当に実現した瞬間なわけだ。

棋士を目指す男性にも、こういう形式が提供される可能性は当然あってしかるべきだ。

さて、どうなるか?

専門棋士にならなければ、プロ棋士になれない。日本将棋連盟の正会員でなければ、プロ棋士でない。そういう縛りは不要ではないのだろうか?

あるいは、規定により引退した棋士のプロ復活もありうるのではないか?

さて、どうなるか?
posted by いしのひげ at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | SHOGI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月31日

プロ将棋、後手勝率五割超える

面白いニュースだ。


将棋の2008年度の公式戦は、後手番が勝ち越した。日本将棋連盟が1967年度に統計を取り始めて以来、初めてのケース。主導権を取りやすい先手番が少し有利という状況が40年余り続いてきたが、この1年は逆の結果が出た。

 08年度の公式戦は30日までに2323局あり、後手番の1167勝1156敗(勝率5割2厘)。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090330-00000132-mai-soci


プロの将棋で年間成績で後手が勝ち越したという。

アマの私レベル(級位者)だと、元々後手の勝率は先手よりもよい。先手と後手で採用する作戦が異なるからだが。
私は、中飛車が好きなのだが、先手中飛車ができないだけだ。先手だと矢倉か対振飛車急戦になるから、よく負ける。

プロでは、昨年の後手番の作戦が優秀だということになるのだろう。
posted by いしのひげ at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | SHOGI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

33角 かあ、すごいね

棋王戦の再開手は33角だった。

予想もしなかった。交換した角を元の位置に据えるようで、もったいない気がする。
が、佐藤玉を睨む好位置で、66銀打が取れない。

久保八段らしいさばきで9筋を攻めて、
飛車角交換から詰めろがかかる。

しびれたかと思ったが、佐藤の74歩がまたいい。久保が75歩と角の退路を用意したその空間にまた、歩を打った。打たれてみると、悩ましい。
角を引く用意をしたのだから、74角でどういうこともない?んじゃない。

しびれる展開だ。

結果的には、久保八段の端からの攻めに対して佐藤棋王の攻めが間に合わず、61飛車からつめろをかけるが届かなかった。

74歩あたりは巻き返したように思ったが、久保の96角がよい手だったようだ。佐藤玉が右辺に逃げられなかった。


これで、久保八段は棋王になった。久しぶりに関西にタイトルが来た。そして、振り飛車党にも。
posted by いしのひげ at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | SHOGI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

棋王戦第 5 局 佐藤棋王 vs 久保八段

現在昼休憩中だそうだ。41手目77桂馬。



居飛車対中飛車。銀金金のなんという囲いかわからない佐藤と2枚銀冠の久保。6筋の位を佐藤はとっている。

この局面。私だと、歩があれば75歩から76歩、56歩と飛車先の歩を交換に行く。あまり考えなしにやっていく。そして、陣形を崩してから39角打ちだ。

もしくは、33桂馬から、21飛と向い飛車に振る。そして、25桂、同飛なら24歩、25歩と飛車先逆襲を狙う。

佐藤棋王相手だと、話は簡単ではないだろう。

中央が分厚いから、56歩や向い飛車を狙うのは効果的ではないのかもしれない。

久保利明の華麗なさばきに注目している。また、佐藤康光らしい手がひねり出されるのも楽しみだ。

歩を手にした時点で、私などには思いもしない手筋が繰り出されるのだろうか?

佐藤棋王からの18角打ちが、いずれ炸裂するか?
posted by いしのひげ at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | SHOGI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

残念で哀れな日本将棋連盟と専門棋士たち

今の日本は内部告発などにより、よりクリーンな社会に向かっているのが通常の認識ではないか?海外メディアが様々な国々で情報を遮断するできごとが報じられるたび、日本はよい。と感じるのだ。

事故米などの問題でも迅速な報道があればこそ、社会生活を安心しておくることができる。

それに対して、プロの将棋世界は逆行した行動を疑問に覚えないのか?ネットの世界だけではあるが、失態を犯して有料聴衆者に不便を与えても、詳細な情報やお詫びの言葉が将棋連盟のホームページには現れない。
反って、ネット中継はなんら関与しておりません。私どもは責任はございませんと言うだけだ。

例えばプロ野球中継でアナウンサーが不在で中継に空白が生じた場合、確かにチームには責任はないだろう。だが、それが度重なれば、事情説明する責任は球団にも生じるのではないか?
せめて何があったかを問い合わせ皆様に報告いたします。位は言うのではないか?

当然中継する側も、「排除された」と言う前に、「皆様にご迷惑をおかけしました」と言うのではないか?


松本博文米長邦雄問題8で中継記者ごとげん氏の書き込みについて触れた。その動きに合わせるように、[読書][将棋]みるにみかねて暗躍(★さやかの梔子(KUCHINASHI)ブログ★)というエントリーが立った。

松本博文米長邦雄問題9


例のサイトで面白いエントリーが紹介されていた。
はじめは面白いと思った。


さいきんブログやコメント欄などで「なぜ、名人戦中継以降のゴタゴタについて棋士は何も言わないんだ! 絶望した!」という意味の文章をよく見かけるのですが、それはちょっと違うと思うのですよ。

今回のアホな意味不明の喧嘩は、インターネットをやっていない将棋ファンが知る確率はゼロ%ですよね?

(インターネットをしている人から聞くのは除いて、自力で)

ネット内部だけの、理不尽でお互いに得な事が何一つ無い不思議なゴタゴタです。ファンによる『将棋世界はもう買わない』『こんな日記を書く会長はリコールすべき』などという書き込みもあり、事件が知れ渡るほどにどんどん棋界の価値が下がっていることにどなたも異論はないと思われます。

さて

そこであえて“事件のことをまったく知らない人”にこんな騒ぎを教えるのは、棋界にとってプラスでしょうか? マイナスでしょうか?

私のブログに来る人はほとんどが“インターネットをやっている将棋ファンのかた”です。

みるにみかねて暗躍


読み進むと
どちらかと言うとプロ将棋界側の方の文章だと思う。
お客の視点を忘れた意見は将棋界特有だとも思う。


という人たちにあえて『でも裏ではこの世界は、嫌がらせや圧力があって、記者が逆ギレしてね。そしたら嫌がらせしていた人たちが仕事中に追い出しちゃってさぁ。いや、どっちも当人の言い分で本当に何があったかなんて分からないんだけどねー』と教えることに意味はあるのでしょうか?

ただでさえ“棋戦のスポンサーになろうと思ったけれど今はちょっと”と言われていますのに。


こうなると、臭いものにはふたをする。と言うのが当たり前だという論理になる。ネット利用者は一部だと言いながら、ネット利用者の目に触れるのは日本将棋連盟には不利益だと言う。

ネット中継はネット利用者が視聴しているのだよ。

新聞の棋譜だけを利用している人はいくらいるのだ?10年後、20年後にネット利用者はいなくなると思っているのか?

ネット中継はネット利用者が視聴しているのだよ。

そして、確実に増えていく。

ただし将棋が面白ければ、だが。

そして、中継が不愉快でなければ、だが。

私は記者が追い出されたことよりも、中継当日にそういうことをする神経を疑う。記者と連盟が喧嘩するのは好きにすればいい。有料中継に金を払って見ている人たちに迷惑をかけることをなんと考えているのか?

実際に、中継が止まったことがあるだろう。

ネットで起こったことをネット上で謝って、どこに不都合があるというのだ。非がないなら事情説明をするのに、不都合はあるか?謝罪を新聞紙上に掲載しろという話ではない。

事故米を食用米で売ったけれど、なかったことにしておこうというのと代わりないではないか?

詫びる潔さは棋士にはないのか?
「負けました」と言って自分の負けを認めるのではないのか?
駒を投げて「なかったことにしよう」というのか?

周り(記者など)が代わりに説明しているだけで、連盟も棋士個人も遺憾の意を表することもしないでよいと、本当に思っているのだろうか?
こんなことで、ネット事業を展開するなどと言うのは茶番だよ。

ネット中継で、なにかことが起こっても私は知らない。責任ない。説明責任もない。第一、中継で利益を享受していない。誰が中継されているのだ?公園で将棋を指しているおっさんの棋譜なのか?棋譜に誇りもないのか?
そんな不誠実なネット事業はやめてもらいたいものだ。

これまでのネット中継がすばらしかっただけに、哀れさを感じる。
posted by いしのひげ at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | SHOGI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

封じ手は46角? 58期王将戦第7局


予想外な横歩取り85飛。中座七段が立会人だからというわけではないんだろうが、85飛戦法とは懐かしい。

封じ手はやはり、46角が有力だろう。

ここまでは、やや深浦王位が優勢だと思う。7筋、8筋は制圧しているし、2筋の攻めは受け止めているように見える。

その後は?

私としては、後手は92角打から46桂打としたい気がする。

あまりにもミエミエだろうか。

46角に対しては、37桂成、27歩成として、飛車交換か?
37桂成に同金、27歩成に同金であれば、38角打があるが、どうか?
posted by いしのひげ at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | SHOGI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

天河戦をネット観戦した

アマ棋士と女流トップが対局した天河戦を観戦した。

とは言っても夕方の休憩時間にちらっと見たわけで、吟味する時間もない。
詰めパラサイトも覗いたから、かなり短い。

実際、ゆっくり将棋を楽しめる人がどれほどいるか?日曜のNHKを欠かさず見るなんてことも、私には無理だ。
だから、僅かな時間でも気持ちよく将棋に触れたい。

第一局も棋譜を見た。アマチュアの少女は、母親と年の変わらない女流トップ棋士相手に気後れせずに駒を駆使していた。中井六段は、指導対局のように相手の意図通りに指させながら、じわじわいじめるような展開を選んでいるようだった。

中飛車に対して、位取りでもなく、銀を繰り出すでもなく、うまく圧迫する。第二局は右四間から逆襲した。
中飛車にはかなり辛い展開に見えたが、成田アマ二段はうまく手をつなぐ。第一局も完封されるんじゃないかと危惧したのだが、うまく手を作っていた。感心した。アマチュアの女子中学生がこれほど指すのか。

里見女流二段は中学生で、すでにプロだったが。

成田、中井は二枚の角と二枚の飛車で終盤に向かった。桂馬を奪いながら81に角が成る。だが、馬は中井の桂馬打ちで自由を失う。ここらへんが中井六段の巧みさだろう。
さらにもう一枚の馬を攻める。

主力戦力の無効化を図ったわけだ。

強い人と将棋を指すとこうなる。典型的なパターンだと思う。好きなように指していると思ったら、手の内で転がされる。

馬を竜と交換するよりは、攻めると決めた45馬。強い気持ちだね。
石橋女流王位ではないが、「負けると悔しい」が溢れていた手だと思う。

45馬からは44歩。45歩と玉頭への圧力をかけながら、成田馬を粉砕した。ほどなく終局。

持っていた二枚の角が狙われて、動きを殺されては勝てないだろう。

しかし、楽しい棋譜を見せていただいた。

満足。
posted by いしのひげ at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | SHOGI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

不思議な棋士ブログの有り様

気がついたら、今月は将棋世界を買っていない。

なぜなのかは分からない。いつも楽しみにしていた。五日には本屋に行って買っていた。

なぜなんだろう?

やはり、老人と中年のみっともない喧嘩に嫌気がさしたのだろうか?エスカレートして、なんの関係もない一般ファンに迷惑をかける場外乱闘にむかついたのかもしれない。

あるいは、ニフティの有料システムのふがいなさのせいかもしれない。
確かにコンピュータシステムを生業にしている私には赦しがたいものだったが。

あれだけ好きだったのに。

渡辺明は彼のブログを読んで好きになった棋士だ。その影響で居飛車にも興味を持った。
だから今は、私が指すときは先手なら居飛車を選ぶ。

なぜに、誰も何も言わないのか?ブログで何も書かないのか?

何なんだ?

将棋ファンをバカにしているのか?

誰も、そんな騒動は知らないと思っているのか?

いい加減にやめてほしいと言うことさえできないか?申し訳ないとファンに詫びることもできないか?
騒動が続いていることに遺憾の意を表することくらいでも?

何も書けないならブログなどやめてくれ。目障りだ。
posted by いしのひげ at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | SHOGI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

16角、22歩、46桂と蹂躙する 王将戦第6局


あの52飛が何もできなかった。

羽生名人の好き放題。一日目は44角から44馬とひきつけ、封じ手になる。中飛車ファンとしては優劣の差はなかったと思うのだが。

二日目は予想通りの同飛車の角飛車交換。そこからまだ難しいだろう。囲いあいになるはずと予想したのだが、16角、22歩、46桂と相次いで羽生の指がしなった。

まあ私が対戦相手なら、この3手で嫌になる。

46桂から、34桂で香車を取りながら銀取り。さらに22桂成り。つながる。つながる。

22飛打ちのところでは大差じゃないか?
中飛車好きの私にとっては悔しい流れだった。

深浦王位は粘ったけれど、どうにもならなかったようだ。

決着は最終第7局だが、勢いは羽生王将名人にあるようだ。
posted by いしのひげ at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | SHOGI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中原永世名人の引退

日本将棋連盟の2009年3月11日対局分まで棋士成績から、500戦以上の棋士の勝率降順で並べてみたものが下記の表だ。


順位 棋士名 対局数  勝数   負数    勝率 在籍クラス
1 羽生 善治 1459 1057 401 0.725 名人
2 木村 一基 595 412 183 0.6924 A
3 山崎 隆之 511 352 159 0.6888 B1
4 深浦 康市 890 604 286 0.6787 B1
5 丸山 忠久 971 645 326 0.6643 A
6 森内 俊之 1139 748 391 0.6567 A
7 郷田 真隆 983 642 340 0.6538 A
8 佐藤 康光 1240 801 439 0.646 A
9 久保 利明 767 491 276 0.6402 B1
10 屋敷 伸之 932 595 337 0.6384 B1
11 谷川 浩司 1834 1167 664 0.6374 A
12 行方 尚史 656 418 238 0.6372 B1
13 中原 誠 2093 1308 782 0.6258 引退
14 中田 宏樹 977 610 367 0.6244 B2
15 中川 大輔 876 546 330 0.6233 B1
16 先崎 学 866 536 330 0.6189 B2
17 森下 卓 1251 773 477 0.6184 B1
18 阿部 隆 1019 630 389 0.6183 B1
19 三浦 弘行 646 393 253 0.6084 A
20 堀口 一史座 513 312 201 0.6082 B1


錚々たる顔ぶれだ。
500戦以上の高勝率の棋士は現在の所属がA級かB1級がほとんどで、真に強い棋士の一覧と呼べそうだ。

この中に13位に引退された中原誠氏がいる。

脳出血という病気がなければまだまだやれたと、この表を見て思った。

ちなみに1000戦以上の勝率で並べると

順位 棋士名 対局数  勝数   負数    勝率 在籍クラス
1 羽生 善治 1459 1057 401 0.725 名人
2 森内 俊之 1139 748 391 0.6567 A
3 佐藤 康光 1240 801 439 0.646 A
4 谷川 浩司 1834 1167 664 0.6374 A
5 中原 誠 2093 1308 782 0.6258 引退
6 森下 卓 1251 773 477 0.6184 B1
7 阿部 隆 1019 630 389 0.6183 B1
8 井上 慶太 1028 607 421 0.5905 A
9 高橋 道雄 1257 735 521 0.5852 B1
10 南 芳一 1212 705 507 0.5817 B2


堂々の5位だ。

まだまだやれたはず。

できれば、シニアリーグがあればいいのにと思う。椅子対局で将棋。それこそネット対局するとか。
バリアフリーな将棋界ですと喧伝できるよ。

後遺症で、正座ができない。駒を持つ手が震える。手が浮かばない。いろんな理由はあるのだろう。

林葉女流との問題などで人間的には好きではないが、中原名人のあの桂馬跳ねは見ていて楽しかったし、素晴らしかった。
桂馬ってこう使うんだ、と興奮した。

ありがとう。
posted by いしのひげ at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | SHOGI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

52飛 一手損の中飛車に


深浦王位は中々曲者だ。順位戦A級から降級したのが不思議なほど。羽生王将4冠との対局成績は5分だが、それはこの52飛が表現しているかもしれない。

56歩を羽生が突いた後、4間に振っていた飛車を一手損になるのだが、52に振りなおした。

これは次に54歩、55歩と歩を伸ばして、5筋の歩交換ができそう。32金と52飛の配置は中飛車では常套の形でもあり、31の銀を5筋に使うこともできる。
そうなれば、51飛と落ち着かせる。羽生が5筋を守ってくれば、向かい飛車に再度振りなおす狙いもあるかもしれない。

深浦王位はかなり中飛車を研究されている。

重たい手を使う棋士なのだが、力戦好みだから中飛車は合うのだろう。

私も4間飛車から中飛車に振りなおすことはあるが、所詮アマチュアの将棋低級者。この後の展開はどうなるだろうか?想像もしない展開が待っていそう。楽しみだ。

なんにせよ
王将戦はこの第6局で決着がつくかもしれない、と思わせるような指し手だ。
posted by いしのひげ at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | SHOGI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。