2007年03月24日

れしぴ 鯛めし



お祝いで鯛のお頭を用意する。


だが、案外食べないのだ。それで結構この鯛のお頭が残ってしまう。


そんな時は鯛めしにする。以下はそんなレシピ。


1)まずは身をほぐす。


2)そして、残った頭や骨などで出汁をとる。できれば、なべで+昆布出汁をとります。


 出汁の味が薄いようだったら、醤油+味醂同量を漸次加えてみる。軽いお吸い物の味になればよい。


3)炊飯器に米と出汁をいれ、足りない分は水で調整。


4)炊き上がりにほぐした鯛の身を入れます。ここで三つ葉やねぎ、ゆずの皮を千切りしたものをいれてもGood。


鯛の身が少ないときは、鯛の刺身を使うのもよい。刺身を味醂醤油(煮立てて冷ましたもの)につけておき、炊き上がりにほぐした身と共に投入。


posted by いしのひげ at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ごうさんのキムチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。