2012年09月15日

親がハブになるのか

他人を責めても仕方がないと思うのだけれど、どうしてもそうなってることが多い。十分に働いている人であれば尚更。揚げ足を取るようなことをして、謝罪させることが社会でとても多い。私たちの仕事では、難癖をつけた挙句支払いを減らす交渉をしてくる。初めからそういうつもりだったんだとガッカリ

次につながる辛辣な意見は傾聴に値する。涙が出るくらいきつい批判でも、それが何かを進めていくためのものなら聞く。怒りの矛先を間違えてることは多い。ともに怒るはずの人間に対して、その怒りをぶつけてしまってたり。人間関係は難しいと言ってしまえばそれまでなんだけど。

支援してくださってる方々のお陰もあり、もーちゃんは随分と痛みが軽減した。今日はPTに行ってるはずだが、元気が空回りしているかもしれない。それを見て症状が悪くなってると判断する支援者もいるかも。できれば、同じような認識で接してもらいたいのだけれど、

医師や療法士、マッサージ師、鍼灸師、訪問看護士、介護ヘルパー、ママ、私。それぞれ少しずつ認識にずれがある。それぞれが少しずつ足りないものがある。お互いを補い合って、ここまで来たんだと思う。一番大事なのは苦しさに負けずにがんばってるもーちゃんだ。無駄に反発しあわないで協力していく

忘れてはいけないのだが、もーちゃんにとっては兄と姉の存在は大きい。口に出せないのではっきりしないが、彼は姉が好きだし、兄はあこがれているんじゃないかと思う。二人はキラキラ輝いて見えてるはず。二人も、もーちゃんがとても好きなようだ。少し楽に声がでるようになって、変化があるかも

1年違うだけで、支援が大きく変わってる。これが10年前なら不十分な支援で、我が家は崩壊してる。今でも特定疾患の範疇に入らない病気は多くあり、苦しい生活を強いられている人がいる。
posted by いしのひげ at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/292637821

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。