2012年01月27日

大阪市の身障者申請審査会について

今朝は審査会の事務担当に説明を求めた。リハビリセンター内の相談課に電話したのだ。審査結果の降級の理由は福祉課の担当が書いたこと、審査会では降級の理由を書いていないこと、また認定基準について身障者申請時にも明らかにしていないことがわかった。

福祉課担当が書いた理由は審査会から電話で聞いた内容だという。書いたものは審査会は確認していないという。意見書を書いた医師は1級と診断し、その上で再認定の必要を書いていることもわかった。

審査結果は2級に降級して再認定を必要としている。医師の1級相当という意見を否定しておきながら、1級と認定する場合再認定が必要と書いている再認定だけを引用しているわけだ。

役所側では身体障害者障害程度等級表の解説(身体障害認定基準)について 平成15年1月10日 障発第0110001号
各都道府県知事・各指定都市市長・各中核市市長宛 厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部長通知というものを基準にしているようだ。

審査会担当からその文書を送っていただけることになった。先の文書には「乳幼児に係る障害認定は、障害の種類に応じて、障害の程度を判定することが可能となる年齢(概ね満3歳)以降に行うこと。」とある

「乳幼児に係る障害認定は概ね満3歳以降に行うこと」と大阪市は読んでいるようだ。「障害の種類に応じて」という部分は読み飛ばしているのだろう。発達遅滞や精神遅滞、あるいはなんらかの治癒可能な病気による障害ということだろう。実際、手足がない場合は1級認定しているという。

正直に言うと、審査会の医師に会いたい。紹介していただきたい。我が子を2級程度の障害にまで治療していただけるのかもしれない。治す自信がおありなのだろうから。

1級障害になってほしいと私が願っていると思う人がいるかもしれない。ありのままを判定してもらえれば、何も言わない。本当は言いたくないのだ。よくなってほしいから、1級だ、1級だ、この障害は固定されている、などとは心底言いたくないのだ。言う度に泣きたくなるのだ。

笑わない我が子が障害を乗り越え、2級に認定されることを夢見ているのだ。笑う姿がみたい。座る姿がみたい。兄や姉と遊ぶ姿がみたい。なのに大した理由もなく2級程度ですと言われたくない。2級とは、今からそこに這い登ろうとしている高い、高い頂きなのだ。挫けそうになりながら、それでも登る。

話を聞く毎にそれぞれできる限りの事をしてくれているのがわかる。医師は1級というだけではダメかもしれないと思ってか、再認定つきの1級で診断している。審査側を担当した経験から出してくれたのではないかと思った。

審査会では降級の理由を書いていない。福祉課の担当は電話で理由を聞き取り、しらせてくれた。審査会の担当は認定基準を送ってくれる。それぞれ、それなりにやってくれているのはわかった。後は業務改善要望を出してほしいと頼んである。

京都市では「ただし,3歳未満児であっても四肢欠損等により障害が明らかな場合や,客観的データから判定可能と思われる場合は,その年齢を考慮して妥当と思われる等級により障害認定を行うこととする。この場合,治療や訓練を行うことによって将来障害が軽減すると予想されるときは,残存すると予想される障害の限度でその障害認定を行うこととする。」という認定基準になっているようだ。http://www.city.kyoto.lg.jp/hokenfukushi/page/0000081228.html

しかし、一般市民にこんな厚生省の通達を読めといわれても難しい。大阪市のほうで優しく書いたものをいただけないものか。大阪市に対して説明いただけるよう、メールするしかないな。

大阪市には説明がないが、「大阪府では身体障がい者手帳の交付(再交付)の審査は、厚生労働省通知(「身体障害認定基準」、「身体障害認定要領」及び「疑義解釈通知」)を、審査基準としています。通知については、下記URLよりご覧いただくことができます。」とある

大阪府には明確な基準があり公開されている。http://www.pref.osaka.jp/jiritsusodan/tetyo/sinsakijun.html
大阪市では公開されていない。http://www.city.osaka.lg.jp/kenkofukushi/page/0000007734.html

恐ろしいことに身障者の審査をどこが判定しているのか、大阪市のホームページには記載がない。わかりにくいこと。
posted by いしのひげ at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/248804544

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。