2012年01月24日

わが子の身障者判定について その2

身障児の親にできるのは、食事などの身の回りの世話とサポートを受けさせることと、費用の捻出と、苦しんでるときに「大丈夫だよ」と抱きしめてあげることくらいです。そのバランスを取るのが大事だし、母親だけ、父親だけが苦しくなるようなことを避けることが大事。

だから、他府県であれば1級認定されるものを、わが子が2級認定されたことを親としては黙っていられないのです。なぜ1年や2年引き伸ばしにするのかというまっとうな理由もなく。よくなる可能性がある場合後日再審査が必要という認定の仕方もあるのです。

大阪市の脳原性運動機能障害用の身体障害者診断書・意見書の記載要領6項に将来再認定についてという項目もあります。医師が再認定の必要なしとしているのなら、「2歳だからよくなる」と大阪市はなぜ言えるのか。何らかの理由があるなら、それでも将来再認定で認定してもいいのではないか。

身障児の親にできることの大事な一つが「サポートを受けさせること」だと思っているからこそ、今回の認定には異議を唱えないといけないのです。これまで受けたサポートでよくなっているからと感謝すればこそなのです。

仮にこのまま異議を唱えず、再申請もしないで、わが子が寝たきりのままであれば、却って親の責任を問われることになる。「なぜ寝たきりの人が身障者2級なんですか?貴方たちは何をしてるんですか?」と。

だから、橋下市長のtwitterにもtweetするし、松井知事にもする。福祉課にも問い合わせをする。どうにもならなければ、1級認定をしてもらえるまで再申請もする。

こんないらぬ苦労をさせる必要はあるのだろうか。

児童虐待を防止などときれいごとを言ってる裏で、こんなことをしているのはどうなんだ。
posted by いしのひげ at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/248215829

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。