2011年09月20日

うっかりしてたねえ、車検は今年だったね。

昨日、昼ごはんを外食しようと準備していたら、妻が車のエンジンがかからないと言ってきた。

ああ、バッテリー上がってるのね、と直感的に思った。

妻にとってはバッテリーは上がっていないと感じているらしく、車が故障しているとあわてていた。車にまで行きキーを差し込む。なに一つランプもつかない。キーを挿した時点でいくつか点灯していたはずだし、電子音もなっていたはずだが無音だ。エンジンをかけるべくキーをまわす必要もない。これはバッテリーがからっけつだ。

妻にバッテリーあがってるよと言うと、そんなはずはない。ランプもついていないと言う。

そりゃバッテリー上がってるんだからランプはつくはずが無い。今はどこがついているか確認することもできない。かなり慌ててる。

日産のサービス工場で修理などを頼んでいるので、今回も日産に連絡した。損保のロードサービスでもよかったかもしれない。が、妻は損保に電話して休日はやってませんと言われたらしい。これまた、かなり慌てているようだ。ロードサービスは年中無休だよ。損保本体に連絡したようだ。

車を取りに来て、工場まで運んでもらって、バッテリー交換をしてもらうことになった。バッテリーを買ってきても充電できないから、頼む他は無い。翌日も自動車を使うだろうから、割高でもやってもらうのがいいと思った。

で、車を返しに来て日産の営業と話していたら、車検が11月なのだという。しまった。バッテリーはそのままでよかったかもしれない。

車検は来年だと思い込んでいた。この車を取得したときは2,3年乗ればいいと思っていた。妻が出産前で、子供たちの保育園のお迎えをするのに自転車では無理だということ。出産後も3人の子供を保育園に送迎するのに自転車では困難だということ。そして、上の子供が後3年で小学校にあがるので、そうなればまた自転車でもかまわないだろうということ。そういうことから、2,3年の間乗る自動車を選んだ。

現在では状況が変わっている。下の子もーちゃんは自立できないし、当然歩行もできない。身体障害者手帳の申請もしている最中だ。だから、車は来年になっても手放せない。

しかも買った車は4人乗り。もーちゃんをだっこして乗ればいいと考えていたから、それで納得していた。

この車検で新しい車にするかどうか考えないといけなかったのだ。

少なくとも5人乗りの乗用車。もーちゃんを乗り降りさせるのに立って抱き上げられる車高が必要。ドアはスライド式がいい。後部ドアはハッチバックで雨よけになるのがいい。そこでバギーなり車椅子なりに乗せる。あるいは、車椅子のまま車に乗ることができる車両。スロープ付き。あるいはリフト付き。

いろいろ考えることは多い。

日産の営業に依頼したのでカタログを送るということだった。たぶん、福祉車両ということであれば、セレナかヴェネットになると思う。

11月までに車種を決めて車両が手に入らなければ、今の車の車検通して、来年もーちゃんの身障者手帳を手に入れてから、車を買うことになると思う。
posted by いしのひげ at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/226795228

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。