2011年06月09日

子育てのち教育

いずれはこういう本を読むようになるのかしら?

『強育論』 宮本哲也 (ディスカヴァー)
http://blogs.yahoo.co.jp/chanchan_yanagi/50828954.html

『なぜ勉強するのか?』 鈴木光司 (ソフトバンク新書)
http://blogs.yahoo.co.jp/chanchan_yanagi/50648133.html

とは言え、我が家にはこれらの著者よりも優れた人物がいる。もーちゃんである。
なぜ生きるのかを身をもって教えてくれている。ずっと懸命に生きている。

個人的には、勉強は面白いからやるんだよと思う。面白くないことに時間を使うなんて無駄。
山に登れば山からの風景が見える。山裾から想像するのとは違う景色が広がっている。勉強も一緒だと思う。
posted by いしのひげ at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/208738416

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。