2011年05月07日

GWと三つ子と離乳食

GWが終わって、私には大量の仕事が待っている。土曜は休めない。

子供たちは妻の実家で従兄弟たちと遊びに遊んだ。J吉とにゃあちゃんと従兄弟のHちゃん。どこか珍しいところに行き娯楽する楽しみではなくて、似た感覚、感性、嗜好を持ってる三つ子のように親しく遊んでいた。

私個人は正直なところしんどい。家でごろ寝していたい位だった。妻もそうだったろう。

もーちゃんの肺炎入院は一週間も要せず、大事には至らなかった。が、もーちゃんが咳をすることに過敏にならざるをえない。まあ、ほんとにただの風邪が原因だったので、無闇に警戒する意味はないのだけれど。

親と云えど偏見からは逃れられない。我が子に対する先入観に自ら苦しめる。親だからこそ偏見を持つと言えるかもしれない。まあ、完璧である必要はない。が、頑なである必要もない。偏見はあると認めればいい。是正できるところは変えればいい。

もーちゃんは入院したおかげで一気に離乳食が進んだ。普通の小児科に入院したからか、普通の離乳食の食事量を供された。それをもーちゃんは普通に食した。

親はこんなに食べられないだろうと、ミルクから脱せなかった。なんて偏見だったか。

離乳食を与えるチャンスをもーちゃんから奪っていたのは、私だったということ。

親が子を見る目にはどうにも不要なフィルターがかかってしまうようだ。
posted by いしのひげ at 03:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/199617304

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。