2011年03月18日

陰気に暮らそうが、笑って暮らそうが

未曾有の災難がふりかかっている。

辛いときに笑えと言われても笑えない。でも、辛気くさい面をしていたとしても大差はない。どちらかと言えば陰にこもれば、鬱々として活力を失う。
弱い野球チームは声さえ出ない。逆転する気があるなら互いに鼓舞して、できることをするのだ。でなければ、逆転などできない。

大阪の町も陰気だ。ココイチとか、吉野家の明かりも消えていた。どういうつもりだ。もっと売り上げて、その金で支援する気はないのか?節電して浮かした金で支援するなど、みみっちい。明るい店で気持ちよくお金を使ってもらって、ドーンと支援しろよ。

働けない人の分まで働いて稼ごう。それが、ほんとのガンバロー日本だろう。

辛いときこそ、笑えるようにガンバロー。
posted by いしのひげ at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。