2011年03月15日

ブラックマンデーか、福島原発、首都圏停電

この世の中は想定内なんてものはほとんどない。負け惜しみで想定内だったということはできるんだが、残念ながらすべてを網羅することはできない。

ただし、最悪の事態というのは考えておくことはできる。対策が仮に不十分だったら、どうするのかを考えておくこと。これで何が起こっても十分だということはこの世界にはないんだ。綿密な計画を立て、いろんな努力を積み重ねてきたとして、家を出た途端に車に突っ込まれて事故にあう。そんな可能性は皆無ではない。実際、そういう不運に見舞われ夭折した人を知っている。対策は完璧でなにも問題はないというのは、どうかと思う。他人に不安を覚えさせる意味ではない。一般人もなんであれ完璧な対策というものは存在しないと知っていなければ、むやみに不安を掻き立ててしまうだろう。実際にデマや流言飛語に惑わされ右往左往することにもなる。

ベストに近い対策は立てられる。想定内でのベストな対応というやつだ。その上で、それを超えて最悪な事態というのは必ず考えておかないといけない。現在福島県で問題がはっせいている原子力発電所内に従事する技術者は、ベターは手段で対応を続けているのは間違いないと思う。だから、政府や東京電力トップが、技術者や現場を責めているようでは話にならない。やるべきことは、どうサポートするか、最悪の事態になった場合にどう手を打つのかを検討することだ。

そういう状態の中、株価は下落を続けている。今日はすでに1000円以上の値下げ。政府はなんらかの処置を行わないと、手遅れになりかねない。

東北の被害、福島原発、首都圏の活動状態、悪い条件だらけだが、東北の死者数はまだまだ増える。これからよくない条件は増えていくはずだ。ここで株価が下がってしまうと、今後耐える材料を失う。

かのブラックマンデーの株価下落は23%ほど。昨日から現在までの日本の株価下落は15%以上。

東北の被害は深刻だが、まず日本が元気にならなくては復興支援もできない。義捐金を生み出すだけの体力がなくなるというのは最悪のシナリオだ。

政府は、首都圏の電力回復策を講じ(西日本からの変電設備を用意するなり発表してはどうか)、一方で首都圏の鉄道網を回復させることだ。原発については、逐次対応ではなく、前面撤収するくらいの思い切りが必要ではないか。この2点の不安定な状況が疑心暗鬼を生んでいる気がする。
posted by いしのひげ at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。