2010年06月26日

ワールドカップ日本代表GL突破

本田を見てて感心する。

足は遅いが、運動量は豊富。歩いてるシーンもあるが、ポジショニングがいいから、消えてる時間が少ない。カメルーン戦の得点でもそうだがトラップもうまい。せりあってもトラップミスが出ない。体の入れ方がうまいから、ボールを奪われない。ハイボールでも競り負けない。逆に奪うのもうまい。本田へのフィードが簡単に奪われないから、松井、大久保が前に出ていける。

しかし、ボランチで使いたくなる選手だよ。プレースタイルをみてると、福西を思い出す。名古屋、フェンロー、CSKAモスクワの監督も、ボランチ起用を望んだんじゃないか。

そう考えると、岡田W杯チームは4バックス、4ボランチ、2ドリブラーというべきかもしれない。

今大会はFKも決まらないが、スペースに出したパス一発のカウンターも決まらない。どうやらカウンター対策が奏功している。それ以上に公式球が扱いにくいのか。だからか、ドリブルで陣形を乱しての得点が多い気がする。そういうわけで南米勢が活躍するんじゃないか。
敵陣で一対一、一対二の局面で抜ければ、守備は修正が効かない。

岡田監督は練り上げた戦術、フォーメーションではないが、基本戦術を応用問題に当てはめたら、ばっちりハマった感じだ。大久保、松井、本田の3トップなんて急造トリオがうまく機能した。イングランドとのテストマッチあたりで、公式球との相性を確かめたのか。

さて、
次は南米パラグアイ。それに勝てば、スペインかポルトガルだな。岡田の目標には強敵が待ちかまえているな。ベスト4までいけば、アルゼンチンかドイツと当たりそうだ。決勝はオランダかブラジルになるか。さて、楽しませてくれるだろうか。
posted by いしのひげ at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | SPORTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/154508767

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。