2010年03月11日

王将戦第五局 逆転の羽生

昼休みに見た時点では、先手久保棋王の方が優勢だった。左の銀、桂、飛車、角がさばけそうだったからだ。

その後夕方に見た時も、羽生王将の玉を裸にし追いつめているように見えた。

羽生マジックは健在か。見事に逆転。二枚の桂馬が久保玉を締め付けていた。

これで羽生王将の2勝3敗。まだまだ失冠のピンチなわけだが、最終局にもつれこみそうな逆転だ。

それにしても、久保利明。あんな細い体で、羽生、佐藤という強敵を相手にタイトル戦が続く。体調維持が大変だろうな。
posted by いしのひげ at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | SHOGI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143375304

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。