2010年01月18日

仮面ライダー MOVIE大戦2010

J吉と二人、映画に行った。

年末にインフルエンザ。その後も熱発などで機会を逃していたが、今日が近くの映画館での最終上映だった。J吉の友人が仮面ライダーを見に行ったと、何度か羨ましそうに言っていたのもあり、滑り込みで見に行こうと思った。
当然ながら妻の薦めを受けてのこと。にゃあちゃんは100分も映画館では耐えられない。二人の面倒をみてもらうかたわらの映画だ。

東映マークからいきなり始まり、オープニングタイトル無しで話は始まる。ディケイドは相変わらず、物語展開らしいものはなく、歴代ライダーの登場とバトルに明け暮れる。

いわゆるRPGの世界を持ち込んだかのようだ。勇者に、戦士に、盗賊のパーティーがライダーの世界を冒険する。

だから、物語は不要なのか。
だから、安易に死んでは蘇るのか。

蜂女として、及川奈央が出演。ゴーオンジャーで我が家でもお馴染みになった。ただ、素顔が露出しないので気づかないかなあ、とは思った。蜂女に対峙する役柄に、あのストロンガーに出ていた懐かしのタックルが。
テントウ虫さんだ。

艶めかしい及川蜂女にキュートなタックル。 変身前の岬ユリコは結構な美人。水野美紀を連想した。だが、やや、色っぽい。
後で調べると、広瀬アリス。中学生のモデルさんだった。お〜っ。
年齢まで及川と対峙していたか。

かなり、魅了させられました。
http://mbga.jp/.m5a5744/_u?u=33989828

ダブルは、ビギンズナイトという副題そのままに、仮面ライダーダブルの誕生秘話だ。死人が蘇るのを調査依頼されるショータロー。調査を進めるうちに、出会うのはショータロー、フィリップに縁深い死人が二人の前に現れる。
探偵物の体裁をとるだけに、物語展開はスムース。

亜樹子の父として、吉川コウジが出演。仮面ライダースカルに変身。まさか、フィリップ君が名無しであったとは思いもせず。

二本のライダーのお話は、一つに収束する。そこで、ようやくオープニングタイトル。実に60分を超えての到来だ。

凝りすぎなんじゃね?
制作者等、罪を数えろよ。

J吉は迷子になることもなく、無事帰宅。留守番へのお土産は蓬莱の豚まんをと思ったが、あまりの長い列にみたらし団子になった。
posted by いしのひげ at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/138600524

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。