2009年11月26日

竜王戦防衛と時代錯誤でバカな話

棋士渡辺明、四連勝で竜王防衛。羽生、森内と永世名人相手に連続防衛した。

そんな中、棋士のブログで図面は一枚程度にするという記事が掲載された。http://blog.goo.ne.jp/kishi-akira/e/77ba948c1a1d4434125df398217587af

大体が、ブログに掲載されたら、宣伝になる。棋士はブログを使って無料で宣伝していると私は思うんですよね。

この制限。

ブログに書いた内容程度でその対局の全てがわかってしまうと考えてるんでしょうか?だとしたら、バカにしてる。

将棋の天才なら、すべて理解できるかもしれない。

たとえば、長編小説のあらすじを秘匿する。あまり内容をを知られたら本は売れないだろう。隠せば売れる。そういう勘違いだと思います。
そんな売り方をしたら、今は売れない。
第一、興味のない人を引きつける機会を失いますよ。

内容が濃ければ、詳細なあらすじを書いて多くの人に読んでもらっても、本編を読む気になるんじゃないか?どんな内容なのかをわかってもらわなきゃ売れないだろう?それに制限をつけるなんて、本末転倒だ。

渡辺明の著書はまったく売れていないんですかね?そう反問したい。
私は渡辺ブログが魅力的だったから、彼の著書を購入した。彼がブログで言及していた対局を詳細に知りたいと考えたから、買ったんですよ。

内容があれば、何枚図面が掲載されても、もっと知りたくなる。内容がない。魅力がない。自信がないから、隠そうとしてる。そう受け取られるだけじゃないかな?
posted by いしのひげ at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | SHOGI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134008078

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。