2009年08月02日

女流王将戦復活、されど

昨年休止が発表された将棋の女流王将戦が再開されると発表された。

焼酎で有名な霧島酒造が共催になり、霧島酒造杯としての再開なんだそうだ。それだけからすると、やや規模縮小という印象だな。

今年タイトル戦を行う予定で、全女流棋士による予選は行わないという。こちらも規模縮小という印象だ。来年は将棋連盟所属の全女流棋士が予選参加する予定らしいが。
フリーの棋士とLPSA所属棋士は参加しないのか?させないのか?決まってないから発表しないだけか?全く不明だ。

今年は、八人による挑戦者決定戦により挑戦者を決めるのだそうだ。トーナメント表をみると、なぜか矢内女王と里見香奈倉敷藤花が初戦であたっている。反対の山は二段と初段があたっていて、不思議な組み合わせだと感じた。
タイトル保持者を初戦であてるというのは、どういう魂胆か?

つい先日も、里見倉敷は石橋女流王位と初戦で対局していた。二度続けば不思議ではないな。
里見は何かトラブルに陥ったのか?

非公開のポイントランキングにより挑決出場するという発表よりも気になっている。
ただ、そんなランキング表があるなら発表すればいいのに。それとも連盟所属の女流棋士だけの査定表だったりするから、公表できないか?

なんにせよ、里見香奈さんに心配するのだった。
posted by いしのひげ at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | SHOGI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124847123

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。