2009年07月20日

全英オープン トムワトソン

前夜はなぜか、ゴルフを見てしまった。

かつては下手なりにコースに出たりしたが、十年はプレーしていない。プロの試合も長く見ていない。

59歳のトムワトソンのプレーが見たかった。

帝王ジャックニクラウスが君臨していた頃、若きトムワトソンが出てきたと記憶している。将棋で言えば、大山名人に対する中原誠っちゅう感じだ。

見た目はさすがに年老いた印象だ。しかし、全英の舞台は風が強く飛ばし屋に有利ではない。低い弾道の正確なショットが必要になる。ワトソンはよくやった。

プレーオフになった時には余力が残ってるようには見えなかった。競り合っていたシンクは36歳。まだ18ホール回ることができそうだ。

ワトソンのショットはブッシュに飛び込み、ギャラリーに飛び込んだ。

プレーオフ4ホールは大差の結果だったが、ギャラリーのただ中に打ち込み、間近で声援を受けてプレーしたワトソンの姿は優勝したシンクより記憶に刻まれた気がする。

年老いていくのも、トムワトソンを見てると、案外悪くない気がした。
posted by いしのひげ at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | SPORTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123871839

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。