2009年05月17日

Cold Service(冷たい銃声) メモ2

引き続き、ロバートBパーカーのCold Service(冷たい銃声)作品中に出てくる単語を調べる。


・Cold Service
 映画『キルビル』の宣伝コピー 'REVENGE IS A DISH BEST SERVED COLD'からか?
 キルビルは2003年公開。本作Cold Serviceは2005年発表。

 復讐は、冷めてから出すのが最高の料理?冷酷に供される最高の料理?
 「復讐はゆっくり時間を掛けて残酷にするのが、一番だ。」くらいかな?

 Revenge is a dish best served cold.のServed Coldというフレーズはインターネットでも多く見かける。ミステリー小説のタイトルとしてはかなり使われている表現のようだ。

・ブレーブス・フィールド
 ボストンにあったメジャーリーグチーム、ボストンブレーブスの本拠地。
 ボストンブレーブスは現在はアトランタブレーブスになっている。

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%96%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89

・ビッグディッグ The Big Dig
 ビッグ・ディックではない。

 インターステート高速道路95号がダウンタウンを高架で縦断しており、 中心部とウォーターフロントを「分断」していると長年、多くのボストン市民から問題視されてきた。
 1982年から、この高速道路を地下化する巨大プロジェクトの検討が始まり、1991年9月には工事が始まった。現在では、The Big Digの愛称で工事が実施されている。

 http://sociosys.mri.co.jp/PCW/column/column6.html

・ワイルド・ビル・デヴィソン 'Wild' Bill Davison
 ジャズのコルネットプレーヤー。白人。シカゴ・スタイルの代表的なジャズメン。

 http://en.wikipedia.org/wiki/Wild_Bill_Davison

 http://chicagojazz.hp.infoseek.co.jp/c-styl.html

・ノエル・カワード Sir Noel Coward

 イギリスの俳優・作家・脚本家・演出家。作詞・作曲、映画監督もしている。
 CBSのTogether with musicというテレビ番組に出演していたようだ。

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89
 http://en.wikipedia.org/wiki/Noel_Coward
 http://www.youtube.com/watch?v=vdEnxNog56E

・ロキンヴァー Lochinvar
 スコットランドの国民的詩人ウォルター・スコットWalter Scottの長詩マーミオン Marmionの一節。

 http://en.wikipedia.org/wiki/Walter_Scott
 http://en.wikipedia.org/wiki/Marmion_(poem)

 O young Lochinvar is come out of the west,
 Through all the wide Border his steed was the best;
 And save his good broadsword he weapons had none,
 He rode all unarm'd, and he rode all alone.
 So faithful in love, and so dauntless in war,
 There never was knight like the young Lochinvar.
 http://homepages.wmich.edu/~cooneys/poems/Scott.Lochinvar.html

 恋人の結婚式を聞き勇者ロッキンヴァーが結婚式場に乗り込んで花嫁を略奪してくる話である。
 http://blogs.yahoo.co.jp/fminorop34/archive/2009/2/4

 ロキンヴァー Lochinvarは,湖水地方の若い騎士。恋するエレンが自分の他行中に(てんでパっとしない)別の男性と結婚させられる話が決まったことを知り,式の行われる教会に馬で乗り付ける。最後にひとたび花嫁と踊る許しを得て手を取ると,馬の前鞍に彼女を乗せ自分もヒラリと飛び乗って,驚き呆れる花嫁の父一党と花婿を尻目に走り去った。その後,杳として行方を断ったと言われる。
 http://www004.upp.so-net.ne.jp/mar/snuy/eq/eqq/eqq06.htm

 日本では、アイバンホーIvanhoe の方が有名かもしれない。

 赤毛のアンでもマーミオンは、引用されているらしい。
 http://homepage3.nifty.com/office-matsumoto/agg-scot.htm

・ワスプ WASP
 アメリカ合衆国の白人のエリート支配層のこと。

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%B9%E3%83%97

 WASPでないと、大統領になれないと言われたこともある。

・スリッカー Slicker
 これは日本では普及していない言葉だろう。スリッカージャケット。
 雨具だね。

 http://www.bigntallapparel.com/p-159_701-port-authority-mens-big-tall-seattle-slicker-jacket.html

 Google検索すると、犬のトリミング用語が結果になってしまう。


いやあ、尽きませんねえ。
posted by いしのひげ at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119656900

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。