2009年05月13日

Cold Service 冷たい銃声 を読む

そういえば

昔、妻に言われた。「日本人とは結婚しない」と。
私は、人間と結婚できるかどうかわからない、と考えていた。地球人でなくてもいいから、出会えないかなあ、などと思っていた。

人により違うものだ。

人種や民族で、一くくりにするのは便利なんだけど、正確だとは言えない。男女もそうだ。概要を把握するには便利だけど、一人の人を知る上では役には立たない。かえって邪魔な場合もあると感じる。

パーカーのスペンサーシリーズでは、スペンサーとホークという二人組が陰陽両面で活躍する。白人と黒人のコンビだ。

おとぎ話のような小説だから、まじめに論じることもないかもしれない。

だが、人種、民族、国籍、育った環境、職種などより、人と人が付き合う上で大事なものがあると、感じさせられるのだ。

また。

今では当たり前の人権が、アメリカ合衆国ですら50年前にはなかったんだよな。

ホークが語る言葉の中に、そう感じさせるものがある。
posted by いしのひげ at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。