2012年04月24日

キレる子ども

このきれるというのは「対外的に問題の見られなかった子どもが、突発的に暴力をふるう」ということを指しているらしい。

きれる事自体は何らおかしな行動だとは私は思わない。異常行動ではないと思う。
回避できる子供は、感情を抑制する方法を学んでいるからできることだと思う。継続的に感情を爆発させないよう練習しているからだと思う。

取り立てて問題視するのはなぜなんだろうか?

こういう感情の爆発が、犯罪行為につながると見ているわけなんだろう。

それは本当に因果関係があるのだろうか?

きれる子供について「子供のさまざまな問題行動のルーツは100%親からである!」などという意見も見かける。こんなもの、因果関係はないだろう。親が感情コントロールを子供に教えていないだけだと思うのだ。子供がこういう意見を見て、親が悪いと勘違いするのは残念なミスリードだ。

精神的な障害もあれば、発達障害もあり、そうではなく子供が発達することで自分自身が変わっていく事についていけない場合もある。それ以外には食事や睡眠での問題も関わる。きれるのがほとんど同じ時間帯に起こっているなら、それは睡眠か食事に問題があると思う。
眠くなると子供はぐずる。お腹がすくとイライラする。ただ、それだけのことだったりするのだ。親のしつけがどうとか、愛情が足りないとか、そんなことでは全然無かったりする。

食育だというと、みんな食育ばかりに目を向ける。発達障害だというと自分の子が発達障害だという目で見る。違うだろ?何も異常はない。理由は簡単なところにあるんじゃないか?大げさなことを言って大騒ぎするのはやめよう。

下記の古い研究を元に不安を増大させてしまうこともあるんじゃないか?こういう統計の結果なんてのは占いと大差ない。誰にも思い当たるものだからね。
-------------------------------------------------------------------------------------------------
1)「キレた」子どもの性格的傾向の分類(報告書P.9〜)
  「キレた」子どもの性格的傾向を分類すると、(1)耐性が欠けていることが認められる性格的傾向(「耐性欠如型」)、(2)攻撃性が認められる性格的傾向(「攻撃型」)及び(3)不満を抱え込んでいることが認められる性格的傾向(「不満型」)に分類できる。
@ 「キレた」子どもの性別は、男子が87.8%、女子が12.2%で「キレた子ども」は圧倒的に男子の方が多い。
A 性格的傾向の分類の中でで、最も事例の多かったのは「耐性欠如型(70.3%)」で少なかったのは「不満型(30.1%)」であった。なお、「耐性欠如型」と「攻撃型」、「耐性欠如型」と「不満型」の双方に分類される事例はあるが、「攻撃型」と「不満型」の双方に分類されるものはない。
B 「耐性欠如型」と「攻撃型」は男子に多い傾向が見られ、「不満型」は女子にやや多い傾向が見られた。

(2)「キレた」子どもの成育歴に関連する要因の分類(報告書P.11〜)
 「キレた」子どもの成育歴に関連すると考えられる要因は「家庭要因」と「学校要因」に分類できる。

A.家庭要因の分類
 家庭要因としては、1)家庭内での暴力・体罰、及び2)家庭の不適切な養育環境・養育態度に分類され、2)については、@家庭内の暴力的雰囲気、A家庭内での緊張状態、B不適切な養育態度、及びC問題行動(非行等)への家庭の適切な対処の欠如、に細分類される。

B.学校要因の分類
 学校要因としては、1)友人からのいじめ、2)教師の不適切な対応、3)学業面の問題、4)友人関係の問題、及び5)問題行動(非行等)に分類される。

(注)以下に示す要因の比率は、あくまでも「キレた」子どもからみた「キレた」要因を示すものであって、「キレやすさ」を示すものでないことに注意する必要がある。

@ 「キレた」子どもの成育歴に関連する要因として、最も多く指摘されるのは、「家庭での不適切な養育態度(75.8%)」、「家庭内での緊張状態(63.8%)」である。
A 「家庭内の不適切な養育態度」としては、「過度の統制(18.8%)」「過保護(甘やかし)(13.6%)」「過干渉(11.3%)」「過度の要求(10.9%)」及びこれらと対峙すると思われる「放任(14.8%)」「言いなり(9.5%)」という両極にある養育態度が「キレた」ことの要因となっていると推察される。
B 家庭内で子どもに心理的な緊張感や不安感をもたらす「家庭内の緊張状態」としては、両親の「離婚(24.5%)」やそれと関連した事項として「夫婦不仲(12.5%)」、「貧困(11.5%)」、「再婚(7.8%)」が認められた。これらの事項は、子どもに心理的な不安や緊張状態を引き起こし、子どもを「イライラ」させ、両親に反抗的な態度を形成することに、少なからず関与しているものと思われる。そして、これらのことは、「キレる」ことに直接的というよりも、むしろ間接的な影響を与えているのではないかと推察される。
C 「父不在(14.5%)」「母不在(9.2%)」も要因として指摘できるが、これは、両親が不在がちであることにより、子どもに対する養育態度として「過保護」「放任」につながるのではないかと考えられる。
D 「キレた」子どもの4分の1前後は「問題行動(非行等)(27.4%)」を起こしたり、「家庭内で暴力・体罰(24.0%)」を受けたり、「友人関係の問題(23.9%)」があったことが指摘できる。
E 子どもの「問題行動(非行等)(27.4%)」に対して、「家庭の適切な対処が欠如」していることが認められた(「問題行動(非行等)」が認められた事例の73.0%)。「問題行動(非行等)」に対して、養育者が毅然とした態度対応をとることの必要性が指摘される。

http://www.nier.go.jp/seika/seika0206_01/seika0206_01.htm
-------------------------------------------------------------------------------------------------

男の子は「きれる」ものなんだよ。当たり前だと思うよ。
我慢するのが苦手なんだと思う。女性とは違う点だ。母親からすると異常に見えるかもしれないね。

こういう情報を消化せずに生煮えの状態で頭にいれてしまう方が恐ろしい。

ただの分類であって、因果関係ではない。そこを間違えると苦しむことになる。
posted by いしのひげ at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月13日

脳性麻痺ときょうだい児と小学校入学前夜

"脳障害まひ、回復の仕組み解明=後遺症治療に道―大阪大(時事通信) - Y!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120402-00000132-jij-soci"
これだけ読むと神経栄養因子「BDNF」がポイントだということなのか

先段の記事は、BDNFを投与すると脳性麻痺の回復が促されるという記事に思える。動物実験の結果だけであるから、これから臨床試験を行うのか。BDNFについては歯周病の治療でも使われているようだけれど、実用にはまだまだ時間がかかる段階らしい。

大阪府には適正化委員会がある。"福祉サービスの苦情を解決するために、福祉事業者段階での「苦情解決の仕組み」づくりと、それをバックアップする大阪府段階の苦情解決のための「委員会」が設置されています
http://www.osakafusyakyo.or.jp/unteki/unteki/unteki.htm" 大阪市はどこに?
大阪市はこれか?まったく分かりにくい。苦情が来たら、ここにありますよと言うためのページじゃないか?http://www.osaka-sishakyo.jp/about/support.html

妻がPTとか介護ヘルパーについて不満があるようなのだが、直接言いにくいようなので、適正化委員会というか窓口があると助かる。

個人的には無理に背負う必要はないと思うんだよな。子供たちは成人するまでしか、私も面倒を見るつもりはない。それまでは死なないように努力するけど。兄だから姉だから面倒をみないといけないということはないはず。それ以前に我が家で介護が無理になれば、方法を考えないといけないと思ってる。

無責任だと非難するかもしれないが、それは人それぞれの考え方だと思う。無理なものは無理。能力を超えたことはできない。無理をしてみんなが不幸になるくらいなら、他人を巻き込んででも方法をさぐる。やり方は一つではないと思う。

まして、障害児の兄弟が父母が亡くなった後まで面倒を見る義務などないと思う。愛しているから、介護するというのはやめろという気は無い。しかし、それで兄弟時が不幸になるのは望まない。障害者も望まないはずだ。

そのためのフォローやサポートは今からやっていく。ただ、誰から順番どおり死んで行くというわけでもない。今現在の私の祈りは子供たちが命をつないでいってくれること。その先の準備はしていくけれど、私が死んだ後に決定するのは子供たちで、その点でも親は無力だ。

明日自分が生きている保証はないし、障害者になるかもしれない。あるいは、重い病気が発症するかもしれない。当事者になって初めて苦しみがわかる。それを忘れずに今を生きる。そうやって生きていこうよ。過去は変えられないし、自分の無能を棚にあげて無理をしても仕方ない。そして生きるのを楽しもう

貴方の苦しみは私には分からないし、私の苦しみが貴方に分かるはずなどない。だから、生きるのは楽しい。

一所懸命がすばらしいと思ってるのは間違いだと思う。一所懸命は悪だ。カリカリしないで、のんびりやっていこうよ。自分がしなくても、誰かに託せることは任せてしまおう。誰かに負担を背負わせるのではなく、お互いにできることを無理せずに。

特に、一所懸命にやっているのに結果が伴わないのであれば、それは間違いなく悪だ。間違ったやり方では、どれほど目の色を変えてやってもうまくいかない。一所懸命にやるほど酷い惨状になる。言い訳は用意されているから(一所懸命にやってるという)、酷さは倍増だ。

頑張ったからうまくいったのか、それとも運よくうまくいったのか。そこらへんの判断は難しい。一所懸命に必死にやったら報われたいと思うものだから、本当は頑張りに関係無く成果にたどり着いた可能性は高い。私は頑張ったから乗り越えれた。だから貴方もがんばれ、というのはダメだ。

私が他人から欲しい情報は頑張ったからとかいう主観的な思い込みではない。どういう状況で、どう判断して、何をしたかが知りたい。その結果具体的に何が変わったか。それ以外は意味がない。どんな気持ちでやったかなど、特に意味がない。

共感はあるが、とどのつまり貴方の苦しみは私には分からないし、私の苦しみが貴方に分かるは ずなどない。だから、生きるのは 楽しい。
posted by いしのひげ at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

信貴山のどか村に遊ぶ

信貴山のどか村へ。

長男が保育園の登園拒否をしていたときに、約束していたのだ。散歩しながら、あの山に登りに行こうかと。長男は嬉しそうに行きたいと言った。
ずいぶん時間が経ったけれど、約束の山に行くことができた。彼はそんな約束を覚えていないと、私は確信している。

近鉄河内山本から信貴山ケーブルで高安山。J吉は生駒のケーブルカーを覚えていないという。下の長女は覚えているという。記憶力の差がでてきたかも。ケーブルは料金が少し高いのだが、景色がすばらしい。私は大好きだ。香港のケーブルカーにもう一度乗りたい。

バスで信貴山門に到着。しかし、お迎えのバス停がない。仕方なく歩くが坂が急なのでタクシーを呼んで到着。王寺から呼んだタクシーだが料金は660円だった。ありがとう運転手さん。

天気はよく快晴。入園料2000円あまりを支払い、イチゴ狩りへ。こちらは別料金。入園料より高い。4人分3000円あまりを支払う。

興奮した子供二人は芝生広場に走る。まずイチゴ狩りに行こうと誘う。
イチゴ狩り http://twitpic.com/93z9v9

イチゴ狩りの後は芝生広場で遊ぶ。空気で膨らんだ遊び場でキャッキャッと飛び跳ねていた。

そして、昼食。本来はバーベキューハウスでBBQの予定だったが、前日の雨もあり、弟家族が参加中止になったのでお弁当になった。芝生の上にお弁当を広げた。

再び芝生広場で遊びたいという子供をおいて、妻と次男は授乳室へ退避。にゃあちゃんがすねて言うことを聞かず。耳に栓をするポーズで反抗の意思を表す。成長したねえ。父ちゃんは履いている靴を投げて、それに反意を示した。フィールドアスレチックスに行こうよと言ってるのだが、それがどんなものかわからなかったようだ。

授乳室で http://twitpic.com/940w6w

二人はグラススキーをしてキャーキャー叫んでいた。坂を何度も上る。フィールドアスレチックスも楽しんだ。公園にはない少し危険な遊具というのは、やはり運動になるね。

石釜ピザで、おやつ。 http://twitpic.com/942ys3

山なので、雲がかかると小雨がパラパラ。何度もパラパラ降る。次男のもーちゃんには少し寒かったかも。

帰りのバス停まで送迎バスがあった。行きも電話をすれば山門まで送迎があったらしいのだ。調べておくべきだったね。バス停で行きのケーブルカーで出会ったおじさんたちに再会。長男は興奮。だが、彼は本当はおじさんたちを覚えていなかったようだ。調子がいいから、嬉しそうに話をしていた。

さて、次はどこへ行こう。
posted by いしのひげ at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

子供の事故と今やること

<立体駐車場>3歳男児挟まれ死亡 大阪のマンション(毎日新聞) - Y!ニュース http://t.co/NOa8WHMz
こういう記事を目にするたび、嫌でも子供を叱らないといけないと思う。

叱ったところで事故が起きるときは起きる。だからこそ、少なくとも危険なことを危険だと教えないと、どうにもならない。後悔にさいなまれることになる。

どう足掻いてもできないことはできない。また完璧にはできはしない。だからこそ、今やれることをやる。後回しにはしない。できないことは仕方ない。誰かを巻き込んででも助けてもらおう。明日私が生きている保証などないからね。
posted by いしのひげ at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。