2012年02月16日

わが子の保育園と園長面談と

私が見ると、愛する息子はうつ病の一歩手前にいる。保育園の話をしていると表情が暗くなる。行きたいのに、体が動かない。核心に近い話をしていたら脈拍が高くなる。保育園に行った際には震えて涙をこぼす。帰りたいと言わないで涙だけが流れる。

自分のことなら、我慢できるんだけどなあ。どれだけ理不尽なことでも、大嫌いなやつと笑いながら仕事することでもできる。馬鹿にされたら喧嘩はするが、客相手でも喧嘩はする。でも、その後謝罪して仕事を続ける。...子供のことは許せないんだ。

自分が小学校一年から4年間教室に入ろうとしない子だったことを覚えている。原因は覚えていない。幼かったので言葉にできないでいたのだろう。5年になって信頼できる教師に出会って少しづつ変わった。息子にまで、そんなことはさせたくない。私は教師に反抗していたが、息子はそれさえできないでいる

長男について、保育園の園長を交えて話をできるよう申し入れた。保育士が3人しかいないからと言い訳するから、園としてはどう考えているか聞くためだ。長い間気づいてあげられず我慢させてしまった。親も保育士も気づくべきだった。

演奏がうまくできないだけなら、不安には思わないと思う。何かが不安で、何か分からないけど、涙が出る。何かが不安で、よくわからない涙が出ることに戸惑ってる。どうしたらいいかわからない。そんな時に馬鹿がガンバレと言ったら、何をどうがんばっていいのかわからない。何かを見つけ出さないと

こんな状態はかなり心が傷ついている。父が原因かもしれない。母かもしれない。しかし、保育園の可能性が一番高いと思う。そこでしか、不安な涙を流さない。保育園に出かけるときに不安になる。帰る時間に不安になる。

今日保育園に園長との面談のアポを取ったが、明日いつになるか返事をするそうだ。いい気なものだ。園長と主任が会議中だそうで、どう対応するか、口裏でも合わせているのかもしれない。

長男は次男のリハビリにお付き添い。当分はこんな感じになりそう。痛いものは痛い。嫌なものは嫌。はっきり言える元気がでるまで。

息子は、父と先生は怖いといった。ママは怖くない。それだからか、ママの側がいいとはっきり言う。保育園は泣いちゃいそうで不安らしい。

保育園で園長と面談した。一応キャリアの長い狸なので、こちらに不安を与えないよう配慮して受け答えしてくれた。保育園の方針を確認し、無理の無い範囲で演奏練習するようにしていくということだった。わが子の現状と家庭状況を説明した。次男は2,3ヶ月の乳児と変わらないこと。
そのため、夜中でもミルクをあげたり、泣いたりするので、上の子たちも寝不足になりがちだということ。そんな中でも長男は7時に目覚ましをセットして起きるようにしている。妹がゆっくりしているため、保育園に遅刻したりしているが、7時に起きている。そういうことを厭わない子だということを伝えた。

保育園で泣いてしまう状況をもっと教えていただけるようにお願いし、演奏の練習を家でできるように譜面をいただいてきた。演奏だけの問題であれば、おうちで練習して自信を持てば保育園に行くことができるかもしれない。

今の長男は、こけて立ち上がろうとしているところ。泣いて立つのを嫌がっているなら、違うやり方もある。今は立つことに不安を感じているように見える。立った後にまたこけることを恐れているように見える。ゆっくり地道に努力する子なので、立ち上がるのにも時間がかかるかもしれない。

元々、飲み込みの悪い子なのは確か。サッカー教室に付き添いに行って、それははっきりわかる。コーチの言葉に、他の子はすぐに反応して練習できるが、長男は他の子たちがしていることを見て初めてやり始める。さらに、寝不足気味で、ボーっとしているというのもある。親としてはゆっくり眠れるよう子供部屋を用意して、別の部屋でゆっくり眠れるようにしてあげたのだが、それが却って淋しいということもあるかもしれない。だから、今はまた一緒に寝ている。子供部屋であれば、次男のそばではない(彼は動けないので危ないし、怒りたくても怒れない)ので、好きなように遊んでも叱ることもない。ただ、それが却って隔離されて淋しくなったのかもしれない。本当に難しい。
posted by いしのひげ at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。