2011年10月13日

チームホイトとマラソンと

先日、不覚にも深夜の番組をきっかけに涙を流してしまった。

Wikipedia チームホイト
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%82%A4%E3%83%88

Youtube Team Hoyt - Dick and Rick Hoyt
http://www.youtube.com/watch?v=flRvsO8m_KI&feature=youtube_gdata_player

始めはテレビ朝日系列の深夜番組だったと思うのだが、そこでこのチームホイトの紹介があった。日本のテロップでは奇跡が起きたような煽りが入れられていた。おかげでとても胡散臭く見えたのだ。

実際、「父親が脳性麻痺の息子を車椅子にのせてマラソンに参加する」というのは、私にはいい感じがしなかった。

私の息子のことを考える。脳性麻痺の息子の状態を考えると、車椅子に乗せられ走るというのは押す側よりも押さられる側が半端なく負担が大きいと思う。反対じゃないかと思うだろうか?押す人が大変でしょうという意見がほとんどかもしれない。しかし、押す側はただ二人分運ぶ大変さだが、乗せられるほうは自分のタイミングではない調子で運動を強いられ、クッションの悪い車椅子で弾まされながら進むことになる。動けない体をおなじ体勢で保持し続けるというのはすごい負担だ。

もともと筋緊張があるとすれば、激しい揺れの中で大きく筋肉が緊張するはずだ。筋肉が緊張すれば、血流は悪くなり、体は冷える。長い時間の緊張は筋肉の痙攣も引き起こすだろう。そして、走ることで空気により体はさらに冷える。冷えれば冷えるほど、体は痛むはずだ。

だが、見る側からすれば、運ぶ側だけが大変に見えて運ばれる側は苦労がないと思われがちである。賞賛は力強い父に注がれるばかりではないか?

大体本格的なマラソンともなれば、水分補給は欠かせない。ランナーは水を受け取り補給できるだろうが、リックにはそれは可能だろうか?

など、など、など。

どちらかというと、この父親に対する反感が強かった。

しかし、調べてみると全く違っていた。

脳性麻痺の息子のリックホイトがマラソンに出たいというのがことの始まりだったようだ。走れないが、それでもチャリティマラソンに参加したいという息子の言葉に答えたのが、この父ディックホイトだった。

Youtubeや英語サイトを確認すると、(日本語のWikiは生年に誤りがあり信用できない)
「リックホイトは1962年にディックホイトとジュディホイトの間に生まれた。
アメリカ合衆国マサチューセッツ州ホランドで。誕生時に酸素が欠乏し、脳性麻痺と痙性四肢麻痺になった。1962年当時でもあり、医師は両親にリックを施設に預ける様アドバイスしたという。
リックは話すことも動くこともできない。だが、両親はリックが頭を動かすことでYesNoを示していることに気づく。そこからすべては変わっていく。時代はパソコンの黎明期でもあり、リックが言葉を扱うことを可能にする時代でもあった。頭を動かすことで言葉を入力する機械を手にして、1975年公立中学に転入する。その後彼は大学にまで進学する。
1977年、事故で麻痺になったラクロスプレーヤーのためのチャリティマラソンが催された。リックは父にそのマラソンに出たいと願った。そして、父はリックを車椅子に乗せて走った。リックはそのレースが終わって”走っているときに、僕は障碍者ではないと感じた”と言った。」

そういう経緯で、リックの強い意志が父を動かし、チームホイトが誕生したのだと思う。。

また、父親とリックは20歳ほどしか年齢差がない。また父のディックはAir National
Guard空軍州兵で働いていた軍人であり、体は鍛えていたのは間違いないだろう。そういう条件化であったため、チームホイトが実現したといえる。

私の考えでは、脳性麻痺児が長生きすると思っていなかった。また、大学を卒業する可能性があるとも思っていなかった。だから、リックホイトが大学を卒業するシーンを見てひどく驚いた。走っているシーン以上に驚いた。

話せない、歩けない、たぶん手も動かせないリックホイトが大学を卒業し、50歳間近の現在まで生きており、働き、一人暮らししている。この事実は私には驚きだ。多くの事実を知って涙が止まらなかった。
posted by いしのひげ at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

風邪とPTとSTと自遊自在

月曜は妻が風邪気味。もーちゃんにうつすといけないので私は仕事を休んだ。

J吉とにゃあちゃんは保育園なのだが、ママが相手してくれないからか、にゃあちゃんはご機嫌斜め。保育園に送っていくこともできない。J吉だけを送っていく。メンドクセー女。

そして、もーちゃんはPTとSTのある日だった。だから私は休みを取ったのだ。風邪気味で連れて行くのは難しいし、PTやSTにも集中できない。なにより妻が風邪をこじらせると生活が面倒になる。

私は歩いて療育園までいった。もーちゃんはべビーカーに乗って。実は療育園は私の母校の中学校の裏手にある。実に33年ぶりに中学までの通学路を歩いたわけだった。当時だと15分くらいで走り歩きしていた。今回はベビーカーなので25分くらいかかっただろうか。到着間際になってもーちゃんが咳き込み。

PTで咳気味の話をすると療法士の先生が呼吸を楽にすべく姿勢を整えてくれる。ワイヤーケーブルの自遊自在の話もした。
自遊自在についてはネットで検索したかぎりでは、これを使ってヘッドレストを作るような紹介ページが見つからなかった。この製品は手で曲げることのできるワイヤーで、いろんな形状のクラフトが作れる。理学療法のための製品ではないので、あくまでも流用しているだけなんだろう。

http://nippoly.com/n/jiyu.html

首と頭の間にワイヤが通る形で、支えるというよりもあるべき位置に頭を誘導するように、療法士はワイヤーの形状を整える。これってかなり柔らかいケーブルなので、もーちゃんがぐっと力を入れたらワイヤーは曲がるんじゃないかな?直径は6mmくらいだそうだ。

椅子に腰掛けさせて、頭を自遊自在でサポート。脇をタオルを巻いたもので隙間をつめて正しい姿勢を楽に維持させていた。背中の腰の部分もタオルでサポート。そういう姿勢で首を支えるというより頭を支える感じで姿勢を補助していた。
姿勢よくしていれば呼吸が楽になる。楽に呼吸していると涎や痰も出てくる。そうすると風邪の菌やウイルスが涎として排出できる。

40分ほどのPTでかなり涎を出していた。痰で濁った涎だったのが、クリアな涎になっていった。

PTが終わると次はST。speech therapy。言語聴覚士というえらく怖い名称。実際にはもーちゃんの食事の練習だったりする。

STの療法士によれば、自遊自在は心斎橋の東急ハンズにあるらしい。そして、同じ建物の8Fに画材のカワチがあって、そこに緩衝材があるという。ケーブルのままではあたる部分が痛い。エアフォームと呼ばれる緩衝材でケーブルを巻き、ある程度の太さにしてあげるのがよいみたい。さらに上からタオルを巻いて接触部分を心地よく加工する。

上手にボーロを食べた。風邪気味のはずだが、先のPTで涎を出しきって楽になったか、むせたり咳き込んだりせずに食べていた。顎の裏をマッサージしてもらい、言葉も沢山出る。

STが終わり、相談担当と面談だったが自遊自在を買うのが気になって忘れて帰った。ひどい奴だ。すいませんでした。
posted by いしのひげ at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月05日

新しい試み、星を見る人

禁煙から1年が過ぎた。

相変わらずタバコを吸う夢を見る。嫌いになったから止めたわけじゃないので、当然かもしれない。夢の中では千円くらいになってて、それでもいいわと吸っている。

話は変わって。

昨年の同時期、禁煙とともに禁パケをした。携帯サイトの閲覧を止めた。その後スマートフォンに変えたので、こちらも続けているといえば続けている。
月の携帯電話代は2,3000円。多くても5000円か。

増えているものもある。体重もそうだが。

スマートフォンになってmixi,twitter,facebookとwebコンテンツの利用が増えた。greeやモバゲーといった携帯サイトがスマホ対応したのもある。かなりの時間を消費していた。
ここ最近は電子書籍を試している。Lismoで高いと言いながら、「探偵はバーにいる」を買って読んだ。購入した金額以上にポイントがついて、「バーにかかってきた電話」も買って読んだ。

NHKのハングル講座の本も買った。こちらも2冊を1冊の値段で買えた。ただ4インチの画面では見開きで左右に日本語と外国語を表示すると文字が小さすぎる。

なんやかやとスマホで読む時間が増えた。しかも本と違って多少暗い環境でも読めるのだ。閲覧時間が倍増していると思う。
それで、目がすごく疲れる。
視力が落ちているのを実感している。

ということで、mixi,twitter,facebook,gree,mobageを退会する。退会方法がわかりにくいものは放置する。

携帯を見てた時間を、星を見て過ごすことにする。
posted by いしのひげ at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。