2011年06月30日

6月の終わりと連続真夏日

6/27
息子(長男J吉)を保育園に連れて行って、帰ろうと思ったら大量に吐いた。熱中症の恐れもあるので連れて帰った。帰宅してまた吐いたので、ママが医者に連れて行った。熱中症にはご注意。

今日はアイスノンを二個買った。水枕が水漏れしたからだ。元のと合わせて三個になった。息子が発熱して、ママも発熱。二個買ってちょうどよかった。冷凍庫と寝室を行ったり来たり。ようやく皆寝た。

次男もどうやらうつされたか。かなりの下痢便。おむつを交換したら、よく寝た。私、ようやくの休息v

6/28
長男と次男とママはアイスノンで仲良く休んでいたらしい。

6/29
一昨日の寝不足が祟ったのか、発熱。といっても37.4℃。しかし、寝不足+発熱で仕事にならないと思い仕事を休む。買ってきたアイスノンが大活躍やなあ。

夜、花火を楽しむ。ご近所さんが孫のために買っておいたそうなのだが、孫が来ないので譲ってもらった花火だ。

6/30
長男J吉くん久しぶりの保育園。

無傷だったのは、長女のにゃあちゃんだけだ。さすがに女は強いもの。
posted by いしのひげ at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月16日

天理教のおぢばがえりと保育園と

7月が見えてきた。その頃に頭の痛いことがある。

年中組から年長組にかけて、子供たちの通う保育園ではおぢばがえりに参加するようになる。強制ではないので、参加しないでもいいというのは建前だ。遠足だったり、お泊り保育だったりが、天理教のおぢばがえりに組み込まれている。

私は、天理教に対して批判的なわけではない。そうだったら、天理教が運営している保育園に入園させることはなかった。単純に家から近い保育園で、なおかつ受け入れてくれる保育園であれば、それだけでよかった。

下調べが足りないんだよと突っ込みをされる方もいるだろう。だが、そこは大阪市の認可保育園である。未認可の私立の保育園ではない。保育園の事業は大体ボランティア的で運営がなされてきたようで、多くは宗教組織が母体であることが多い。

私も高校は仏教高校であったので、ある程度は理解しているつもりだった。ただ、それでもこの保育園の運営が一宗教に偏向しすぎなのがいただけない。遠足に行く先が天理教の教会本部というのでは。これが、高野山であったり、比叡山であったりするなら特に気にもしないのだけれど。一般的な宗教体験から一宗教に向かっていくのならいいのだ。初めからひとつの宗教に向かわせる。そこが、天理教という宗教の特色なのかもしれない。

ほかの宗教に対して寛容でないのがいただけない。

私が何が嫌いといって、私の神だけが正しい、貴方の神は間違いだという態度が嫌いなのだ。他者に対して寛容でないのが大嫌いなのだ。直接間違ってるよと言うならまだましで、そ知らぬ顔で踏みにじるのが大嫌いだ。

たとえば、意識して行う差別はまだましで、知らずにする差別ほどひどいものは無い。知らずにしたから罪は無いと考えるなら、この世に倫理も法もいらない。無意識を理由に逃げたり消極的に正当化したりするのは、意図してやってるのと変わらないと思う。正当化する分性質が悪い。

こういう風に宗教体験させることは差別の場合と変わらないと私には思える。知らずにしているからいいじゃないかと言うなら、それは最悪だ。ましてや、4歳や5歳の子にさせることではない。

まあ、そんなわけで、わが子には遠足に参加させられない。

わが子が友達と遠足に行くのを楽しみにしているとしても。
ひどくつらい。
posted by いしのひげ at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月14日

ドラマCity Hall

現在BS JAPANで放送されているシティホールという韓国ドラマがある。次回放送で最終回。

私は韓国映画は見るがドラマは見ない。特に深刻なのは苦手で、有名な「冬のソナタ」は一話も見ていない。映画もそういえばコメディを好む。好きなのは、「猟奇的な彼女」だ。

だから、チョンジヒョンとチャテヒョンの出演映画はよく見た。キムハヌルも。そして、シティホールに主演しているキムソナのも。

キムソナの出演したドラマ「私の名前はキムサムスン」を見ている。実は全話みた韓国ドラマは後にも先にもこれしかないのだ。

で、シティホールは久しぶりに見る韓国ドラマ。
キムソナは相変わらずおばはん臭く、それでいてとてもキュートだ。恋人役のチャスンウォンは(またチャだよ)チャテヒョンとは違って二枚目だ。ひげがあるのでややワイルドな感じ。

このドラマのどこがいいって、舞台がソウルじゃないこと。田舎の景色がきれいだ。そしてBGMがいい。
パクサンウの「サランハゴサランハニダ(愛して愛します)」やホランの「プラナンサランUncertain
love」、チェドンハの「Smile」となかなかの歌が揃っている。

チェドンハについては、よく知らなかった。SGワナビーというグループで活動していたが、この曲を作った頃には脱退していたようだ。そして、ソロ活動を続け、今年の五月に自殺している。

SGワナビーは知っていた。ひまわりという曲を気に入って聞いていたからだ。そして、このドラマも好きだ。チェドンハの訃報も聞いた。でも、この三者が私の中では繋がらなかった。
こういうものなのだ。多くの情報は流れているが、その関連付けは個人任せ。気づかなければ、気づかないまま。まあ、そうであっても困らないだろうという方には関わり無いこと。

興味を持ったからには、歌詞を訳して覚えたいと思ってる。でも、その前に。このドラマは13話から見始めた。レンタルビデオで借りて1話から見たいと思う。
posted by いしのひげ at 04:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月09日

子育てのち教育

いずれはこういう本を読むようになるのかしら?

『強育論』 宮本哲也 (ディスカヴァー)
http://blogs.yahoo.co.jp/chanchan_yanagi/50828954.html

『なぜ勉強するのか?』 鈴木光司 (ソフトバンク新書)
http://blogs.yahoo.co.jp/chanchan_yanagi/50648133.html

とは言え、我が家にはこれらの著者よりも優れた人物がいる。もーちゃんである。
なぜ生きるのかを身をもって教えてくれている。ずっと懸命に生きている。

個人的には、勉強は面白いからやるんだよと思う。面白くないことに時間を使うなんて無駄。
山に登れば山からの風景が見える。山裾から想像するのとは違う景色が広がっている。勉強も一緒だと思う。
posted by いしのひげ at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月06日

公図訂正と実印と

先日と言っても随分前寒い時期、土地家屋調査士から一通の承諾書が届けられた。

公図に誤りがあるので訂正したいので承諾してくれと言うものだ。印鑑証明と実印を押印してくれと言う厚かましいお願いである。

家屋調査士の依頼人である地主とは面識さえない。知らない誰かに実印をくれというのは、どんなお大尽だろうか。それも、業者を使って。

今日はその業者、土地家屋士が訪ねてきた。地図を見せて判がほしいというのが来訪理由だった。

地図の正しさを強調し、現在の公図に誤りがあるという。だから、訂正するのは正しいでしょうと言わんばかり。お宅の前に道路があるが、旧図にはないでしょう。この道路のどこまでがお宅だと思ってますか?などと聞く。

バカらしい。

正しい図をなぜ金を払ってまで作り法務局に訂正依頼するのかを説明しない限り、私は判など押さない。代理人は地主の魂胆まで答えられまい。地主本人が話し合いに来るなら聞いてやらないでもない。

業者には、只だからお宅が得するから判を押せと言う。判が無理なら、前の道はお宅の土地ではないと確認したいという。みなさん喜んで判を押すという。近所の方は、判は押さないが異議申し立てまでする気はないと言ったという。まあ、無茶苦茶だ。

その時、三軒向こうのご近所さんが通りかかった。「また、来てるのか」と業者を睨み付けていった。全くである。

いろいろ調べると普通に住む分には公図が間違っていても問題ない。ただ、分譲マンションなどのために土地を売るには問題なのだそうだ。

まあ、そんなところだろう。
posted by いしのひげ at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月02日

もーちゃんの背伸びと笑い

もーちゃん、最近は調子がよい。今朝などは両手を頭の上にぐんと伸ばして声を出して伸びをしていた。

電気鍼をしてから血行がよくなり、手足の緊張も緩和したのかもしれない。現在は週に一回の電気鍼治療を続けている。4月に始めたのだが、風邪をひいて入院したりと継続的に通いだしたのは5月からだ。

体調がいいから、これまで実施できないできていた予防接種を受けることになった。実際いまだBCGのみ接種した状態だ。DPT、ポリオ、はしか(MR)、日本脳炎の予防接種が必要なのだ。そのために主治医の確認書を取得した。ポリオは生ワクチンから不活化ワクチンに切り替わる時期なので急がないのか、ポリオは小児麻痺の予防なので脳性まひのもーちゃんには不要と考えているのか、後回しになった。不活化ワクチンの承認は2012年の見込み。

先日はキャキャキャッと笑っていた。以前にも発作的に見える笑いは何度か見ている。定期的に笑えるようになれば、ほんものの笑いと考えてもいいだろう。毎日あるわけでもなく、まだまだ笑う姿は珍しいことだ。まあ、それでも体調がいいからなのだろう、背伸びや笑いが出るようになったのは。

よくここまで育ってくれたものだ。多くの方々の支援に感謝。
posted by いしのひげ at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。