2011年04月15日

桜ともーちゃんと肺炎

次男坊のもーちゃんが先週から保育園に登園している。初日から保育室が寒かったり、そのため発作が多く出たりしたと妻から聞いた。先日は鼻たらして咳をしている子供がいたらしい。

いろいろあるわけだが、昨日もーちゃんは風邪をこじらせて肺炎になって入院した。

その前々日には耳鼻科で診察してもらって薬を処方してもらったのだが、難しいものだ。また火曜は訪問看護ということで看護士にも来ていただいている。それでも、肺炎にはなるものだ。

完璧にはいかない。入院していても肺炎にはなる。

それでも親としては一応、医者や看護士に対して懸念は表明せねばなるまい。どうなってるの?と。

肺炎が風邪ではなく、離乳食の誤嚥によるものではないかと危ぶんでいたのだが、主治医によるとあくまでも風邪によるものと診断をいただいた。心配せずに離乳食を続けてあげられそうだ。
本人は顔色もよく(たぶん生まれてから一番いい顔色をしている)、とても元気で、食欲も旺盛だ。食べ終わった後1,2時間で口をモゴモゴさせて次の食事を催促してたりもする。離乳食が楽しそうなのだ。

急な入院で妻はもーちゃんに付き添い、J吉やにゃあちゃんの保育園のお迎えには私が行った。兄姉二人はよくは理解できていない。いつもの弟の入院と区別できていないかもしれない。
一応は「風邪でヒューヒューいってたやろ。呼吸が苦しいからお医者さんのとこに入院してるうやで」と教えてはいる。

次の日曜は保育園のお友達とJ吉、にゃあちゃんは花見の予定だ。もーちゃんの入院で少しばかり変更はあるかもしれないが、花見にはいくと思うよ。
posted by いしのひげ at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。