2011年04月04日

はじめての電気鍼

土曜日にもーちゃんと電気鍼をしてもらいにいった。

もーちゃんは出生時の仮死状態のために脳性麻痺と点頭テンカン発作がある。医者にはかかっているが、テンカンは難病であるため完治していない。三月半ばまで二ヶ月ばかり入院していた。新薬を試しているところだ。が、結果は芳しくないようだ。

夏には二歳になるが、首も座りそうで座らない。医療やリハビリだけでは緊張もおさまりそうにないので、針灸にも連れていく。ベビーマッサージや足湯などもしているが、身体が極めて冷えることがあるので、鍼灸がいいかなと思うのだ。

しかも、聞くところによると医療でも迷走神経を電気刺激する治療法が試されている。それなら、電気鍼を試してもいいではないかと思った次第。

本来はママも一緒に行くところだが、姉のにゃあちゃんが気管支炎になった。延期というのもありだろうが、早く試してみるに越したことはない。私パパともーちゃんの二人きりで大阪北の堂島針灸院を訪ねた。

鍼を施術された人は知ってると思うけれど、鍼が刺さっての痛みは強くない。鍼に対する恐怖感で痛みを覚える。もーちゃんは頭に十本ばかり鍼を生やした状態になったが、泣きもしない。そうして、鍼から微弱電流を流す。流すこと十分ばかり。

はじめはキョロキョロ周囲を見回すようで落ち着かなかったが、暫くすると気持ちよさげになった。顔色がよくなった。血行がよくなったのだろう。頬に朱が差した。

鍼灸師の見立てでは、背骨の湾曲と小頭なところ、特に頭の左側がに何かあるということだった。電気鍼と小児鍼をしていきましょうということだった。

私が連れてこれても週に二回まで現実には一回がいいところだ。やはり、ママ次第になる。
帰宅して、いつもより調子のよいもーちゃんを見て妻も電気鍼に対する評価をよくしたようだ。

とにかく顔色がいい。そして、血行がよくその分声がよくでる。身体が冷えないから発作も少なかったようだ。

mixiである方にこの針灸院を教えてもらった。感謝。

引続き通院できるかどうかは、これからの状態次第だが、できる限りは集中して治療してやりたい。
posted by いしのひげ at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。