2011年02月28日

蕎麦屋にて、助六ゆかりの江戸桜

c-22.jpg写真は、蕎麦屋で見かける浮世絵。http://www.vinet.or.jp/~w1-mondo/museum/uki-m/c-22.jpg

この絵のキーワードは「助六 松本幸四郎」、「五渡亭国貞」、そして「福山」。

助六というと、寿司のパックで見かける。いなり寿司と巻寿司の組み合わせのことだ。歌舞伎の演目、十八番の一つ「助六由縁江戸桜」に登場する主人公助六の愛人が「揚巻」という名で、揚(いなり)寿司と巻寿司の組み合わせで助六とよぶそうな。

松本幸四郎は皆さんご存知の歌舞伎役者だ。松本幸四郎というのは、歌舞伎役者の名跡である。現在は9代目になる。松たかこのパパといったほうがわかりやすいのか。あるいはラマンチャの男と呼ぶべきか。この9代目と助六には深いつながりがあるのか、よくは知らない。
五代目松本幸四郎(1764年〜1838年)
と助六と後述する歌川国貞には関わりがありそうだ。五代目の頃に助六が市川団十郎演じる助六所縁江戸櫻として上演されたらしい。(助六所縁江戸櫻(すけろくゆかりのえどざくら)は市川団十郎と市川海老蔵の専売特許だそうな。松本が演じるときは「助六曲輪江戸櫻(すけろくくるわのえどざくら)」とか。)

五渡亭国貞は1786年から1865年の間に生存していたという絵師。初代歌川国貞で三代目歌川豊国ともいうそうだ。五代目幸四郎と時代が重なるわけだね。だから、この絵は五代目松本幸四郎か。

福山は助六の中のエピソード「くわんぺら門兵衛と福山のかつぎ」の福山ということだそうだ。福山は蕎麦屋ではなく、うどん屋。そのうどん屋の出前持ちとくわんぺら門兵衛が争いになる。出前箱が門兵衛にぶつかったとか、どうとか。そして、しまいには門兵衛は饂飩をぶっかけられる。


うどん屋の浮世絵だとは、思いもしなかったね。そば屋はなんでまた飾っているのか?
posted by いしのひげ at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

もーちゃんの退院のはなし

私はここのところ仕事も忙しくて、早く帰宅できそうなときはもーちゃんの病院に立ち寄っている。そういうわけで、少し疲れ気味だ。しんどくなくて、どうでもいい話なら細かく突っ込む気はない。

「赤い花あるんやけど、どう思う?」

私には見えてないんだけど、ここらへんがメールの盲点かもしれない。どうでもいいことなら、「いいんじゃない」って返事する。

ましてや、それが本人が見たことなのか、思ったことなのか、誰かから聞いたことなのか、漫然としていると、私には何を話されているのかわからなくなる。どうでもいいことなら、構わないんだけどね。
そして、わからないから私が細かく確認することになって、それでもって貴方が誰かにさらに尋ねるのなら、私は何も話せなくなる。

で、ますますややこしくなる。

しんどいなら、無理してまでしなくていいだよなあ。

焦ったり無理してやると失敗する。自分だけのことなら失敗してもいいんだけど。
失敗が問題なんじゃなくて、焦ったりむりしてやってるのが問題なのよ。

もーちゃんの退院のはなしは願ったりなのだ。でも、その話の後で、毎日のように発作でダイアップを投与してるとか、ダイアップしたせいなのかSPO2が下がって酸素吸入させてるとか、新しい薬を処方し始めたところだとか。そんな状態で退院できるの?というのは当然の疑惑を生むよ。

看護士が多忙だからいいかげんに薬を与えているのはわかるし、薬もeasyな薬なんだろうとはわかる。それでも、疑問はわく。理解はしても納得はしない。

で、ますますややこしくなる。

もーちゃんの退院については、「もーちゃんが楽な状態になっていて、退院したほうがさらに楽になる」ということだけが、ポイントだと思ってるんだよ。

しんどいなら、無理してまでしなくていいだよなあ。
posted by いしのひげ at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

にゃちゃんのバースデー、4歳

kyuarhythm.jpg我が家の長女、にゃあちゃんの誕生日。これで4歳になった。

おとなしいと思っていた子供だったのに、今は口から生まれてきたかのようによく喋る。それも減らず口を叩くようになった。ママにはかなり偉そうに上から目線の言葉遣いをしている。室内灯を消し忘れてるだとか。お片づけしていないとか。お前は姑か。

とは言え、まだまだ赤ちゃんで夜はオムツが取れないし、昼間も熱中して遊んでいるとおしっこに行くのを忘れる。自分のおもちゃは出しっぱなしで、お着替えもほったらかし。着替えさせてと甘えたり。おトイレでもお尻を拭いてと甘えたり。カと思えば、逆に自分でやりたかったのにと涙をためて泣く。

そんなにゃあちゃんが、とてもおしゃれ好きになってきた。今回のバースデープレゼントも靴と髪飾りとスイートプリキュアの服だ。キュアリズムの白いドレスだ。購入して早速お着替えしていた。今日のバースデーパーティーは盛装していることだろう。

おめでとう!

おしゃれさんで、いけずな君。
posted by いしのひげ at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

もーちゃんとVNS

我が家の次男。もーちゃんは難治性てんかん、WEST症候群をわずらっている。これまでの治療は功を奏していない。

先般、VNSについて教えてもらい、主治医にも尋ねたところだ。情報が足りないので調べている。

VNSについて調べてると、こんなことが書かれていた。


脳の深部や表面を電気刺激して発作を抑える治療、頭の外から磁気をあてて
発作を抑える治療、脳を部分的に冷却して発作を抑える治療などの研究開発が、世界的に進められています。

http://plaza.umin.ac.jp/~kenkawai/


頭の外から磁気をあててなんてのはもーちゃんが受けている小児針そのまんま。
脳の深部や表面を電気刺激してってのも、電気鍼だ。
いい鍼灸師のところに連れて行くのがいいかもしれないと、あらためて思った。大阪は小児針が盛んだし、鍼灸師も多い。

脳を部分的に冷却というのは、氷嚢で冷やすのとは違うんだろうね。

ただし、このページには以下の記述があって、少し古い情報かもしれない。

日本では1990年代半ばに臨床治験が行われましたが、厚生労働省の承認にいたらず、残念ながら今日でも薬事法上未承認のまま

http://plaza.umin.ac.jp/~kenkawai/


VNSは2010年1月に薬事承認されている。

VNSの装置は保険適用外で、患者にかかる金銭的な負担が大きい。だが、今年1月に薬事承認され、小児も含めた保険適用に向けて大きく前進した。若井院長は「難治性てんかんの患者にとって光明となる治療法。なるべく早期に保険で使用できるようになってほしい」と期待をかけている。

http://www.hokkaido-np.co.jp/cont/health_news_tokushukiji/89264.html


そして、7月から保険適用されている。

今年7月から保険がきくようになり、3割負担では75万円だが、高額療養費制度を申請すれば、世帯所得が年600万円を超えない一般区分では約10万円に負担を減らせる。電池が4〜7年で切れるので、治療を継続する場合、装置交換の手術が必要になる。

http://itii7.blog.so-net.ne.jp/2010-10-15


なんにしろ、昨年の7月から保険適用されたばかりで、かなり症例は少ないに違いない。まだまだ、情報を集める必要がありそうだ。
posted by いしのひげ at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

もーちゃん、一時帰宅で風邪ひき

我が家の次男、一歳児のもーちゃん。WEST症候群の発作のため一月から入院中。

週末は一時帰宅して、発作の様子を確認する日々。医師からすれば薬の調整くらいしかすることはない。まあ内科だから、当たり前のことかもしれないが。

この週末はとんでもなく寒く、妻も体が冷えて風邪をひいた。子供たちは雪だるまを作って喜んでいたが、彼らのママは寒いのが苦手。雪だるま作りの手伝いのおかげで風邪をひいたんだろうか。

そんな中、親戚から訃報。やはり、肺炎になりやすい気候だったか。
日曜に通夜だけに出席した。葬式は妻はもーちゃんを病院に送っていかなくてはいけないし、私は仕事を休めなかった。

月曜、もーちゃんは入院すべくママと車で移動。大雪に見舞われたが、一足早く到着したようだ。葬式は雪で大変だったろう。私は月曜はもーちゃんの顔をみることもできず。雪のバレンタインデー。

火曜日に病院に向かうと、もーちゃんが発熱していると看護士から聞く。
やはり、寒さがいけなかったか。ママが発熱しているのがうつってしまったか。
39度台の発熱で、しんどそうだ。

そうでなくても、体中が筋肉痛気味なのに、発熱するとさらに痛むだろう。インフルエンザではなかったようなので、つまりはただの風邪。水分を取って、頭を冷やしながら、よく眠るのが一番。

風邪に打ち勝てばまた一ついい面構えになるだろう。
posted by いしのひげ at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

青空文庫で太宰の「人間失格」を読む

太宰治「人間失格」とは、女に持てるハンサムな金持ちのおぼっちゃんのモラトリアムな回顧録。

ごたいそうなタイトルで、かなりむかつく。高校の頃、太宰治信者のような奴がこの作品を読むよう薦めたのを思い出す。また、それにむかつく。

人間失格なんてタイトルほどのこともない。人間として何が失格かと問えるほどのことは何もしない。主人公にはどこまでも自己中心的な生活しかない。だから、箱庭的な世界観だ。薄っぺらい。高校当時も嫌いだったが、今はもっとむかつく。最後まで読み続けるのは難しいな。

主人公の葉蔵がやさしい人間だというのはわかる。人の心がよく理解できるらしいのもわかる。だが、とても独善的で、かっこつけすぎる。自己を正当化する言葉がやたらと出てくる。時折、卑下しているのはポーズにしか思えない。

カフェの女の件など、ひどすぎて笑った。グダグダ言ってるくせに、悪友をカフェに連れて行き、只酒を飲ませてもらうばかりだ。挙句、カフェの女と一緒に自殺だと。人間失格というよりは、ちゃんと自分の人生を生きろよと呆れるだけだ。彼には、自殺する理由すら見当たらない。ほんとに呆れる。

最後まで読続けられたなら、私も我慢強い人間に変わったということだな。
posted by いしのひげ at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月08日

長男J吉5歳、風邪かな?

私の長男のJ吉、保育園のお昼寝がなくなってから毎日機嫌が悪いらしい。ママがお迎えに行くとグズグズすこぶるつきの機嫌の悪さなのだとか。しんどい、しんどいとうるさい。

もーちゃんが入院して三週間になる。ママを独占できると思ってか、長女のにゃあちゃんも赤ちゃん返りなどしてママを困らせている。父ちゃんが目撃するとビッシビシ叱るのだが、ママはやはり優しい。やさしいから子供たちは余計甘えたがる。で、さらにママは困るというスパイラルに陥る。J吉もたぶんにママに甘えたいのだろう。

J吉は今日は熱が出て保育園をお休み。堂々とママを独占だ。風邪気味の兄と一緒ということでは、もーちゃんの病院にはママも行けない。

朝のうちは鼻づまりがきつかったのか、2度ばかり吐いた。熱は37度台だが、体に芯熱がある。もしかしたら、もっと高熱になりそうな按配だ。

夕方の妻からのメールによれば、J吉は下痢だそうだ。朝には下呂、夕べには下痢。忙しい奴や。

随分体が強くなって、この一年保育園をお休みすることはほとんどなくなったのだが、残念。
ま、早く治ってほしいな。
posted by いしのひげ at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

迷走神経刺激療法(VNS)のはなし

妻の母から迷走神経刺激療法について、アドバイスがあった。

迷走神経刺激療法(VNS)というのは初めて聞いたので、調べてみる。


「迷走神経」は脳と内臓を双方向に結ぶ神経で、左右に一対ある。この治療では左の迷走神経の首付近に電極を巻き付けて電気刺激を加える。この刺激が迷走神経を通じ脳に伝わると神経活動を安定させ、発作の軽減が狙えるという。

電池を内蔵した電気信号発生装置は横4・5センチ、縦3・2センチ、厚さ7ミリ。手術で、左胸の皮下脂肪の下(筋肉の上)に埋め込む。首の迷走神経に巻き付ける電極はリード線でこの装置につながっている。

手術2週間後から電気刺激を開始。最初は5分間隔で30秒間刺激するが、患者の状態に合わせ、徐々に刺激のペースと強さを増していく。刺激の調節は医療機関で行うが、装置を埋め込んだ胸の上に専用機器を近づけ、電磁波を送って設定変更する。

迷走神経 刺激療法… 体内に電極 てんかん抑制
http://itii7.blog.so-net.ne.jp/2010-10-15


手術が必要ということ。


3月7日、智子は、東大病院、脳外科で、VNS(迷走神経刺激療法)の装置をコントロールしている、胸に埋め込んだ器具のチェックをしていただきました。そのとき、担当の医師から、希望を感じるニュースを伺いました。「近い将来、VNS(迷走神経刺激療法)の治療が保険適応されそう。」というものです。「これまでは、日本では、VNS(迷走神経刺激療法)の治療は、保険適応されておず、VNSの希望者が、医師にお願いして、装置を個人輸入し、首と胸に器具を埋め込む手術をしていただいており、約200万円くらいの費用が必要でした。一方、欧米では、VNSは保険適応されているそうですが、実際に、智子も、アメリカ滞在中に、担当の医師に勧められ、手術を受けましたが、保険でカバーしていただくことができました。欧米では、一般化している治療のようですが、日本では、大変珍しく、九州や西日本には、手術で埋め込んだ装置の状態を見ていただける医師がおられないため、智子は、年1回程度、東大病院の医師に診ていただいているところです。

VNS(迷走神経刺激療法)
http://tokochan.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post.html


上の記事にあった東大のサイトが詳しい。


難治性てんかんに対する迷走神経刺激療法
左頚部迷走神経に刺激電極を、前胸部に電源装置を埋込んで、左迷走神経を常時間歇的に電気刺激することで大脳全体の発作抑制力を高めようという治療法です。

迷走神経刺激療法の発作抑制力は、てんかん焦点切除術などの開頭手術ほど強くはありませんが、開頭手術が不要なこと(低侵襲性)と刺激をいつでもやめられること(可逆性)が大きな長所です。また、発作に対する開頭手術を受けた後に残ってしまった発作に対しても効果があることが確認されています。

1988年にアメリカで臨床応用が始められ、1997年にはアメリカ食品医薬品局が認可しました。日本を除くほとんどの先進諸国ですでに認可されており、2005年までに世界中で4万人近いてんかん患者様に治療が行われています。

日本では1990年代半ばに臨床治験が行われましたが、厚生労働省の承認にいたらず、残念ながら今日でも薬事法上未承認のままです。

東京大学医学部附属病院脳神経外科では、この治療を希望される患者様方のご要望に応えるべく、学内倫理委員会の承認を経て、2005年度より「医師個人輸入による研究医療」として本治療法を開始しました。

難治性てんかんに対する迷走神経刺激療法
http://plaza.umin.ac.jp/~kenkawai/vns.html


もーちゃんの主治医にこの治療法について尋ねた。静岡のてんかんセンターになら紹介するという返答だった。つまり大阪ではこの治療はしていないか、あまり症例がないということなんだろう。まだ成人への治療がはじまったばかりで、1歳児の治療については経験がないという感じだ。現実としては手術となると数週間から数ヶ月の滞在を余儀なくされるんだろうから、上の二人の子のことを考えるとかなり難しい。
posted by いしのひげ at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

将棋初段になるための・・・

「初段になるための将棋勉強法」という本が紹介されていた。

初段になるための将棋勉強法
http://www.amazon.co.jp/dp/4861916992?tag=toyamayusunob-22&camp=243&creative=1615&linkCode=as1&creativeASIN=4861916992&adid=008T51P4PDFRPXG8QZQY&


今日は表題の本について。
取材に協力したことで、先日献本いただきました。
面白くてこの連休で一気に読破しました。

http://chama258.seesaa.net/article/183231008.html


個人的には、こういう本は好みじゃない。受験本みたいでいやなんだわ。たいてい教則本ってうすっぺらい感じがする。教育実習で指導要領を見ながら、それを気にしながら教えたのを思い出す。底のない薄っぺらい授業をしてしまった。

いろんな情報を組み合わせて記憶は組み立てられる。そういうもんだと私は思ってる。合理的でその部分だけを覚えるやりかたは効率的かもしれないけど、応用が利かない。早く楽に覚えられるかもしれないけどね。頭を使わないとすぐに忘れる。組み合わせて奥行きや幅のある記憶の場合は違う視点から思い出したり、再構築したりできる。ただ覚えるのは大嫌いなんだわ。

さて、こういう本(HOWTO本)が将棋にも流行りだすのかねえ。将棋を楽しむための初段だと思うのだけど、初段を取ったから楽しいわけではないだろう?

第一、この初段って何だ?将棋教室の初段か?雑誌や新聞の初段認定か?学生のクラブ活動の将棋初段か?Yahoo将棋?将棋クラブ24の初段?
将棋初段て言っても、全国一定の基準のないものなんだよねえ。
posted by いしのひげ at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。