2011年01月31日

もーちゃん、一時退院す

私の次男坊、もーちゃんが1月中旬に入院して、そろそろ10日になるのか。

1昨年彼は胎盤剥離の中、新生児仮死で生まれた。ほぼ1年WEST症候群の闘病生活を続けている。ただし、昨年の春以降は在宅療養をしていたのだ。痙攣発作が強くなったので入院して検査と投薬調整をする。

今回の治療は、フェノバルビタールを投薬。てんかんのけいれん発作をとめる作用があるらしい。結構デリケートな薬のようで点滴で服用量を増やしていた。その他にはラックビーという薬も出ていたが、一般にはビフィズス菌というらしい。つまり整腸効果のお薬。その他は以前と変わらず、ランドセン(一般名:クロナゼパム)とリオレサール(一般名:バクロフェン)。てんかん発作を予防する薬と抗痙縮剤。

去る土日は一時退院して自宅で様子を見るということになった。病院だと長く傍にいることができないので、この土日はうれしかった。
もーちゃんも病院に比べると元気になっていた。大きな声をだしたり。

2月に入ると、もーちゃんの姉のにゃあちゃんのバースデーがある。もーちゃんにはその頃には無事退院してもらいたいのだが、果たしてどうなるか。

同室の患者の中には完治して退院していく赤ちゃんたちも結構いるし、もーちゃんとあまり変わらない麻痺や痙攣で苦しむ状態の患者もいる。さらにその上呼吸困難な厳しい患者もいる。

親たちは症状に関わらず、やはり深刻な気持ちを持っているようだ。だから、妻などは他の患者の親たちによく話しかけられている。私は親たちに比べると年齢がかなり上で、病院を訪れる時刻も遅いことから、あまり会話を交わすことがない。同じように入院していても、病気は大きく違うので子供たちの病気について話してもあまり甲斐はない。女性はその点何とはなしにお話しするのが得意だから、患者の母親たちの歓談は進む。傍で見ていて不思議なくらいだ。

1歳5ヶ月。もーちゃんにとっては、しんどい日々はまだまだ続く。
posted by いしのひげ at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

青空文庫で芥川龍之介を読む

IS06で青空文庫を利用中。

セブンで立ち読みとかも試してみたが、読みづらかった。現在はIS06で青空読手というアプリで読んでいるのだけれど、とても読みやすい。文字フォントのサイズを変えられるので、自分が読みやすいと思えるサイズを選べる。

今回は芥川龍之介の作品を読む。その前に菊池寛の「真田幸村」を読んだ。司馬遼太郎の「城塞」と重なる部分が多い。菊池寛なんて書店だと手に取ることもないし、めったに在庫もない。ここらへんがネット書籍のいいところかもしれない。

さて、芥川も未完の作品を選んで読んだ。邪宗門である。
同一タイトルでは高橋和巳の作品を読んだことがあるが、あちらは大本教。こちらは摩利信乃法師
(まりしのほうし)で摩利教。イメージはキリスト教のようだ。作品的には活劇と呼ぶべきもの。残念なことに、仏教僧侶と摩利信乃法師
が対決し仏僧が敗れ、さて堀川の若殿との対決!という盛り上がりのところで、お話は未完で終わっている。

学生の頃は楽しく思わなかった芥川が、これほど楽しいものだったとはね。

ということで、現在はアルセーヌルパンを読書中。
posted by いしのひげ at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

IS06発信すると画面真っ暗

いろいろトラブルのが、スマートフォン。
前回はブラウザが固まって、キャッシュとデータ削除で復旧した。

さて、今回は電話発信。かけるまでは問題ない。が、発信後画面が真っ暗に。電話を切ろうにもボタンが表示されないので操作できない。電源ボタンを押しても反応がない。仕方なく、電源パックを外す。

インストールしたアプリがわるさしたのか?とりあえず、電話アプリのキャッシュとデータを削除した。が、同じ症状。いくつかアプリを削除するが、変わらず。

ネットで調べるに、どうやら画面保護シートが悪さしているようだ。近接センサーを覆ってしまうと近接していると判断して、画面を表示停止するようだ。
不思議なのはこれ、ほとんどのアプリでは何も変わらないこと。近接していて影響するのは電話アプリだけなのかもしれない。

だから、余計に慌てることになった。

保護シートの右上をカットすると、近接の判定は消えたようだ。電話発信しても、画面は表示できた。
しかし、この機能は不要だな。センサー部が汚れても同じ現象に見舞われる。
posted by いしのひげ at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

もーちゃん入院す

もーちゃんは痙攣(けいれん)が強いので主治医と相談して検査入院することになった。一昨日のことだ。

点頭癲癇の発作だけでなく、体が右後ろに捩れるような発作が目立つ。左手が上に上がる発作も出る。油断してもーちゃんをだっこしていると漫才の突っ込みみたいなのを食らう。あるいは頭突きを食らう。

例によって妻が異常に気づき主治医と相談したのだ。

検査入院であるから、いつまでかかるかはわからない。治療方針がはっきりするまでになるだろうか。医師からは2週間くらいと言われたようだ。
posted by いしのひげ at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

青空文庫で「坊ちゃん」を読む

無料ということもあり、携帯で本を読めるので青空文庫を試し読みした。

文字が読みやすいし、本と違って暗いところでも読める。場所を選ばないという点で電子書籍は便利かもしれない。防水したリーダーであれば暗い風呂でも読めるわけだ。

なんだか、誤植が多い気がする。この作品は何度も読んだのだが、おかしな文章がある。
それはさておき。

昔は気にならなかったが、今読むといろんなことが気になる。

時代背景は日清戦争の後ということ。1895年以降で日露戦争の勃発前ということだから、1904年まで。
坊ちゃんの赴任先は松山中学。実際に漱石が松山中学で教師をしていのが1895年。当時は愛媛県尋常中学校といった。そうすると時代は1895年なのか。

端渓ってなんだ?崋山は誰と誰?とか

高知のなんとか踊りってなんだ?花取り踊りではないかというのだが。

とりあえず、大層おもしろかった。
posted by いしのひげ at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

三回忌、そして三十三回忌

父の三回忌が終わった。妻の父母、姉、弟夫婦には遠くから来ていただいた。姉家族にも出席してもらった。その人数は合計10人。私たち家族を含めると15人。

これだけの大人数だと、いろいろと足りないものが出てくる。座布団も足りない。テーブルも足りない。コップ、湯のみ、茶碗、急須も。ついでに電気ポットも壊れたので、前日にたくさんの買い物に行った。

今回は仕出し屋に頼まずに家で料理を用意した。年末年始に随分物入りだったせいもある。それでも材料を買うとかなりの金額だ。

お刺身−マグロ、サーモン、いか、はまち。揚げ物−ポテト牛巻きフライ、手羽中から揚げ、エビフライ、ささみフライ、ポテトフライ。アジの南蛮漬け。ブリの照り焼。ハムと焼き豚のシーザーサラダ。生ハムとクリームチーズとトマト。かぼちゃのたいたん。大根とにんじんのたいたん。おにぎり。ピザ。ピザは手作りじゃないね。みかんにお菓子。ビールにチューハイ、ジュース。10人前を作るのって慣れてないから、そこが大変だった。ご飯も1升炊いた。5合でおにぎり。5合はご飯。
お寿司だけはお店で購入した。

お客様からの直接の苦情や不満はなかったので、まあこんなものだったかと安心しておく。

三回忌ということで、当分は法事をしなくてすむという安堵感と、7回忌まで法事がないのだという寂しさを感じる。亡くなって2年が経った。2年というのは不思議なものでそれでけ時が経つと、悲しみが消えることはないけれど、父が亡くなっている事がきっちり実感できている。

僧侶の話では後悔が出てくる頃だというのだが、そういう感慨は今のところ私にはない。すでにそういう気持ちは通り過ぎてきたのかもしれない。もっとこういうことをしてあげたかった、なんとかしてあげたかった、いろいろしてあげればよかった。そういう気持ちが生まれるのだとか。

私の場合は、あまりにも父がしてくれたことが多くて、それに比べて何もしてあげられなかったことに愕然とした。だから、今更悔やんでも仕方がない。その代わりに他の人にしてあげられることを考えようと思う。

といいながら、母の三十三回忌が近づいている。来年だと思うのだが、再来年とも聞いた。

今回のお越しくださった方々は誰も母を知らない。私と私の姉しか会ったことがないのだ。姉の夫も記憶しているかどうか。これが最後となるかもしれない。
posted by いしのひげ at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

かわしまおりもの

先年友人の結婚式で先輩に会ったのだが、そのときのお話でドラマ「坂の上の雲」の話が出た。NHKで放送されているが、とても上質な映像で丁寧に作られている。そこでかなりの頻度でカーテンなどの生地で川島織物製品が使われているという。


川島織物セルコンの商品が多く使われています☆
例えば、第2回(12/6放送予定)の陸軍大学でのシーンで、
メッケル教官と乾杯をするときのテーブルクロスや、
第4回(12/20放送予定)の海軍省のシーンの赤いカーテンなどが、
川島織物セルコンの生地です。

http://www.coco-web.com/wordpress/%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%81%A7%E3%81%BF%E3%82%8B%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%B3%EF%BC%86%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%AB/1094.html


今は川島織物ではなく、川島織物セルコンと言うのだね。残念ながらセルコンという会社についてはよく知らない。
川島織物は着物そのものというよりも帯を作っているイメージ。そして、極めて高価。

今年末に最終放映があるのだが、とても待ち遠しい。
posted by いしのひげ at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

禁煙への恨み言?

近年の禁煙の流れでタバコ価格が高騰し(税金の値上げ)で、私も泣く泣く禁煙した。


ニコチンでアルツハイマー病が治る!?

タバコの葉に含まれる「ニコチン」に、脳神経細胞の再生を促す効果があることが、金大医薬保健研究域薬学系の米田幸雄教授らによって確認されました。ネズミの脳細胞にニコチンを加えたところ、神経細胞が増加したそうです。もしこれを人間に適用できれば、アルツハイマー病や脳卒中後遺症、パーキンソン病などの予防、治療法開発に繋がるかもしれません。

http://www.gizmodo.jp/2011/01/post_8275.html
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20101224102.htm


こういうのが研究されたりもするのね。で、いずれ喫煙復活となるのか?

タバコに害だけしかないのであれば、こんなにも長くタバコが嗜まれるわけはないと、私も思うのです。

理論だの科学だのというけれど、直感でまずOKがでる。後付として理論での検証を行うというのが、これまでの人間社会の進歩だったんじゃないの?
いくら理論で正しいと裏付けても、後で間違いでしたというのはありうること。ダイエットなんてのもまさにそう。継続できないことはダメ。誰もが継続できることが本当に理に適うことなんだと思う。
posted by いしのひげ at 13:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

アデノ、アデノ

年末、発熱したのは娘のにゃあちゃんだった。このままでは正月もなく、嫁の実家を訪れるのは難しいかもとあやぶんだ。30日には治まりなんとか正月を無事迎えられた。症状からするとプール熱、アデノウィルスに感染していたらしい。年末にかけて流行っていたようだ。

3日、帰宅しようとしていたら、長男のJ吉が発熱。帰宅できなくなった。休日診療所では、発熱だけでは原因もわからず。とにかく熱を下げて帰阪した。

熱がさがったように見えたのだが、保育園に登園したら、また発熱。一番下のもーちゃんにうつらないことを願った。

咳はしていなかったが、やがてアデノの症状が顕れ、にゃあちゃんと同じく目が痛いと云う。ちょうど正月の間が潜伏期になったわけだろうか。

そろそろウィルスの力も弱くなる。次に誰も発熱しないことを願う。

私は酷い背筋痛にみまわれた。熱はないのだが。歩けず、道にうずくまるほどの痛みは初めてだ。職場でもいたんだ。ストレッチを繰り返して小康状態。
posted by いしのひげ at 14:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

2011年末、年始顛末

29日、J吉と公園。にゃあちゃんはアデノウィルスでダウン。夜中、年賀状の文面作成。
30日、年賀状印刷。
31日、大掃除。妻はお節作り。子供は初めての紅白歌合戦鑑賞。にゃあちゃんは0時まで起きていた。恐るべし三才。
1日、みな早起き。私は昼まで眠る。情けない父だ。初喧嘩。姉の家に挨拶。楽しい時間を過ごす。
2日、妻の実家に移動。初めて車で帰省する。私が3日までの休みだが、子どもたちと妻は4日まで留まると言うことで、帰りのことを考えて車にした。私も妻も高速は苦手。大変な道中だった。
帰りはいっしょに帰ることになった。

妻の実家で義弟の息子が大きく成長しているのに目を見張る。もーちゃんは追い抜かれてしまったね。

3日、義姉の家族と会う。子供たちは年が近く、いっしょに遊ぶのを楽しみにしていた。餅をつく。機械式だが、子供たちはとても楽しそうで、たくさん食べたようだ。実際は私はもーちゃんと寝ていて見ていない。

なう、夕方帰宅するべく準備をしていると、J吉が発熱。医者に連れていく。38.5℃。解熱剤を処方してもらう。
で、未だ妻の実家に居座る。
posted by いしのひげ at 03:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

お節と妻と

今年はおせちを頑張って作ってくれた。
黒豆、栗きんとん、ごまめ、数の子、伊達巻。料理本を見ながら、妻が奮闘していた。

後は、ハムと昆布巻きを買ってきて完成した。

すばらしい。

ただ、31日にまとめて作ったので、台所の大掃除ができなかったのが残念。

次回は、30までに完成してくれると完璧に嬉しい。
posted by いしのひげ at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

IS06にインストールしたアプリ、参上

IS06にはいろいろ機能が足りない。アンドロイドマーケットてのがあって、無料のアプリも多くインストールできる。とりあえず、今はどんなものをインストールしただろうか、列挙してみる。

QRコードスキャナ
  2次元バーコードを読み取るやつだね
ColorNote
  メモ帳
Ringdroid
  音楽データを着信音に変換するやつ
FreeMemory
  アプリが動きっぱなしになるので、電池が早く消耗する。で、いらないアプリを止めるのがこれ。
AndExplorer
  いろんなファイルを扱うのに役立つやつ
RockPlayer
  YoutubeやVeohの動画はFLVっていうけど、それを再生するやつ
Twitter、mixi、amebaPigg
  いわゆるSNSを見て書くのに役立つやつ (ブラウザでも見れるけどね)
SoloLite、MiniKeyboard
  IS06をギターや鍵盤に変えるやつ
将皇
  将棋ソフト、ただし弱い
Super sudoku
  数独ソフト、ゲームだよ

毎日使うのはRockPlayerかな。こどもに仮面ライダーを見せてあげれるからね。youtubeアプリもあるから動画再生は携帯電話の時よりも楽になった。

IS06もだけどたぶんスマートフォンの問題はやはり、電池消耗対策だろうな。
マルチタスクでいろんなアプリが動いちゃうのが、余計エネルギーの無駄使いになってるんだろうね。全部キルして電話として使うなら一日モつのはモつ。
WiFi、3G、GPS、Bluetoothも止めちゃう。

でも、そうすると結局携帯電話と変わらないし、メールが受信できない分携帯電話未満だね。
posted by いしのひげ at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。