2012年09月15日

親がハブになるのか

他人を責めても仕方がないと思うのだけれど、どうしてもそうなってることが多い。十分に働いている人であれば尚更。揚げ足を取るようなことをして、謝罪させることが社会でとても多い。私たちの仕事では、難癖をつけた挙句支払いを減らす交渉をしてくる。初めからそういうつもりだったんだとガッカリ

次につながる辛辣な意見は傾聴に値する。涙が出るくらいきつい批判でも、それが何かを進めていくためのものなら聞く。怒りの矛先を間違えてることは多い。ともに怒るはずの人間に対して、その怒りをぶつけてしまってたり。人間関係は難しいと言ってしまえばそれまでなんだけど。

支援してくださってる方々のお陰もあり、もーちゃんは随分と痛みが軽減した。今日はPTに行ってるはずだが、元気が空回りしているかもしれない。それを見て症状が悪くなってると判断する支援者もいるかも。できれば、同じような認識で接してもらいたいのだけれど、

医師や療法士、マッサージ師、鍼灸師、訪問看護士、介護ヘルパー、ママ、私。それぞれ少しずつ認識にずれがある。それぞれが少しずつ足りないものがある。お互いを補い合って、ここまで来たんだと思う。一番大事なのは苦しさに負けずにがんばってるもーちゃんだ。無駄に反発しあわないで協力していく

忘れてはいけないのだが、もーちゃんにとっては兄と姉の存在は大きい。口に出せないのではっきりしないが、彼は姉が好きだし、兄はあこがれているんじゃないかと思う。二人はキラキラ輝いて見えてるはず。二人も、もーちゃんがとても好きなようだ。少し楽に声がでるようになって、変化があるかも

1年違うだけで、支援が大きく変わってる。これが10年前なら不十分な支援で、我が家は崩壊してる。今でも特定疾患の範疇に入らない病気は多くあり、苦しい生活を強いられている人がいる。
posted by いしのひげ at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月13日

電車ベビーカー

"電車ベビーカー論争にギャルモデル「子供優先車を検討して」(NEWS ポストセブン) - Y!ニュース
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120907-00000002-pseven-soci
…" Yahooアンケートでは74%が折り畳むべきという結果。冷たい常識だ。

幼児の障害者の場合、車椅子ではなくベビーカーかバギーになる。周囲の人は、それでも折り畳むべきと感じているだろう。そして、障害があることを教えたら、分からなかったで済ませてしまう。正直な気持ち、混雑時はベビーカーで乗車しない方がいい。危険だから。ベビーカーに配慮する人間が少ないし。

ベビーカーで乗車云々ていう記事を見かける度、こいつはベビーカーで電車を利用したことがあるのかと思う。一度体験してから、ものを言えよ。折り畳んでたら、空席が無くなったりもする。寝たらすごく重くて、畳んだベビーカーを組立できない。想像力がない奴は、是非体験せられよ。

解決方法は満員電車をなくすことだって書いている人がいた。

「満員電車を無くすこと」って、これ解決できたらすごいで。特に関東で、ある時間帯での乗車率を考えるととても難しい。人口密度の低い地域であれば、とても簡単だけどねえ

自分の歩幅やリズムでばかり歩いていないで、時には子供の歩幅、年寄りの歩幅、障害者の歩幅で歩いてみてはどうだろうか?そうすると、そういう人は制約を受けていることに気づくはすだ。時間の流れ方も違うことに気づくはずだ。
posted by いしのひげ at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月12日

もーちゃんの成長と夜泣き

8月30日頃のこと

昨夜は温湿布で足もつらず、もーちゃんはよく眠っていた。一昨夜はあまりにつらそうだったので、ダイアップして眠らせた。薬で誤魔化しても原因に対応しないといけないということで、温湿布を探した。タプソールがいいかなと思ったのだが、薬局になかったので温感サロメチールを購入した。

「温感タイプのサロメチールを買ってきた。タプソールが無かったからだが、ノニル酸ワニミルアミドが配合されてる。8時過ぎに塗ったが12時過ぎてもあったかい。これなら、もーちゃんの足が冷えてつることも無いかもしれない。バナナとミルクのジュースでカリウムとカルシウム補給して、ポカリで電解質をとれば、もっといいかもしれない。」

今回の状態は、上半身は温かいのに下半身が冷える。そのため、身体が冷えに対応して体を温めようとするが、血行が悪いため下半身に行き届かず、上半身がますます温かくなっていた。体温計で計ると37度オーバーになったりする。それでも、足は冷たい。抱っこして座らせていると体温が下がる。その状態で声をかけていると落ち着いて平熱になる。その後マッサージで落ち着くこともあるが、睡眠阻害する状態だった。

体が冷えているのを温めるのに、マッサージをしたり、ストレッチをしたり、タオルやオイルを使ってマッサージしたりしている。靴下とレッグウォーマーも使ったりしている。もう2年半くらいやり方を改善しながらきている。PTや鍼灸院に通院したり、訪問看護や訪問マッサージに来てもらったり、外部からのアドバイスももらっているが、何か少しずつ足りない。

お手上げになると、両手をあげさせて抱きしめた状態で、「もう大丈夫だよ。怖くないよ。痛くないよ。終わったんだよ」と声をかけているが、落ち着くと脱力してくれる。多分、恐怖体験のフラッシュバックがあるんだと思う。

医者からは抗緊張薬は処方されている。でも、それは原因を取り除くものではない。心理的なものもあるので、声をかけて「こうすると痛くないやろ。力を抜くと楽やろ」と言ってるが、不安があるときには、それだけでは足りない。

これで完璧と言うことはないんだよな。

もーちゃんも成長している。体が大きくなるにつれ、強くなるにつれ、以前と同じやり方ではうまくいかない。今回の症状はその一つだろう。ママを「おんま」と呼んだのも、成長の一つだろう。

37度超えてたのでかかりつけの医者に嫁が連れてって診てもらったら、風邪の処方が出る。多分、漢方のほうがいいと思うんだけど。確か以前、長男に小建中湯というのを処方してもらったと記憶している。もーちゃんに出してもらえないだろうか?
posted by いしのひげ at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月10日

映画ベストキッドとこどもの喧嘩

昨夜録画した「ベストキッド」を、家族で見た。ジャッキーチェン版だ。カラテキッドではなく、カンフーキッドになっていた。息子に見てもらいたかったのだ。

ベストキッドのよかったところは、子供が追体験できるところ。米国から中国に主人公がやって来て、中国を知らない人の視点で描かれる。こどもたちが、何?何で?と思うところで、きちんと説明が入る。子供が集中できる構成になっている。長男には集中できると変わることを伝えたかったので、好都合

カンフー映画など暴力的で嫌いという人もいるだろうが、制御された暴力と野放図な暴力は違う。ジャッキーチェンの場合、一方的に倒すのではなく、相手を傷つけないで無力化する構図が多い。だから、逆に殴られたり蹴られたりすることが多い。子供達と闘う場面でもジャッキーは一度も殴らない。

子供を叱るときは悪者探しにならないようにしたい。喧嘩をしたらどっちが悪いか決める必要はない。それぞれが相手にした行いを反省してもらいたい。善悪だけではなく、何をするのがいいか、どうコントロールするかを学んでほしい。
posted by いしのひげ at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月31日

羊水検査から血液検査へ

":妊婦血液で出生前検査 異常99%判明 NHKニュース http://nhk.jp/N43J682D "
妊娠10週目以降の妊婦の血液を調べるとか。結果、人工妊娠中絶が増えることになりそうだ

"http://vanillafudge.jp/discussion/2012/0821/
この義家族全員が障がいがある子はおろすべき、と思っていて、障がいがある人たちは意味がない、という考えをもっていることに驚きました。"

それが常識というものなんだと思う

昨日、もーちゃんが「おんま」と言ったらしい。以前に「あうちゃ」と言うのを聞いたことがあるし、最近では「痛くないからな、大丈夫なんだよ」話しかけていると「ふーん」と返事をすることがあった。妻はとても喜んでいるようだ。3年かかったからね。

おんまと言う言葉について、私の父が「そう呼ばせるのは止めたほうがいい。いじめられるかもしれないからね」と言ったことがある。彼女の国籍では当たり前の言葉なのだが、在日朝鮮人の多い生野で中学校の教員をいた父にとっては、デメリットを心配したのだろう。それが常識というものなんだな

きょうだい児たちを苦しめることになるのは、この常識という奴なんだと感じている。常識と言うのは冷酷な認識なのだ。そして、それが正しいかどうか省みられることはない。「みんながそう言ってる。これは常識なんだ。だから、従え」と言葉にはしないが、強制されるのだ。

私の場合、わが子が障害があるから愛するわけでも、健常者だから愛するわけでもない。けれど、他人様から見れば、そうではないのだろう。愛するためには何か条件が必要なんだろう。でも、私はこの世に一人しかいないこの子を愛している。愛した妻が偶々外国籍だったのと変わりはない。

羊水検査をして問題ありということで人工妊娠中絶をした人が、その後妊娠できなかったとしたら、後悔するんじゃないのか?検査をして問題なしであっても、流産する危険はある。問題ありだっとしても流産する。10ヶ月の間に母体自体が亡くなることもある。すべて思い通りになるわけじゃない

生まれてから障害が分かる場合もあるし、事故や病気にかかって障害者になる場合もある。すべてを事前にクリアできると考えるのはとても危険な思想だと思う。常識では、「非があるからそういうことが起きる」というのだろう。本人がそう思って生きているのは結構だが、他人に強要するには浅はかな考えだ
posted by いしのひげ at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月29日

パン屋さんと金魚

1.パン屋のおやじトラララ 金魚が好きだトラララ
大きなかめにトラララ 泳がせていたトララララララ

2.金魚は一つトラララ 王子さまよりトラララ
ごちそうづくめトラララ たいした身分トラララララ

3.あいさつじょうずトラララ ポチャリとはねてトラ ララ
ごきげんいかがトラララ ごきげんいかがトララララ ララ

4.金魚が死んだトラララ ある朝早くトラララ
お墓をたてたトラララ 小川のそばにトララララララ

5.大臣もきてトラララ 金魚のためにトラララ
演説をしたトラララ お墓の前でトララララララ

6.金魚はやがてトラララ 天国にゆきトラララ
しっぽのはえたトラララ 天使になったトラララララ ラ
posted by いしのひげ at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月27日

100円ライターに見る不安

100円ライターを使っていたら、部品が折れて吹っ飛んだ。ガスが無くなりかけまで使っているので、耐久性が足りないのだろう。繰り返し押し込んでいる箇所のプラスティックが割れていた。安全性のためにわざと重くしているために力が掛かりすぎるんだろう。使っている人たちは大丈夫なんだろうか?

なんだか勝手に余計なことをして、本来必要なことが置き去りにされてる感が強い。壊れた100円ライターを見て思う。

政治家の皆さんもそう。憲法にまず書いているのは国民の3大義務。教育、勤労、納税。つまりは国民が義務教育を受けて、それを終えれば就職することが出来、十分暮らしながらも納税できる。そういう社会であることが必要じゃないの?中卒では就職できないし、最低賃金では暮らせない。これでいいの?

障害者も同じ。彼らが3大義務を果たせるように政治家が社会を整えてほしい。これは最低限のお願いだと思うのだが。教育を受け、卒業したなら就職でき、1ヶ月160時間働けば誰に頼らず暮らせる。そして、税や社会保障費を支払える。それは国の基礎なんだろう?違うの?

大阪では、生活保護費のほうが最低賃金よりも多い逆転現象が起きてる。最低賃金では誰かに頼らず生きていけない。税や社会保障費を支払うと生活できない。
posted by いしのひげ at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月24日

正しいと言うことは実はたいしたことじゃない

イーケプラどこ?で昨夜は妻と大喧嘩。短気な夫で申し訳ないが、ええ加減切れるわ。のびたラーメンと一日前の刺身の夕飯とか。夜の洗濯やめようと言ったら、夜の洗濯Xと貼り紙して洗濯機を動かす。ほんまに私は嫌われ者

正しいかどうかなんてどうでもいい。できることをするだけでいいんじゃないか。ただし、相手が苦痛だと言うなら、できることであってもやらないように気をつける。それだけでいいと思ってる。今は、家族全員の体調を整えること。そのために部屋の空気を入れ替え、出来る限りクリーンにする。

正しいかどうかということであれば、私はほとんど正しくない。間違えている。それでも、その中でできることをする。いくら正しいと主張しても、それで相手が苦痛を感じるなら、やめるだけのこと。正しさが快適さを生み出すわけじゃない。間違ったことでもそれで誰かが心地よければ、それでいい。

正しいかどうかっていう点では、役所はいつも正しい。法律から逸脱はしていない。だけど、私たちはとても苛立ちを覚えることがある。理屈の上では正しいけれど、それが何か?と言いたいことは多々あった。身障者認定でもそうだったし、健康保険料についてもそうだ。ルールを守るから正しいってことだ。

ルールどおりだからいいでしょ。守りなさいという態度と、ずっと戦ってきてる。小学校の頃はそれですねた。一番小さい体で運動も上手でない私が公平という言葉で、皆と同じことを強いられた。やりたいことは公平と言う言葉でさせてくれない。つまらない勉強を退屈な進み方で強いられた。それもルール

正しいというだけでは、何かが足りない

正しいことをしてもうまくいかないのは、ちょうどレシピどおりに作っただけの料理がまずいのと似ている。正しいだけでは足りないのだ。
posted by いしのひげ at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月23日

女の香り

今、テレビ大阪で「女の香り」というドラマが放送されてる。この時間帯はきつい内容のドラマを好んで放送しているんだけど、このドラマはタイトルの印象と違って、余命6ヶ月のガン患者のお話だ。主演のキムソナがずいぶんやつれている。ガン患者ということで体重を絞ったようだ。

そのドラマを見ながら、どうしてもガンで亡くなった自分の母を思い浮かべる。これだけ動けるガン患者というのは幸せなことだと思いながら。ドラマだから、ある程度時間を与えてくれているんだろう。いずれはベッドから動けなくなってしまう。

主演のやつれたキムソナを見て、私の姉に似ている気がした。妻にもそう言った。でも、実際には姉を通して母を思い浮かべていたに過ぎなかった。彼女の最期の旅は沖縄でもなんでもなく、花見に行ったのだ。
posted by いしのひげ at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月02日

ハウスダストアレルギー

「夏型過敏性肺炎 − とりあえずフィルター洗って、ダスキンにエアコン洗浄してもらお。 」
ということで、始まった。

すでに長男が咳が続きえずくこともあった。長女も少し咳。そしてママも咳が酷くなっていた。
ママがかかりつけの医者に行って、ようやく医者もただの風邪ではないと感づいたようだった。いろいろと検査をしたそうだ。

「仕事を終えて、エアコンと空気清浄器を清掃。送風でエアコンを乾燥させてる効果がそろそろ出てくるかも。さて、録画でハングル学習の時間だ 」

エアコン内のかび対策として、エアコンを使用した後に送風で動かしておくというのがあった。とりあえずはそれをして、フィルターを洗って、エアコン洗浄を業者に依頼することにした。

「子供の部屋用にサーキュレイターを購入。換気が十分になって咳が治まるといいが。妻の咳がひどくなっている。エアコンの洗浄とフィルター交換するが、医者にきちんと話して処方してもらいたい。」

「次男のもーちゃんと私はそれほどの咳は出ていない。次男はよだれで排出できているのか。私は毎日の鼻うがいの効果か。病気のある方が被害がないのは不思議なもの。 」

検査結果が出た。「ハウスダストアレルギー http://osoujitherapy.com

「急遽、今日一台だけエアコンの洗浄をしてもらうことに。カビとダニの対策は大事だよなあ。 」

さて、この顛末は。迅速に収束するのか?
posted by いしのひげ at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。